スコアアップ・勉強法

TOEIC初心者が1ヶ月で600点を取る勉強法!!最速でスコアアップするために必要なこととは?

こんにちは、パエリアです。

TOEIC600点を1ヶ月で取れますか?

600点は、TOEICを勉強し始める時に1番最初の目標になることが多いです。就活や転職活動のために勉強している人もいれば、キャリアアップのためにスコアを伸ばそうとしている人もいるでしょう。

ただ600点は対策なしで突破できるほど簡単ではありません。現時点の実力が300点から500点の人は1ヵ月で取るのは「無理だ」と思うかもしれません。

ですがここだけの話をすると、スコアアップするための方法さえ知ってしまえば、誰でも600点は取れます。要は、やるか・やらないかです。

私がTOEIC600点の取り方を紹介したところで、あなたが勉強しなければ達成できません。なので、この記事を読んですぐ行動するぞ!と思う方だけ記事を読んでください。それ以外の人は、時間の無駄になります。

おそらく今動けない人は、1週間後も1か月後も行動を起こしません。そして、1年後に今のスコアから伸びてなく「あの時勉強しておけば良かった」と就活や転職するときに思うのです。

そうならないためにも、今日から行動しましょう。

【次のテストで200点アップ!スタディサプリ無料体験キャンペーン】

9月19日PM4:59分までスタディサプリが1週間無料で体験できます。

>>無料で7日間体験してみる!

【大前提】1ヶ月で600点は取れるのか

qimono / Pixabay

まず最初に知っておいてほしいことは「1ヵ月でもTOEIC600点を突破することは可能である」ということです。

現時点ではイメージしずらいかもしれませんが、600点を「取れる」と思って勉強する人と「無理かも」と思いながら勉強する人では、面白いくらい勉強の進み具合が違います。

なのでまずは、1ヵ月でも600点は取れる!!ということを意識するようにしましょう。

スコアアップするために知っておくべきこと

Free-Photos / Pixabay

1か月でもTOEIC600点を達成することは可能です。ただ「勉強法」には、気を付けなければいけません。闇雲に勉強したところで。点数は上がりません。

どうやって勉強したら、スコアは上がるのか。1ヵ月という限られた時間の中で目標を達成するためには、効率よく勉強することが必須です。

なので、これら6つのことは絶対に知っておきましょう。むしろ、これらのことを正しく理解できれば、あとは行動するのみです。

・やる気
・TOEICを知る
・時間配分
・勉強時間
・勉強方法
・教材

それぞれ考えていきましょう。

やる気

いきなり精神論かよ!と思うかもしれません。ですが、TOEICでスコアアップするためには「やる気」がは絶対条件です。なぜなら、やる気がなければ勉強が続かないからです。

当り前ですが、勉強しなければ点数は上がりません。つまらない・疲れた・Youtube見たいといった理由でさぼっていては、いつまでも点数を上げることはできないのです。

だからこそ「絶対に600点取るぞ!」という強い意志が必要になります。もし無いのであれば、この場でやる気になる。そうでなければ、この記事を読む必要はありません。

TOEICを知る

TOEICについて知りましょう。時間がないからといって、勉強に取り掛かるのはかえってマイナスです。最初に言っておきますが、TOEICを知ることはとても大切です。TOEICについて知らないと、点数を上げるのに時間がかかります。

・どんなテストなのか
・どんな問題が出るのか
・各パートの特徴や対策

せっかくこんな情報があるのに、利用しないことはありえません。例えば、パート5では短文穴埋め問題なので、できるだけ速く問題を解くことがスコアアップのポイントになります。

このように各パートには特徴があり、更に言うと対策がしやすいパート、つまりスコアを上げやすいパートも存在します。

そのため1ヵ月でスコアを上げるためにも、TOEICについて知り、そして戦略的に対策していくパートを決めることも必要です。

個人的には

・パート1
・パート2
・パート5

を最初に対策していくことをオススメします。理由は先ほども説明しましたが、比較的他のパートを比べると対策しやすく、点数が上がりやすいからです。

戦略を立てる

1ヵ月で600点を取るのであれば、戦略が必要です。その中でも、より即効性が高く効果があると言われているのが「時間配分」です。個人的にも時間配分は重要だと思っていて、時間配分を意識しただけで50点アップしたことがあります。

