スコアアップ・勉強法

TOEIC初心者がスコアアップするための勉強法と順番!

こんにちは、パエリアです。

今日は、TOEICをこれから勉強していく「初心者」の人に向けて、勉強法やどのパートから勉強していくかを解説していきます。特に初心者の方は何をすべきかわからずに、結局勉強を始めないまま「自分には無理だ」と諦めてしまう人も少なくありません。

・TOEICとは?
・何から始めるべきか?
・どのパートから対策するべきか?

私自身、誰にも教わらずに独学でTOEICを勉強してきたので、その気持ちは凄くよくわかります。ですが今日これから書いていくことを理解し、実行することができれば、英語が苦手な人でも必ずスコアがあがります。ぜひ、参考にしてください。

Contents

まず知ってほしいこと

これからTOEICの勉強を開始する人に向けて、まず最初に知ってほしいことは「勉強する順番」です。すぐに対策を始めたいと思っているところに、水を差すようで申し訳ありません。ですが、TOEICでスコアアップしていくためには必要なことなのです。なぜかと言うと、正しい順番を知らなければ遠回りになる可能性があるからです。

初心者が勉強していくべき順番

意外と間違えやすいのが、勉強する順番です。この順番を間違えてしまうと、スコアアップに遠回りになりますし、勉強時間に対して成果がでません。こんな偉そうなこと言っていますが、実際に私も間違えて後悔しています。なので、皆さんは絶対に間違えないようにしてください。

で、TOEIC初心者が何をすべきかと言うと「TOEICの対策をしない」ことです。

何言っているのだろう?と疑問に思うかもしれませんが、実は「TOEICの勉強=TOEIC対策」という考え方がスコアアップから遠ざかってしまう原因なのです。

TOEIC対策をしない理由

TOEICは、ビジネス英語に分類されます。そして、スコアアップするためには「TOEIC対策をしなければいけない」と強く思われすぎているように感じます。ですが、元を辿れば「英語」であり、その中からTOEICに出そうなところを重点的に勉強するのが「TOEIC対策」です。つまり、根本は英語を学んでいるということを忘れてはいけないのです。

つまり「英語がでいなければTOEICもできない」ということです。

それを知らずに、英語が苦手なのにも関わらず、いきなりTOEIC対策に挑戦するようでは、スコアは上がりませんし、挫折するのも当然です。英語学習は勉強を開始しても、挫折する人が多いです。覚えておいて下さい。

TOEICの勉強は2種類ある

TOEIC対策も「元を辿れば英語学習である」ということを理解すれば、おのずとやることが見えてくるはずです。それが、次の2つです。

・基礎
・各パートの対策(応用)

で、大学受験などで英語を頑張って「英語は得意だぜ」という方は、この記事はあまり参考にならないかもしれません。この記事は「英語が苦手」という方が、最初から英語を学び直し、TOEIC対策をしていくための記事です。

各パートの対策をしない理由

確かにTOEIC対策をすることで、各パートの対策やコツを知ることができ、点数は上がるかもしれません。ですが、実はここに落とし穴があって、いくら各パートの対策を勉強したところで、スコアに伸び悩むようになります。なぜなら英語の基礎ができていないからです。

例えばサッカーが上手くなりたい場合、いきなりフォーメーションや試合に出場するよりも、地道なリフティングや基礎練習で基礎を固めた方が上達が早いです。

英語も一緒で、ができていないまま、各パートの対策をしても、結局それは小手先の知識でしかなく、本当の意味での実力はつかないのです。それに気づかずTOEIC対策だけ続けても、スコアは伸びず、いつの間にか挫折してしまいます。

そうならないためにも、まずは各パートの対策ではなく、基礎から学んでいくことが大切です。

基礎だけでも十分点数は上がる

1つ誤解を解いておきたいのが、TOEIC対策をしなくても600点くらいまでは基礎だけで突破できます。TOEIC600点は、就活や転職の際に評価される基準の点数なので、多くの人がテクニックやノウハウを駆使して日々奮闘していますが、そんなのは必要ありません。

