スコアアップ・勉強法

社会人のTOEIC平均点と勉強法!新入社員や昇進に必要なスコアは?

こんにちは、パエリアです。

今日は、TOEICを勉強している社会人の方に向けて

・社会人の平均点
・新入社員が求められるスコア
・昇進に必要なスコア
・目標スコアを達成するための勉強法

ということを紹介していきます。

国際化やグローバル化が進み、企業でも英語ができる人材の需要が高まっています。そのため、忙しくてもキャリアアップのためにTOEICの勉強をしている人もいるでしょう。そうした人たちにとって「平均点」は1つの基準になります。

もちろんスコア帯を知っておくことは、とても大切なことです。ですが、それ以上に行動することが大切だということを覚えておいてください。なぜなら、行動しなければいつまでも英語ができるようにならないからです。特に社会人は忙しく「やろう」とは思いつつも、ついつい先延ばしになってしまう傾向が高いようです。

勉強を後回しにしてしまう気持ちもわかりますが、このままでは、いつまで経ってもスコアは伸びません。1ヵ月後も、3ヵ月後も、6ヵ月後もずっとです。そうして、TOEICのスコアが必要になった時に「勉強しておけばよかった」と後悔するのです。そうならないためにも、ぜひ記事を読んで行動してみてください。

社会人のTOEIC平均点

テスト種別スコアリスニングリーディング
公開603332271
IP496277220
合計550305246

社会人のTOEIC平均点は、550点です(小数点繰り上げ)。公開テストのみの場合、平均点は603点となり、IPテストのみの場合、496点となります。公開テストとIPテスト間で、約107点の差がありますが、IPテストの場合は所属企業で半強制的に受けるので、個人で進んで受ける公開テストとの差があっても不思議ではありません。とは言いつつも、このスコアを見ると、社会人の英語力が高いことがわかります。

>>TOEICのIPテストと公式テストの4つの違いを詳しく解説

TOEICの平均点

平均タイプスコアリスニングリーディング
全体526294232
社会人550305246
大学生511285226

TOEICの全体平均は、526点です(IPテストを含む)。社会人の平均点は550点ですから、平均点よりも24点高く、大学生よりも39点高いスコアになります。おそらく社会人になる大学生が、就活のために英語を勉強するのと、社会人になってからキャリアアップのために英語を勉強する人が多くなるためだと考えられます。

全体の平均点:580点前後
大学生の平均点:560点前後(IPテスト443点)
社会人の平均点:610点前後(IPテスト484点)

企業が新入社員に期待するTOEICの点数

TOEICを公式運営が調査したデータによると、今や上場企業の約75%が業務で英語を使用する機会があると回答しています。その中で全社員に期待する「期待スコア」の平均点が、600点となるため、新入社員に求められるスコアも600点近いスコアが求められるでしょう。ただ楽天などの大企業では、社内の公用語が英語になるため、TOEIC730点が必須となっています。英語を使う機会のある外資系の企業や商社などは更に高いスコアを求められることもあります。

・新入社員:565点
・中途社員:710点

社会人の入社年数とTOEICの平均点(IPテスト)

年次別の平均点を見ると、内定者の平均点が1番高い551点で、入社年数が長くなるほどスコアは下がっていく傾向にあるようです。恐らく余力、もしくは就活のための一時的に勉強していても、入社後は仕事で忙しく勉強する機会が減るので、段々と下がっていくのだと考えられます。

役職者のTOEIC平均点(IPテスト)

一般社員、係長、課長の平均点はあまり変わらない結果となっていますが、部長や役員になると若干平均点が高い傾向になります。また派遣社員の点数は、522点と高い水準となっています。

派遣:522点
一般:475点
係長:468点
課長:486点
部長:512点
役員:533点

昇進や異動に必要なスコア

「TOEICのスコアを異動、昇進、昇格の要件にするか」の回答では、15.8%の企業が「要件にしている」と回答し、45.2%の企業が「可能性がある」と回答しています。決して多くはありませんが、将来的には半数以上の企業で要件になる可能性が考えられます。また、TOEICのスコアは、年収とも密接に関係しているとも言われているので、勉強して損はないでしょう。

>>TOEICスコアと年収について

役員:525点
部長:580点
課長:550点
係長:545点
主任:520点

「上場企業における英語活用実態調査」報告書より参照

採用・昇進時に求められるスコア(企業一覧)