時間配分がスコアアップのカギ

時間配分はなぜ重要なのか?それは、TOEICが120分で200問を解く、とてもハードな試験だからです。もしかしら「最後まで解ききれなかった」という経験をしたことがあるかもしれません。最後の方を塗り絵してしまったら、それだけ勿体ないですよね。なので、時間配分を意識して、最後まで解ききることが大切だと言われます。

ですが、これは嘘です。

時間配分は必要ない

正確に言うと、TOEICに時間配分が必要ないのではなく、TOEIC600点を取るのに時間配分を考える必要はないということです。速く正確に解くことを意識するのは、800点を超えてからです。600点は塗り絵があっても取れます。なので、目の前の問題を正確に解くことを意識しましょう。

600点は解ける問題を解く

私がまだ500点だった頃に、最後まで解くことを意識して、実際に最後まで解きました。ところが、点数は上がることなく、むしろ下がっていました。一方で、時間内にすべての問題を解くことを諦めて、解ける問題を正確に解く戦略にした結果、見事にスコアアップしました。

最後まで解くことを意識して、解ける問題を落としてしまうのは本末転倒です。1問1問をきっちりと取り切りましょう。

勉強時間

次に勉強時間について考えていきましょう。

いきなりですが、TOEIC受験者のうちどのくらいの人が、目標スコアを達成できているか知っていますか?

実はリクルート(スタディサプリ)の調査によると、TOEIC受験者のうち約70%以上の人が目標スコアを達成できていないことがわかっています。

さらに詳細な原因を調べてみると、標を達成できていない人の約81%が1日の学習時間が1時間未満だということもわかりました。

個人的には勉強時間を意識し過ぎることはオススメしませんが、それでもスコアアップするためにはある程度の勉強時間が必要です。

ただ、忙しくてあんまり勉強する時間がないという人は、スキマ時間を活用して勉強時間を増やすことをオススメします。

隙間時間を活用して勉強時間の確保

点数を上げるためには、勉強時間を確保する必要があります。しかし、中には忙しくて「勉強時間を確保できない」という人もいると思います。そうした時にオススメしたいのが、スキマ時間を活用して勉強時間を確保する方法です。

隙間時間がスコアアップのポイントに?

普段の生活を見直してみると、意外と隙間時間や空き時間が転がっていて、そのわずかな時間を活用することができれば、忙しい人でも勉強時間を確保することができます。

例えば、電車に乗っている間や待ち時間。いつもはSNSやYoutubeを見ている「5分」を文法問題を解く時間に変えれば、それだけで今までと大きく違う結果になるでしょう。

TOEICプロ講師の関先生も隙間時間を活用した勉強を推奨していて「1日の1時間プラスして勉強時間を確保することができる」と言っています。

この1時間を活用できるかどうかが、スコアアップの大きな分かれ道だということは言うまでもありません。特に1ヵ月という期間だからこそ、勉強時間を増やせるかが本当に大きなポイントになります。

勉強方法

時間をかければ誰でも600点を突破できます。ただ3年もかかるの嫌ですよね。それなら、勉強時間を意識しなければいけません。正しい勉強法を知らないと、「結局スコアが上がらなかった」なんて悲惨なことにもなりかねません。

効率よく勉強すること、つまり正しく勉強することはとても大切です。

600点を目指している人を見てきましたが、独学で勉強していて正しく勉強できている人はほとんどいません。オリジナリティを加えてしまって、効率が悪くなるパターンが大半です。

頑張っているのにスコアが上がらない

勉強を頑張っているのに、スコアが全然上がらない人がいます。そんな時は、勉強を見直してみるのがオススメです。どんなに頑張っても、このままではスコアは上がらないかもしれませんよ。

例えば同じだけ勉強したとしても、100時間で200点スコアアップする人もいれば、100時間で10点しか点数が上がらない人もいます。

このように勉強法によって、効率よくスコアアップできるかが大きく変わります。1ヵ月で600を取るのであれば、効率よく勉強するのは必須条件です。正しい勉強法を知れれば、おのずと結果はついてきます。

TOEIC600点を取るための勉強法・対策法

Foundry / Pixabay

では次に、TOEIC600点を取るために何をするべきなのかを考えていきしょう。先ほど、最初に対策していくべきパートについて紹介しました。しかし、各パートの対策は学習開始からする必要はありません。