そんなことしなくても、英語の基礎さえできてしまえば600点は十分達成できます。600点までは基礎、そこからTOEIC対策くらいに考えておきましょう。

TOEIC初心者が勉強していく順番

rawpixel / Pixabay

まずは何から勉強していくべきか考えていきましょう。

①単語
①リスニング
②英文法
③TOEIC対策

まずは単語から

単語から勉強していく理由は2つです。

・勉強の習慣化
・時間がかかる

それぞれ考えていきましょう。

勉強の習慣化

そもそもTOEIC初心者が1番苦労するのが「勉強の習慣化」つまり、勉強を継続することです。当り前ですが、勉強しなければスコアが上がることはありません。ですが、これは言葉で言うよりずっと大変です。

勉強に苦手意識を持っている人もいるでしょうし、勉強以外に楽しいことは沢山ありますから、そういった誘惑に打ち勝つ精神が必要になります。だからこそ、単語の勉強をオススメしていて、もしあなたが勉強する習慣が身についていないなら、毎日10分でいいので勉強する習慣をつくってください。

単語であれば10分あれば、10単語も覚えることができます。そして、それを毎日くりかえしているうちに、勉強する習慣がつくはずです。その頃には、勉強に抵抗がなくなっているので、そこからが本番です。

単語力アップはスコアアップ

TOEICでスコアアップするためには、単語力を上げることがとても大切です。知っている単語が増えれば、読める英文も増え、解ける問題も増えるからです。いきなり英文を読もうとしても、英文を構成している英単語を知らなければ始まりません。焦らず単語から覚えていきましょう。

英語から日本語へ

これが、私史上1番の失敗かもしれません。実は私は「英語→日本語」ではなく「日本語→英語」という順番で覚えていました。学校だと問題用紙に日本語が書いてあり、それを英語で書くのが一般的です。しかしTOEICは、問題文は全て英語で「日本語→英語」にする場面は全くありませんので、英単語を覚える際には「英語→日本語」にするように徹底してください。

必ず復習する

復習することは誰でも知っていますが、復習を徹底している人は意外と少ないです。なぜ復習が必要かというと、あなたが一生懸命覚えた単語も復習しなければ忘れてしまうからです。昨日覚えたはずの英単語が思い出せない、という経験をしたことがあるのでは?

この画像はドイツの心理学者であるヘルマン・エビングハウスが提唱した「忘却曲線」というもので、人間の記憶の忘却について表したものです。この忘却曲線によると、人間は時間が経つにつれて、覚えたことを忘れてしまうのです。

・20分後には42%忘れる
・1時間後には56%忘れる
・1日後には74%忘れる
・1週間後には77%忘れる
・1ヵ月後には79%忘れる

なので、せっかく覚えた単語も次の日には忘れ、思い出せなくなってしまうのです。その忘れを防ぐための方法が、復習というわけです。なので復習することを徹底してください。ちなみに、私は夜に勉強し、次の日の朝に復習していました。

五感で覚える

単語は、五感で覚えるようにしてください。つまりは、単語を書いて覚えるのはやめるということです。なぜ単語を書いて覚えるのはダメかと言うと、それではリーディングでしか使えない単語だからです。単語を覚える理由は、リーディングだけでなく、リスニングでも聞こえる音を増やすためです。

なので単語は書くだけでなく、読んだり、見たり、発音したり、イメージしたりなど、様々な器官を刺激して覚えるようにしてください。書いて覚えるよりも記憶に残り易く、また初期のリスニング対策にもなります。

リスニング

リスニング対策に関しては、単語のところでも話した通り、最初は単語覚える際に発音して「語彙力+リスニング力を鍛えましょう」という話をしました。リスニングの勉強法に詳しい方なら、オーバーラッピングやディクテーション、シャドーイングなどをオススメされますが、初期段階から高度な勉強法は挫折の原因になりますし、あまりオススメしていません。なので、まずは語彙力を鍛える、そのついでにリスニングもするくらいの感覚で十分です。

英文法は基礎から

私が独学で勉強して、1番苦労したのが「英文法」です。なぜ苦労したかというと、英文法は単語などと違い暗記しても意味がなく「理解」することが重要だからです。いくら構文などを丸暗記したところで、英文の形は常に変わるので「なぜそうなるのか」という英語の根本の部分を知らなければ意味がありません。

しかし、どの参考書も英文法の説明はあるけど、なぜそうなるのかを解説してくれるものは少なく「なんとなく理解した」レベルで終わってしまうので、結局英文法は苦手な人が多いです。その結果どうなるのかというと、TOEIC600点か700点くらいで伸び悩みます。で、最終的に英文法をやり直す人が多いです。