採用・昇進・海外赴任にTOEIC800点以上必要な企業

【採用】

・韓国サムスン
・パナソニック(国際広報担当)
・野村ホールディングス
・(グローバル型社員)
・NTTコミュニケーションズ
・韓国LG
・韓国ヒュンダイ
・住友不動産
・野村不動産

【昇進・昇格】

・韓国サムスン(中核人材A級・課長)
・京葉銀行(人事評価に反映)
・韓国サムスン(既存社員)
・日立製作所(経営幹部)
・三井住友(総合職全員の努力目標)
・KDDI(事務・技術職の配属、異動)
・サイバーエージェント(海外部門)

【海外赴任】

・富士通(海外出張)
・三菱商事(社内留学)
・日本マクドナルド

採用・昇進・海外赴任にTOEIC700点以上必要な企業

【採用】

・日産自動車(一般職)
・ソフトバンク
・武田薬品
・NTT東日本
・ファーストリテイリング
・三菱電機
・ヤマト運輸
・ブリジストン
・東京電力
・三菱自動車(事務職)

【昇進・昇格】

・三井物産(入社3年目社員)
・三菱商事(課長クラス)
・楽天(上級管理職・部長級)
・双日
・タバコ・ジャパン合同会社(管理職)
・丸紅(入社5年目社員)
・京葉銀行(人事評価に反映)
・日本IBM(次長)
・住友商事(入社11年目の管理職条件)
・伊藤忠商事(入社4年目社員)
・シャープ(課長職)
・ファーストリテイリング(本部管理職)
・キリンビール(事務・技術職の配属、異動)
・楽天(課長級)

【海外赴任】

・住友商事
・丸紅
・三井物産
・三菱商事
・NTTコミュニケーションズ(新人の1年間派遣権利)
・伊藤忠商事
・資生堂
・シャープ
・みずほ証券

採用・昇進・海外赴任にTOEIC600点以上必要な企業

【採用】

・アサヒビール
・佐川グローバルロジスティクス
・シチズンホールディングス
・日産自動車(技術職)
・出光興産
・王子製紙
・大正製薬
・大和ハウス工業
・ニトリホールディングス

【昇進・昇格】

・日立製作所(課長)
・双日(主任クラス)
・ソニー(係長・課長(廃止))
・ブリヂストン(開発企画職上級)
・楽天(係長)
・住友林業(係長)
・マツダ(課長職)
・トヨタ自動車(係長)
・日本IBM(課長)
・富士通(エンジニア・事業企画担当)
・住友商事(総合職)
・NEC(全社員)
・丸紅(入社5年目)
・日立製作所(総合職2年目)
・横浜ゴム(全社員)
・日本ビクター(全社員)
・楽天(一般職全員)

【海外赴任】

・キヤノン
・大成建設

採用・昇進・海外赴任にTOEIC450点以上必要な企業

【昇進・昇格】

三菱商事(全社員)
パナソニック(昇格候補者)
住友金属工業(全社員)
クラレ(課長級)
コマツ(課長)
帝人(課長)
三菱電機(部長級)
日本精工(係長、課長)
旭硝子(課長補佐)
タバコ・ジャパン合同会社(営業部門)
パナソニック(主任)

社会人がスコアを上げるためにすべきこと

ここからは、具体的に社会人がTOEICのスコアを上げるために「何をするべきなのか」をいうことを考えていきます。最初に言っておきますが、社会人が闇雲に勉強しても意味がありません。なぜなら、学生時代のように時間で勝負できないからです。平日は仕事も忙しく、付き合いも多いでしょう。だからこそ、いかに効率よく勉強するかが大切になります。

・マインド
・時間
・手段

マインド

マインドといっても、要はやる気のことなので難しく考えないでください。やる気というと精神論のように感じますが、これが意外と重要なのです。なぜなら、やる気がなければ学習が続かないからです。社会人は、とにかく忙しく、勉強する時間もそこまで多くありません。

そのため、朝早く起きて勉強したり、仕事終わりに勉強したり、通勤時間で勉強したりする必要があります。そうした時にやる気がなければ「もっと寝たい」「今日は疲れたから」「休みの日くらい」と言い訳を作り、さぼれてしまうのです。

当たり前ですが、そうのようにサボってしまうようであれば、いつまでもスコアが上がらないのは当然です。仕事が忙しく大変なのはわかりますが、リターンも大きいので踏ん張りましょう。

