スコアアップ・勉強法

【最新版】TOEICの平均点まとめ/大学生・社会人・高校生・男女・推移

こんにちは、最近毎日ぶどうを食べているパエリアです。

TOEICの平均点をご存知ですか?

普段生活をしていて、TOEICのスコアを聞く機会があるとしたら、同じ学校の友人や会社の同僚など、あまり自分と点数が変わらない人たちではないでしょうか。

そのため、一般的に大学生の中では高いスコアなのか、社会人の中では低いほうなのか、中々自分では知ることはできないかもしれません。

ですが、TOEICは就活や転職、キャリアアップにも非常に役に立つので、そういった意味でも「自分のスコアはどのくらいなのか」ということを知っておくべきです。

そこで今日は「TOEICの平均点」について書いていきます。大学生の平均点、社会人の平均点、高校生の平均点、男女別の平均点、年齢別の平均点、平均点の推移など。

よかったら参考にしてください。

TOEICの平均点は?

TOEICの平均点は580点前後である事が多いです。上の画像では、リスニングセクション327.0点、リーディングセクション262.3点、合計が589.3点となっています。

リーディングの平均点と、リスニングの平均点を比較すると、約50点近くリスニングの平均点が高いことがわかります。この結果から、受験者の大半がリスニングよりリーディンが苦手であることがわかります。

TOEICのスコアの分布

画像を見ると、545点から595点の割合が一番高く、それよりスコアが高くなると少しづつ割合が減っています。

また、245から295点の割合よりも895点以上獲得してる人の割合の方が高くなっています。TOEICは受験する義務があるわけではないので、勉強していないのに受験する人が少ないのかもしれません。

大学生のTOEICの平均点

大学生のTOEIC平均スコアは568点で、リスニングセクションが311点、 リーディングセクションが256点となっています。

全体の平均点と比較すると、大学生の平均点は低い点数となっています。また、リスニングよりもリーディングの方が点数が低いことは全体の平均と変わりません。

TOEICの大学生の平均点:学年別

学年別に比較すると、大学1年生の平均点が1番低く、学年が上がるにつれて段々と平均点があがり、大学4年時が1番高くなっております。

センター試験があるので大学1年生が一番点数が高いと思っていましたが、4年生になると就活でTOEICの勉強をする人が多くなるので、おそらく平均点が高くなっているのだと思います。

大学生のTOEICのレベルについて、さらに詳しく知りたい人は大学生のTOEICの平均点は?各大学・学年別まとめを参考にしてください。

社会人のTOEIC平均点

社会人のTOEIC平均スコアは607点で、リスニングセクションが332点、 リーディングセクションが276点となっています。

TOEIC全体の580点前後ですので、社会人は全体の平均点より高く、大学生よりも40点ほど高いスコアです。

TOEICは転職やキャリアアップにも密接に関わってくるため、社会人でTOEICを受験する方はレベルが高い傾向があるのだと思います。

社会人のTOEIC平均点:役職別

役職別の平均点で比較すると、役員の平均点がリスニングが292点、リーディングが241点で合計533点と一番高くなっています。

続いて部長、課長、一般社員、係長という順番で点数が高くなっています。この数値を見ると、課長以上の役職に昇進する場合、TOEICの点数が課せられていることが多そうです。

高校生のTOEIC平均点

社会人のTOEIC平均スコアは410点で、リスニングセクションが242点、 リーディングセクションが168点となっています。

高校生の平均点が410点と、大学生や全体の平均点と比較すると低い点数ですが、おそらく高校生でTOEICを受験する人は少なく、TOEIC対策などをほとんどしていないため、点数は低いのだと思います。

推移

次に過去3年間のTOEICの点数の推移と受験者数の推移です。平均点は2013年は580点、2014年は582点、2015年は585点と点数の推移は過去3年間ほとんどありません。

しかし、過去3年間の受験者数の推移を見ると、2013年は900,506人、2014年は910,118人、2015年は1,002,875人と2015年から受験者数が急激に伸びていることがわかります。

近年では企業でもTOEICの評価が高まり、受験する人も増えてします。それに伴い沢山のTOEIC対策や参考書があるため、受験者のレベルも年々高くなっていると推測できます。

しかしそれに伴い平均点が伸びていないことから、テストの難易度が高くなっていると考えられます。そのため、TOEICの対策に限らず、今後のテストは更に難易度が高くなっていくと予想されます。

TOEICのスコアアップのために必要なこと

次に、TOEICのスコアップのために必要なことについて書いていきます。

ただ、スコアアップといっても500点を目指してる人と900点を目指している人では全然違いますので、ここでは基本的なことを書いていきます。

また、「TOEICの勉強は何からしたらいいかわからない」という方は、まずはこちらの記事TOEIC400点アップした勉強法!英語初心者だった私が600点を取った勉強法を大公開!!を参考にしてください。