そうならないためにも、最初に英文法は学習していきましょう。詳しい学習方法は、のちほど紹介するので、このまま読み進めてください。

各パートの対策

次に、各パートの対策の話をします。下記3点の学習が習慣化し、英語学習に慣れてきたら、少しずつ対策を開始してみてください。

・英単語
・リスニング
・英文法

TOEICには全部で7つのパートがあり、パート1から4までがリスニングパート、パート5から7までがリスニングパートになり、各パートによって勉強法が異なります。

・パート1・2
⇒ディクテーション

・パート3・4
⇒シャドーイング

⇒パート5・6・7
音読&精読

それぞれ見ていきましょう。

パート1と2はディクテーションで完璧に

パート1とパート2は、ディクテーションで完璧にしましょう。

ディクテーションとは

流れてくる英文(音声)を聞き、書き取る勉強法です。特にリスニングパートの中でも、パート1と2で効果的な勉強法です。

パート1とパート2は、他のリスニングパートに比べて、比較的英文が短いです。そのため、1語でも聞き逃してしまうと正解にたどり着けなくなってしまいます。

だからこそ、一言一句聞き逃さないようにする「集中力」「正しく単語を聞く力」を身に着けることができるディクテーションがパート1とパート2では有効です。

パート3と4はシャドーイング

パート3・4はシャドーイングで完璧にしましょう。ですが、パート3と4はTOEICの中でかなり難しいパートになるので、初心者であれば飛ばしても構わないです。問題の特徴と解き方は知っておいてください。

シャドーイングとは

流れてくる英文(音声)を聞き、影のように追いかけながら発音する勉強法です。この勉強法は通訳の人もやっていて、難易度は高めですが効果抜群です。

パート3・4は、会話やナレーションを聞き取って各問に答える必要があるので、一瞬の集中力より内容を把握する力が必要になります。ですがリスニングでは「音を聞く力」と「意味を考える力」を同時に行う必要があります。

おそらくリスにングが苦手であれば、音を聞くのに精一杯で、意味を考えている余裕などは無いはずです。そのため音に慣れ、英文を聞こうとせずに聞ける状態を作り出すために、シャドーイングを行うのです。

リーディングパートは音読&精読

基本的にリーディングパートは、音読と精読で対策ができます。とにかく、リーディングは速さと正確さです。そのために音読が必要で、音読するためには精読が必要なのです。これらの勉強法を実践することで、内容を早く正確に把握することができます。

まずは精読

まずは音読する前に精読しましょう。

精読とは

英文を理解することです。これは日本語訳だけではなく、単語の品詞や時制、文法、構文などその英文を構成するありとあらゆる要素を分解していきます。

精読することで、音読をしたときに「なんとなく音読するのではなく」理解しながら、音読することができるので効果アップします。

次に音読

次に音読で仕上げていきましょう。

音読とは

そのまま音読することです。ポイントとしては、発音することはもちろんですが、内容を頭の中にイメージして、気持ちを込めて音読することです。

気持ちを込めるの超大事です。第三者目線で音読するのか、自分の目線で音読するのかによって、理解度が変わるのでぜひやってください。また音読をすることで、英文を前から訳す癖がつくので、リスニングでも効果があります。

で、これは音読だけではありませんが「完璧まで」やり続けましょう。音読も、シャドーイングも、ディクテーションも最初はうまくいきません。

ですが、何回も繰り返しているうちに、段々とうまく音読できたり、英語のスピードに慣れて舌が速く回るようになったり、聞き取れなかった音が聞こえるようになります。

それを追求していくことがとても大切です。最初はできなくて大変ですが、やれば必ず効果がでます。ぜひ続けてください。

初心者にオススメの教材

Free-Photos / Pixabay

ここまでで何をどういう順番で勉強すれば、TOEIC初心者でもスコアアップできるかわかったと思います。

では、次に「何で勉強するか」ということを考えていきましょう。

例えば地図を貰って、目的地までの距離や方向は知ることができた。でも目的地までの行き方は沢山あります。歩く、車でいく、電車、新幹線、飛行機。最終的にどれでも目的地まではたどり着けるかもしれません。