時間

ノー勉・ノー対策でスコアアップできるほどTOEICは簡単ではありません。スコアアップするためには「勉強時間の確保」が必須です。ただ、社会人は仕事が忙しくてなかなか勉強できない人も少なくないでしょう。実際、学習時間の工面で苦労している人が1番多いこともわかっています。

このように勉強時間の工面ができずに、英語学習を挫折してしまう人は少なくありません。やる気があっても勉強時間を確保できなければ意味がありませんから、どのように勉強時間を確保するかは重要です。そこでオススメなのが、隙間時間の活用です。

社会人なら隙間時間を活用する

仕事が忙しいのはわかります。毎日朝から晩まで働いて、付き合いもあり、いつ勉強するんだと私も思っていました。ただ、忙しくても勉強時間を何とかして確保しなければスコアアップしないのです。ですから、隙間時間の活用を試してみてください。実は私たちが意識していない、もしくは無視しているだけで、日常生活の中には様々な隙間時間が存在します。

例えば電車の中。次の駅までの「たった5分」をいかに活用するかが重要です。いつもは、ぼーっとニュースサイトを眺めてしまうところを単語の暗記、文法確認、問題を解くなどの工夫をしてみるのが良いでしょう。

たった5分ですから、やれることは少ないです。単語なら「10単語×30秒」だとすれば、50単語くらいでしょう。これだけけのことなら、1日で追いつけます。ですが、この隙間時間の学習が習慣化すれば、いつの間にか追いつけないほどの距離が生まれます。

プロ講師である関先生も推奨していて「隙間時間を活用することで1日1時間プラスして勉強することができる」と言っています。この1時間が、スコアアップの分かれ道になることは言うまでもありません。隙間時間についてもっと知りたい人は、下記リンクを参考にしてくだしさい。

>>TOEIC対策は隙間時間を活用せよ!おすすめ最強アプリ3選!

手段

社会人がTOEICでスコアアップする上で、何が1番大切かというと「勉強効率」です。勉強時間が限られている中で、いかに効率よくスコアアップさせるかが重要です。そこで考えて欲しいのが「何で」勉強するかです。

例えば地図を貰って、目的地までの距離や方向は知ることができた。でも目的地までの行き方は沢山あります。徒歩、車、電車、新幹線、飛行機。最終的にどれでも目的地まではたどり着けるかもしれません。

ですが、それまでにかかる時間はバラバラです。歩いて行けば、めちゃめちゃ時間がかかりますし、飛行機で行けばすぐにたどり着けます。これは例えばの話ですが、TOEICでも同じように考えられます。あなたにも目標スコアがあり、それらを達成するためには何をすべきかが見えたはずです。ここからは選択です。私が考えるに選択肢は3つしかありません。

・参考書
・スタディサプリ
・スクール

それぞれのメリット・デメリットを考えていきます。どの選択肢が自分にとって最良なのか、スコアアップに必要なのかを考えてみてください。そうすれば、おのずとどの選択肢が良いかが見えてくるはずです。

参考書のメリット

・対策コストが安い
・自分のペースで学習できる

参考書で対策するメリットは、自分の裁量が大きい点です。社会人であれば、仕事や付き合いなどでスケジュールが変わることはよくあるでしょう。そうした時に学習ペースや対策コストなど、自分でコントロールできることができるのは良い点です。一方で考え方を変えれば、自分でコントールしなければならないことも多いので、挫折する人も多いです。

参考書のデメリット

・勉強効率が下がる
・継続できない
・精神的につらい

参考書で対策するデメリットは、自分でコントロールすることが多すぎる点です。参考書絵選びから学習プランまで、自分に裁量があるのは良いことですが、勉強するだけでも大変なのに「勉強すること以外に考えること」が多すぎます。そのため集中力は下がり、勉強効率が下がってしまう可能性があります。

スタディサプリのメリット

・TOEIC対策が完結
・隙間時間の活用
・豊富なコンテンツ
・質の高い学習

スタディサプリを使うことで、パート1からパート7までの全パートを「スマホ1つ」で対策することができます。またアプリなので、通勤時間やちょっとした隙間時間を活用することができるのは、忙しい社会人にピッタリです。また動画解説もわかりやすく、勉強効率をアップさせてくれます。