まずは、それらのパートの対策をするために必用な要素を学んでいくことを優先するべきです。

・単語
・リスニング
・英文法
・問題を解く

それぞれ説明していきます。

単語力アップはスコアアップ

単語力アップは、そのままスコアに影響します。語彙力がつけば、その分スコアアップすると言われるほどです。その効果は私自身も感じていて、知っている単語が増えれば、当然ながら解ける問題も増えます。また、発音も一緒に勉強することでリスニングの対策にもなります。

単語を甘くみすぎてる

TOEIC600点を取るためには、単語力アップは必須です。ただ単語の勉強は地味で、嫌いな人も多いかもしれません。私も単語の勉強は嫌いです。しかし、単語の勉強をさぼってしまう人ほど、スコアが伸び悩んでいる傾向が高いです。

語彙力をコツコツ地道につける人とそうでない人では、気づいた時には取り返せないほどの差がついてしまいます。そうならないためにも、単語力の強化は絶対にしましょう。

単語との接触回数を増やせ

単語を覚えるためには「同じ単語に何回も出会う」ことが大切です。一回で覚えられなくても、何回も「この単語なんだっけ?」と考えることで、脳が「あ、この単語は重要なんだ」と認識し覚えられるようになります。

なので単語は一回で覚えることを意識するのではなく、何度も接触して何度も考える・悩んだ方が記憶に定着しやすいです。そのため、1日10単語覚える!と決めるよりも、1週間で100単語覚えると決めて、毎日その100単語を曖昧でも良いので覚えたほうが効率的です。

単語は五感を使って覚えろ

また単語は五感を使って覚えることをオススメしています。発音したり正しい音を聞くことによってリスニング対策にもなりますし、書くよりも見た方何倍も「単語に出会う数」が多くなるからです。

そのため書くだけでなく、見たり、発音したり、聞いてみたり、単語をイメージしてみたりするとより記憶に定着しやすくなります。

リスニング対策はいらない

正確に言うと、リスニング対策がいらないのではなく、各パートのリスニング対策は必要ないということです。TOEIC600点を取るためにはパート1・2が重要になります。パート3・4は難易度が高いため、他のパートの学習に時間を使った方が点数が上がりやすいです。

パート1・2

パート1・2は、比較的短い英文を聞き取る力が必要になります。なので、単語学習の際に声に出して「正しい音」を身に着けることが、パート1・2の対策に直結します。なので、まずは語彙力アップと一緒に正しい音を学びましょう。簡単な単語でも聞き取れないことは、意外と多いです。

それが終わったら、ディクテーションをしましょう。

ディクテーションは最強

リスニング対策の有名な勉強法として「ディクテーション」と「シャドーイング」があります。

・ディクテーション
⇒流れてくる英語の音声を聞き取り、聞き取った英文を書き取る勉強法

・シャドーイング
⇒流れてくる音声を陰のように後から追いかけるように発音する勉強法

ディクテーションをすることで「正確に音を聞き取る力」がつくため、パート1・2の対策には最適です。

パート1・2は英文が短いため、比較的簡単に思われます。ただ1文が短いため、1語聞き逃してしまうだけで不正解になってしまうシビアなパートでもあります。なので、ディクテーションで聞き取る力を伸ばすことができれば、パート1・2のスコアが劇的に改善します。

TOEICのリスニングはディクテーションで完璧に!やり方や効果を徹底解説!

英文法

TOEIC600点を達成するためには、基本的な英文法を学んでおく必要があります。英文法さえできれば、あとは単語や問題を解いていくことで、自然とスコアは上がります。なので、おそらく独学で1番悩むのも英文法です。

ただ1つ自信をもって言えることは「英文法は自分で勉強したら確実に失敗する」ということです。

英文法は難しい

英文法は単語の勉強とは違い、暗記するのではなく「理解」することが必要になります。形を暗記しただけでは、応用が問われるTOEICでは通用しません。独学で英文法を勉強すると「なんとなく理解できた」つもりで終わってしまう人が多く、結局英文法がいつまでも苦手な人が多いです。

英文法さえできていないのに、リーディングの長文対策をしたり、各パートの対策をしたところで、最終的にスコアが伸び悩むのは目に見えています。効率よくスコアアップするために、しっかりと英文法を覚えましょう。