ですが、それまでにかかる時間はバラバラです。歩いて行けば、めちゃめちゃ時間がかかりますし、飛行機で行けばすぐにたどり着けます。

今はたとえ話ですが、TOEICも一緒です。あなたにも目標スコアがあり、それを達成するために何をすべきかは知ることができたはずです。

なので、次はどうやって目標を達成するのがベストなのかを考えていきましょう。私が考えるに選択肢は3つしかありません。

・参考書
・スタディサプリ
・TOEICスクール

それぞれのメリット・デメリットを考えていきましょう。

TOEIC対策を参考書でするメリット

費用が安い

TOEIC対策を参考書ですることで、スクールに比べて費用をあまりかけずに学習をすることができます。ただ、TOEICでスコアアップを目指すのであれば、自分の弱点や問題のコツをしっかりと把握し、正しく勉強する必要があります。

自分の学習ペースで進められる

時間に余裕があり、基礎学習からじっくりと勉強することができる人は、解説を読むのも、単語を覚えるのもゆっくりと学習を進めることができます。

TOEIC対策を参考書でするデメリット

効率が悪い

特に初心者は正しい勉強法を知らないので、スコアアップするのに時間がかかってしまう傾向が高いです。参考書は完璧ではありませんし、ひとりでは理解できない部分も多いです。例えば、同じ勉強量でもスタディサプリなら750点超えるのに、独学では400点しか取れない。ということもよくあります。

続かない

勉強は継続することが大切です。しかし、どんなに努力家でやる気のある人でも、右も左も分からない状態で勉強するのは、精神的にきついです。

・どうやって勉強すればいいんだろう
・これであってるのかな
・点数が上がらないや

ひとりで勉強するって予想以上にきついです。

適切な対策ができない

参考書で勉強してたら「納得できない」「なんでこうなるんだろう?」と疑問に思うことは絶対にあります。ですが、独学だとこれが解決できないので、なんとなく理解したレベルで終わってしまい、結局点数も中途半場なまま終わってしまいます。

TOEIC対策をスタディサプリでするメリット

TOEIC対策が完結する

スタディサプリではパート1からパート7まで、スマホ1つあれば対策が可能です。TOEICのプロ講師が動画でわかりやすく、各パートの勉強法、問題の解説をしてくれます。なので、わざわざ参考書選びに悩んだり、自分で理解する手間がなくなります。

勉強時間が増える

忙しくて勉強時間を確保できない、という人もいると思いますが、スタディサプリなら最短3分からTOEIC対策ができてしまいます。電車に乗っている間や待ち時間などを使って勉強することができます。TOEICのプロ講師である関先生も推奨していて「スタディサプリを使うことで1日1時間プラスして勉強することができる」といっています。

特に忙しい社会人や大学生にはうれしいです。

関先生の「神授業」

スタディサプリを一躍有名にしたのが、関先生の「神授業」です。スタディサプリ内には、英文法を学び直せる動画コンテンツがあり、それを皆さんにも是非体験してほしいと思います。英文法は独学では対策が難しいですし、理解するのにも時間がかかります。

でも、スタディサプリは違います。今まで英文法が苦手でアレルギー反応が出るみたいな人も、英文法に対する考え方が根本から変わると思います。だって、今まで私たちが1時間かけて知ろうとしたものを、たった5分で理解できるのですから。

結局自己学習

スタディサプリのデメリットをしいて言うなら「自己学習」という点です。個人的に、コンテンツの質、解説動画のわかりやすさ、アプリの使い易さは言うことがありません。

どのように学習を進めていくか、学習方法についても詳しく解説してくれるので、使い方がわからないということもないでしょう。それでもスコアが上がらない理由は「勉強をしない」しかありません。

いくらスタディサプリが良いサービスでも、勉強するのはあなたですから、勉強しなければスコアを上げることはできません。

TOEIC対策をスクールでするメリット

TOEICのプロに直接指導してもらえる

TOEICは試験ですので、有効な対策方法や勉強法があります。TOEICを知り尽くしているプロの講師がいるスクールに通うことで、スコアアップに必要な対策や勉強法、コツやテクニックなどを学ぶことができ、最短でTOEICのスコアを上げることができます。