スタディサプリのデメリット

・結局自己学習

スタディサプリのデメリットは、自己学習という点です。アプリの使いやすさ、対応範囲、わかり易さなどは、言うことはありません。ですが、それらの機能がいくら良くても、結局自己学習ですから、あなた自身が勉強しなければ意味がありません。

スクールのメリット

・マンツーマン
・継続できる
・精神的に楽
・学習管理

スクール(マンツーマン)のメリットは、学習の実行以外は全てコーチに任せられるところです。学習プランの作成やスケジュール管理は、自分で考えると大変ですが、そこはプロに任せることができます。また自分の課題や弱点を客観的にすることができ、それに合った適切な対策ができる点も素晴らしいです。「この人についていけばいい」という安心感も得られます。短期間でスコアアップしたい人にオススメです。

スクールのデメリット

・対策コストが高い
・地域限定

スクールは通わなければならない、というデメリットもありますが、それ以上に対策コストが高いことが難点です。そうでなければ通う人ももっと多いと思いますが、それだけマンツーマンレッスンというのは大変なのです。結果にコミットするで有名なライザップ英語では「50万円(3ヵ月+入会金)かかります。その分、短期集中で結果を出せますが。

社会人にはスタディサプリが相性抜群

オススメ度
運営リクルート
料金1週間無料
対策単語、文法、リスニング、リーディング、問題集

>>公式サイト

社会人がTOEICでスコアアップするなら、スタディサプリがオススメです。

スコアアップに必要な要素が揃っていることはもちろん、社会人が悩みがちな勉強時間をカバーできる上に、勉強効率を上げ、最短でスコアアップすることができるので相性抜群です。

・1400を超える頻出単語を効率よく学べるシステム
・公式問題集の5倍以上(2,000問以上)を解ける
・スキマ時間を活用して最短2分から対策可能
・超わかりやすい動画解説(通称:神授業)

スタディサプリを使うことで学習のペースを掴み、目標設定をすることで、スコアが上がりやすくなります。

できるだけ、お金をかけずに勉強したい!という人もいると思いますが、1番大切なのはTOEICのスコアを上げることです。いくらお金をかけずに勉強したところで、スコアが上がらなければ意味がありません。

特に忙しくて時間がない社会人だからこそ、少ない勉強時間で、いかに効率的に勉強するかが大切です。

学生時代のように、大量の時間を使って、流し込むように勉強する時代は終わったのです。

それを肝に銘じておかないと、結局いつまでもスコアは伸びません。転職や昇進、異動など、将来がリアルに見えてきた「今だから」行動を起こさなければいけません。

今ここで勉強を始める人、立ち止まってしまう人では、今後の人生が大きく変わります。

あとは行動するだけ

最終的に必要なのは、行動です。

最初にも言いましたが、もし今「勉強してみよう」と行動が起こせないのであれば、きっと1ヵ月後も、3ヵ月後も、半年後も行動しません。

そして、変わらないスコアを見て「あの時勉強しておけば良かった」と後悔するのです。

将来の生活を豊かにするか、何も変わらず後悔するか。この選択は今のあなたにかかっています。

もしあなたが本気でスコアアップしたいなら、まずは7日間の無料体験を使って、スタディサプリを体験してみることをオススメします。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

・7日間完全無料
・キャッシュバック6000円
・返金保証あり

まとめ

いかがでしたか?社会人でTOEICを勉強することは、とても大変ですが、勉強した分だけキャリアアップに直結します。割と自分との戦い的な部分もあるので、負けないようにがんばりましょう。

無料体験実施中のうちに、ぜひ試してみてください。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

・7日間完全無料
・キャッシュバック6000円
・返金保証あり

スタディサプリ「パーソナルコーチプラン」が今だけ1週間無料体験キャンペーン!


スタディサプリTOEIC対策コース「パーソナルコーチプラン」が今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。

もう独学で悩むのはやめませんか?参考書ばかりを買いあさり、効果がでないのは参考書のせいだと思い、また新しい参考書を購入する。もしこんな経験があるのなら、あなたは一生スコアを上げることはできません。なぜなら、あなたに必要なのは「素晴らしい教材」ではなく「正しい方法」なのです。

これを学ぶことができなければ、いつまでも目標スコアを達成することはできません。自信があれば良いですが、短期間で絶対にスコアアップしたいなら「パーソナルコーチプラン」を体験してみてください。

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】前回のキャンペーンはすぐに終了しています。

>>パーソナルコーチプランの口コミと効果を知りたい人はこちら!