問題を解く

TOEIC600点を取るための最後の仕上げは、問題を解くことです。

問題を解くメリットは大きく2つあって

・経験値を蓄積すること
・問題に形式になれること

です。

経験値を蓄積

問題を解くことの1つ目のメリットは、経験値を蓄積することです。TOEICには出題されやすい単語やフレーズ、そして扱われやすいトピックなどがあります。そのため、問題を沢山解けば解くほど、問題への対応力がつきます。そして、それは自分の中に「経験値」として蓄積されていくので、解ける問題の幅が一気に広がります。

当然、解ける問題が増えれば増えるほどスコアが上がるので、できるだけ多くの問題を解くことをオススメしています。

問題形式になれること

最初に対策しやすいパートについて話ましたが、それ以外のパートを全く対策しないということはしないでください。最低限どんなパートなのかを理解し、解ける問題は確実に解けるようにしておくべきです。

そうすることで問題形式になれ、回答スピードが速くなります。解答スピードが速くなれば、1問あたりに使用できる時間も増えるため、正答率が高まります。600点を目指すのであれば、全部の問題を解くことよりも、自分が解ける問題を確実に解く方が点数が高いです。

TOEIC600点を取るために必要なこと

600点を取るために

・単語は、接触回数を増やして五感を使って覚える
・リスニングは、正しい音を学ぶ
・リスニングパートは、ディクテーション
・英文法は、超重要。ただ独学で勉強すると失敗する。
・問題を多く解けば、それだけ解ける問題は増える。

ここまでTOEIC600点を取るために必要なことについて、考えてきました。やることはたくさんありますが、これさえできれば600点は達成できます。

ただ、これらをすべて一人で対策するのは大変ですよね。

独学は難しい

TOEICを独学で勉強するのは、とても大変です。参考書選びから、正しい勉強法、スケジュール管理、わからない問題があっても一人で考えなければいけないなど、思っている以上に辛いです。しかも、一歩間違えればスコアが上がらず、無駄な時間になる可能性も高いです。

限られた時間内でスコアアップすることを優先するのであれば、独学をやめてスタディサプリのような実績のあるサービスを選択肢に入れるべきです。もちろん、独学で費用をかけずに自分のペースで学習を進めたいという人もいると思いますが、TOEICのプロに学ぶことで独学の何倍も効率よく点数を上げることができます。

スタディサプリがオススメな理由

TOEIC対策アプリ1位
オススメ度
運営リクルート
料金1週間無料
対策単語、文法、リスニング、リーディング、問題集

>>公式サイト

個人的に独学でTOEICのスコアを上げるなら、スタディサプリだけで十分だと思います。

なぜなら、スタディサプリにはTOEIC点を600突破するために必要な要素がすべてそろっているからです。

・1,500以上のTOEIC最頻出単語を学べる「TEPPAN英単語」
・ディクテーション機能でリスニング力アップ
・英文法を学び直す「神授業」
・2,000問を超える問題数

これら以外にも様々なコンテンツがありますが、TOEIC600点を突破するためにはこれだけで十分です。

独学でTOEICを勉強した感想は、誰かに教えてもらうのがベストだということです。やはり独学だと参考書を理解することが必用になるので、その分効率が悪くなってしまいます。

スタディサプリでは、各パートの解き方や勉強法についてわかりやすく動画で解説してくれます。なので、本当にわかりやすいです。

言葉ではなかなか伝えきれませんが、まずは1週間無料で全ての機能を体験できるので、自分に合うサービスなのか試してみるとよいでしょう。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

もちろん、1週間以内に解約すれば一切費用はかかりません。

スタディサプリをオススメする人

・絶対にTOEICのスコアを上げたい人
・目標スコアを取るのに期限がある人
・英語初心者・中級者
・スコアが伸び悩んでいる人
・勉強が続かない人
・独学が苦手な人
・就活や転職、昇進など目的がある人

独学をオススメする人

・英語上級者
・TOEICの受験が豊富
・時間に余裕がり、独学が得意な人
・TOEICのスコアアップを目指していない人
(TOEICは英語力を図る指針としている人)

英語力アップや自己啓発のため、TOEICのスコアを1つの指針としている人は、時間をかけ、少しづつ学習していくのも良いと思います。

ですが、グローバル化が進み、英語ができることは就活や転職、キャリアアップにも非常に密接に関わってきます。時間的に余裕のない人、英語が苦手で何をすればよいかわからない人も多いはずです。