一人じゃないから続けられる

TOEICのスコアを上げるために1番重要なことは「続けること」です。何事もそうですが、続けることができなければ上達はありえません。

独学で勉強していると途中で諦めてしまう人も多いですが、スクールでは導いてくれる講師もいますし、自分にあった学習方法やスケジュールを立ててくれます。

スクールだと効果も実感しやすいので「できるようになる」という感覚がより一層、やる気にさせてくれます。

自分のレベルにあった勉強ができる

TOEICは10点から990点まであり、当然ながら600点を目指す人と900点を目指す人では学習することも変わります。この自分の実力にあった勉強というのが、スコアアップには非常に重要です。

スクールではプロの講師が一人ひとりにあった指導やスケジュールを立ててくれるので、よりより効率的に勉強することができます。

TOEIC対策をスクールでするデメリット

スクールはメリットも沢山ありますが、デメリットもあります。その中でも1番大きのは費用面ではないでしょうか?

費用がかかる

独学であれば問題集や参考書など、自分で費用を決めることができます。しかし、スクールでは、それなりの金額がかかることをは避けられません。正直、参考書やスタディサプリでかかる費用の何十倍です。

自己学習も必要

スクールに行くことだけで満足し、自己学習をサボってしまう人も少なくありません。もちろん、スクールで勉強するだけでも効果はあります。ですが、スクールに通った場合でも、どれだけ効率的に自習に時間を避けるかが、スコアアップにつながるポイントになります。

総合的に考えるとスタディサプリ

オススメ度
運営リクルート
料金1週間無料
対策単語、文法、リスニング、リーディング、問題集

>>公式サイト

「勉強のしやすさ」「効果」「費用」を効率的に考えると、現時点で1番よいのはスタディサプリです。なぜなら、スタディサプリにはTOEICでスコアアップに必用な要素が全て詰まっているからです。

・TOEIC最頻出の1410単語を学べる
・ディクテーション機能付き
・シャドーイング機能付き
・英文法を学び直す「神授業」
・公式問題集の約5倍の問題を解き放題

独学でTOEICを勉強した感想は、やはり「誰かに教えてもらうのがベスト」だということです。やはり独学だと参考書を理解することが必用になるので、その分効率が悪くなってしまいます。スタディサプリでは、各パートの解き方や勉強法についてわかりやすく動画で解説してくれます。なので、本当にわかりやすいです。

なぜスタディサプリはスコアアップできるのか

TEPPAN英単語

TEPPAN英単語では、TOEICによく出題される1,500以上の単語を効率的に学べるコンテンツです。もちろん、音声もついているので正しい音も一緒に学習できます。使い方も簡単で、テスト形式で繰り返し単語の出会うので単語帳よりも確実に覚えられるのです。

ディクテーション機能

独学では難しいディクテーションの学習を、スタディサプリ内でできてしまいます。日本語訳や音声スピード調整など基本的な機能はもちろん。それに加えて、書くのではなく入力するシステムになっているので、準備する手間もかからないのでとっても楽です。

初心者の人に特に対策してほしいパート1と2をスタディサプリのディクテーション機能で完璧にしましょう。

シャドーイング機能

もちろん、シャドーイングもスタディサプリで対策することができます。日本語訳や音声スピード調整など基本的な機能はもちろん。録音機能も付いていて、自分の発音も聞くことができます。シャドーイングは物凄く効果のある勉強法ですが、やり方が難しくて諦めてしまう人もいます。ですが、スタディサプリなら「リスニング力」が上がる仕組みがそろっているので、あとは始めるだけです。

パーフェクト英文法(神授業)

パーフェクト英文法(神授業)は、是非ともみんなに受けて頂きたい。これだけでもかなりの価値があると思います。英文法はTOEICのスコアアップに凄く重要ですし、全てのパートの基礎になるので対策は絶対必要です。

でも、英文法の対策はすごく大変だし、独学で勉強しようとしても中々うまくいかない人も多いと思います。それに英文法と聞くと、アレルギー反応起こす人もいますし、苦手意識持っている人も多いです。

だからこそ、関先生の神授業を受けてほしい。おそらく今まで英文法に抱いていたイメージが180%変わると思います。

追記:神授業について

私がスタディサプリで1番良かったのは、関先生の「神授業」です。

ちなみに英文法の授業だけではなく、次に紹介する実践問題集などの解説も動画であります。(これが素晴らしくわかりやすい)