TOEICのスコアアップに必要な3つこと

基本的にこれから紹介する3つのことを抑えておけば、TOEICでスコアアップすることは簡単です。逆に言うと、これらを守れないのであればいつまでも点数はあがりません。

よく勉強しているのにスコアが伸びない!と悩んでいる人は、これらを疎かにしてしまっている可能性が高いです。

そのため、勉強してもスコアが上がらず、時間だけが過ぎてしまう。ということも少なくありません。

ですが、これから紹介することをしっかり守れば、あなたは着実にスコアを上げれると思うので、ぜひ参考にしてください。

まずはTOEICについて知ろう

まずはTOEICについて知ることから始めましょう。あなたが既に何度もTOEICを受験しているのであれば必要ないかもしれません。

そうでないのであれば、TOEICとはどんなテストなのか?どんな問題があるのか?など勉強する前に知っておく必要があります。

なぜならTOEICについて知らないと、TOEICには出題されないことを勉強してしまったり、スコアアップから遠回りしてしまう可能性があるからです。

各パートからどんな問題が出題されるのか、各パートの解き方など、これらを知っておくだけで点数も大きく変わるので、早く勉強したい!という気持ちもわかりますが、後回しにしないようにしましょう。

単語はスコアアップの鍵

単語数・語彙力は、どのスコア帯でも重要になります。単語だけ勉強していれば点数が上がるわけではありませんが、スコアアップには単語の勉強が必須です。

単語の勉強は地味で継続が必要なため、TOEICユーザーでもサボってしまう人もいますが、そういった人は大抵スコアが伸び悩んでしまいます。

その単語を知っているか、知らないかで問題の正答率も変わり、スコアも大幅に変化します。

単語の覚え方は、覚えたら忘れない英単語の勉強法を詳しく解説!を参考にしてください。

英文法で英語の土台作り

TOEICでスコアが上がる人と上がらない人の1番の差は英文法です。逆に行ってしまえば、英文法さえできていれば、あとは継続的に勉強していくだけです。

ただ、英文法といっても範囲が広く、どこから勉強すれば良いか迷っていまう人も多いはずです。よくForestなどの分厚い参考書を、最初から最後まで覚えようとする人がいますが、効率が悪いのでやめましょう。(実体験)

じゃあどうすれば良いのかというと、独学をやめることです。

独学をやめる選択肢もある

英文法は単語と違い、覚えれば良いわけではなく、理解することでTOEICで使えるようになります。ですが、英文法を独学で勉強すると時間もかかりますし、勉強したところで「なんとなく理解できた」レベルで終わってしまう可能性が高いです。

私は独学で勉強しましたが、英文法でつまづいてしまい結局かなりの時間をかけてしまいました。

TOEICが目的じゃない方や時間のある方は、少しずつ英文法を学ぶのをオススメしますが、そうではない方「時間がない」「就活や転職でTOEICを使う人」は、独学で英文法を勉強することをオススメしていません。

1番良いのはスクールに通うことだと思いますが、プロにマンツーマンで教わる分、かかるコストも桁違いです。3ヵ月で50万円払える余裕があるなら、オススメです。

>>絶対にスコアアップしたい人向けのTOEICスクール4選!オンラインスクール有り!

TOEIC対策に50万円なんて払えない!けど、効率よく勉強したいと思うなら、スタディサプリがオススメです。

スタディサプリは、リクルートが運営しているTOEIC対策アプリで、スマホ1つあればパート1からパート7までの全てが対策できます。

大学生から社会人まで、今TOEIC対策で最も使われているアプリです。

今なら7日間無料で使えるので、まずは試してみてください。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

まとめ

自分の現在のレベルが確認できましたか?

でも大切なのは、これからどうやってスコアを伸ばしていくかです。現時点であまり点数が高くなくても、勉強することによって伸ばすことが可能です。

なかなか自分で勉強していくとなると大変ですが、スタディサプリなどの実勢のあるサービスを使うことで、今までとはスコアの上がり方も段違いで変わってくるはずです。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

・7日間完全無料
・キャッシュバック6000円
・返金保証あり

スタディサプリTOEICが今だけ1週間無料体験キャンペーン!

スタディサプリTOEIC対策コースが今だけ1週間無料で体験できます。

いつまで参考書で勉強してるの?

・新しい参考書をすぐに購入する
・購入しても使わない
・効果が出ないのは参考書のせい
・もっと効率よく学習したい
・本気でスコアアップしたい

このまま勉強しても、あなたは目標スコアを一生達成できません。

なぜなら自分が使っている参考書を信じらず、学習に迷いが生じ、学習効率が著しく下がっているからです。

もしあなたが本気でスコアアップを目指すのであれば、スタディサプリTOEIC対策コースを使ってください。

パエリア
パエリア
今だけ無料で使えるよ!

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】キャンペーンには先着順です。