特にそのような人は、スクールに通うことやスタディサプリのような実績のあるサービスを利用することで学習のペースを掴み、目標設定をすることで、スコアが上がりやすくなります。コツやテクニックだけで、スコアアップすることはできません。

プロに習うことで、最短で最適にTOEICのスコアを伸ばすことができます。ですが、勉強するのはあなた自身です。お金を払えば良いという考えではなく、しっかりと自主の時間も確保することは必要です。どのように自習するかで、効果を何倍にもすることができるのです。

TEPPAN英単語

TEPPAN英単語では、TOEICによく出題される1,500以上の単語を効率的に学べるコンテンツです。もちろん、音声もついているので正しい音も一緒に学習できます。

ディクテーション

独学では難しいディクテーションの学習をスタディサプリ内でできてしまいます。日本語訳や音声スピード調整など基本的な機能はもちろん。それに加えて、書くのではなく入力するシステムになっているので、準備する手間もかからないのでとっても楽です。

神授業

個人的に1番良かったのが、やはり関先生の神授業です。

わかり易さは言うまでもありません。本当にわかり易いです。例えるなら参考書で1時間かかって理解する内容を5分で理解する感じ。そのくらい納得できます。

その中でも一番関心したのが「英語を基礎から学ぶ直す」姿勢です。

関先生の授業はテクニックやノウハウに頼るのではなく「なぜそうなるのか?」という英語の根源を理解することができます。

やはり小手先の力ではその場しのぎでしかなく、スコアを上げるためには基礎を固めることが大切です。

英文法の勉強の仕方がわからない人や英文法にアレルギーを感じる人は、ぜひ関先生の神授業を受けてみることをオススメします。きっと英文法の考え方が変わると思います。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

もちろん、1週間以内に解約すれば一切費用はかかりません。

スタディサプリのデメリット

スタディサプリのデメリットをしいて言うなら「自己学習」という点です。個人的に、コンテンツの質、解説動画のわかりやすさ、アプリの使い易さは言うことがありません。

どのように学習を進めていくか、学習方法についても詳しく解説してくれるので、使い方がわからないということもないでしょう。それでもスコアが上がらない理由は「勉強をしない」しかありません。

いくらスタディサプリが良いサービスでも、勉強するのはあなたですから、勉強しなければスコアを上げることはできません。

もし「TOEICのスコアは上げたいけど、自分ひとりで勉強できる気がしない」という人には、スタディサプリのパーソナルコーチプランがお勧めです。

パーソナルコーチプランとは?

パーソナルコーチプランとは、先ほど紹介したスタディサプリ(ベーシックプラン)のワンランク上のサービスです。

ベーシックプランと比べて料金は高くなりますが、ベーシックプランで使える全ての機能に追加して、あなた専用のメンターが学習のサポートをしてくれます。

学習プラン(スケジュール)を作成してくれたり、勉強のアドバイスや質問に答えてくれまうす。一人で勉強するのが難しい場合は、こちらのパーソナルコーチプランの方がいいかもしれませんね。

パーソナルコーチプランも今なら1週間無料で体験できるので、どんなものなのか体験してみるのをオススメします。もちろん、無料期間中に解約すれば料金がかかることはないので、安心してください。

>>まずは1週間無料で体験してみる!

*無料体験期間はいつ終了するかわかりませんので、早めに体験することを推奨しています。

最後に

TOEIC600点を取ることは簡単ではありません。しかし、勉強すれば誰でも取れると思っています。

とにかく、短い期間でスコアを伸ばしたい場合は、行動量で結果が変わります。

あとは、勉強効率をどう上げていくかが問題になりますが、オンライン講義など様々なものを活用していきましょう。

お金はかかりますが、それでスコアが上がるなら価値はあると思います。

>>TOEIC600点のレベルは?勉強法や大学別の難易度を徹底解説!

>>絶対にスコアアップしたい人向けのTOEICスクール4選!オンラインスクール有り!

最強のTOEIC対策「スタディサプリ」今だけ1週間無料体験キャンペーン!

スタディサプリ ENGLISHスタディサプリENGLISH「TOEIC対策コース」が今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。

ただ先着5,000名様限定なので、気になる方はお早めに。

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】前回のキャンペーンはすぐに終了しています。

>>スタディサプリTOEIC対策の効果や評判を知りたい人はコチラ