その中でも1番感心したのが「英文法を基礎から学び直す」という姿勢です。

どうしても英文法の対策と聞くと、テクニックや裏技的なものを想像しがちですが、スタディサプリでは「英文法はそもそも何なのか」という基本を振り返って学習を進めることができます。

そのため「暗記重視」を終わらせて「理解」する学習に切り替えることができるのです。

もちろんTOEICは試験ですので、テクニックや裏技的なブラックな部分も存在しますが、結局それは小手先の知識になるので、最終的にはスコアは上がりません。その場しのぎです。

ですが、スタディサプリで英文法の基礎を学ぶことができれば、あとはもう単語やリスニングなどを積みあえるだけで、スコアは自然と上がります。

TOEICでスコアアップしたいなら、絶対に神授業を受けるべきです。

実践問題集

スタディサプリには、実践問題集というコンテンツがあり、パート1からパート7まで全てのパートを対策することができます。

問題を多く解くことで、経験値がたまるので解ける問題の幅も広がるので、ぜひ試してほしいです。

実はこの実践問題集に収録されている問題数はかなり多く、参考書として有名な公式問題集の約5倍以上の2000問を解くことができます。

また、毎月200問ずつ新しい問題も追加されているので、参考書のように解いて終わりがありません。

1分あれば解ける問題も多いので、ぜひ隙間時間を活用してください。

もう英語学習で悩むのやめよう

私も独学で勉強してきたからわかりますが、初心者は確実に勉強法で失敗しますし、思い通りにスコアも上がりません。そして、何より挫折してしまうのが1番勿体ないです。ですが、勉強法もわからない、何して言いかわからないような状態で独学で対策していくのは、しんどいです。

初心者だからこそ

初心者の人は参考書を選びがちですが、参考書は自分で考えなければいけないことが多すぎて、ほとんどの人が失敗してしまいます。

だからこそ、最初のうちに学習のペースや勉強法、そして、わかりやすい解説で納得できるスタディサプリがオススメです。

参考書では「これ当然知ってるよね?」というスタンスで解説されているので、あんまり英語が得意じゃない人に優しくありません。スポ根みたいな「苦しいのが好き」であれば、否定はしませんが。

ですが最初につまづいてしまうと、そこで諦めてしまう可能性が高くなります。

あとは行動するだけ

ここまでスタディサプリが「なぜスコアが上がるのか」を具体的に説明しました。ですが、最終的に必要なのは、行動です。

最初にも言いましたが、もし今「勉強してみよう」と行動が起こせないのであれば、きっと1ヵ月後も、3ヵ月後も、半年後も行動しません。

そして、変わらないスコアを見て「あの時勉強しておけば良かった」と後悔するのです。

もしあなたが本気でスコアアップしたいなら、まずは7日間の無料体験を使って、スタディサプリを体験してみることをオススメします。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

・7日間完全無料
・キャッシュバック6000円
・返金保証あり

まとめ

いかがでしたか?

今日は、TOEIC初心者がスコアアップするために必用なことを書いてきました。最初は迷ってしまうことも多いですが、継続することをまずは意識しましょう。

また、効率よくスコアを上げたいのであれば、スタディサプリでのような実績のあるサービスを使うべきです。

もちろん、できるだけお金をかけずに勉強したい。という人もいると思いますが、最終的な目標はスコアを上げることです。そうした時に、どの選択をするかがポイントになります。

無料体験実施中のうちに、ぜひ試してみてください。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

・7日間完全無料
・キャッシュバック6000円
・返金保証あり

スタディサプリ「パーソナルコーチプラン」が今だけ1週間無料体験キャンペーン!


スタディサプリTOEIC対策コース「パーソナルコーチプラン」が今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。

もう独学で悩むのはやめませんか?参考書ばかりを買いあさり、効果がでないのは参考書のせいだと思い、また新しい参考書を購入する。もしこんな経験があるのなら、あなたは一生スコアを上げることはできません。なぜなら、あなたに必要なのは「素晴らしい教材」ではなく「正しい方法」なのです。

これを学ぶことができなければ、いつまでも目標スコアを達成することはできません。自信があれば良いですが、短期間で絶対にスコアアップしたいなら「パーソナルコーチプラン」を体験してみてください。

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】前回のキャンペーンはすぐに終了しています。

>>パーソナルコーチプランの口コミと効果を知りたい人はこちら!