スコアアップ・勉強法

TOEIC600点の勉強法!大学別のレベルや難易度を徹底解説!

こんにちは、パエリアです。

TOEIC600点を取りたい!けど何をすれば良いかわからない・・。

このような悩みを抱えている人に向けて

・どんなレベルなのか?
・何が必要なのか?
・確実に超える勉強法とは?

ということを解決します。

中々600点の壁を越えられずに、もんもんとしていたかもしれません。ですが、この記事を最後まで読み、行動を起こすことができれば、今まで超えられなかった600点の壁を突破することができます。

もしあなたが600点を取ることができれば、就職や転職の際にも評価してもらえたり、他の人よりも有利になることは間違いありません。

一方で、いくら私がTOEIC600点を取るための方法を紹介したところで、あなたが行動しなければ意味がありません。きっと、1か月後も3か月後も半年後も1年後も600点を超えられず、今のスコアのまま後悔するでしょう。

なのでこの記事を読むのは「絶対にTOEIC600点を突破する!」という強い気持ちのある人だけにしてください。それ以外の人は、時間の無駄になってしまいます。

就活に失敗してしまった、転職活動が上手くいかなかった時に「あの時勉強しておけば良かった」と後悔しないように、今から行動しましょう。

Contents

現在地を知ろう

まずは、あなたの現在地を知りましょう。現在地を知ることで、目標との距離が見え、具体的に起こすべき行動がより明確化します。

TOEIC平均点について

平均点は580点前後であることが多いです。

平均点に関しては、受験する回によって異なります。例えば画像は、2018年6月に実施されたTOEICの平均スコアです。平均点:578.8点/リスニング:319.8点、リーディング:259.0点です。

そのため580点を全体とした時に、若干ではありますがTOEIC600点は平均以上のスコアになるため、一般的には「英語ができる」部類に入るでしょう。

TOEICスコア分布:10点から990点の割合

上記を参考にすると、545点から595点のスコア帯の割合が高くなっています。平均点帯であることを考慮すれば当然ですが、そこから徐々に割合が減っていくことを考えると「600点が1つの壁」となっているように感じます。

実際に、私も500点から600点を超えるまでに、かなり時間かかりました。ですが、600点を超えるまであと一歩です。その1歩を気づかずに諦めてしまう人も多いですが、この記事の後半で600点の壁を超える方法を解説していきます。実際に私もあることを意識したことで、いっきにスコアアップすることができました。

スコア別の評価や難易度

公式で公表されている評価ガイドラインを参考にすると、TOEIC600点はCレベルです。「日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができる」とされています。ただ英会話の練習をしていないのであれば、アウトプットの練習をすることで基礎的な英会話ができるようになるはずです。

TOEIC600点のレベル

個人的にTOEIC600点は、英語初・中級者レベルだと考えています。

英語が上級者までとは言えませんが、基礎的な部分ができているため、継続して学習することで一気にレベルアップすることができるでしょう。

ただ英語中級者といってもイメージがつかないと思うので、ここからはTOEIC600点のレベルを様々なものと比較していきます。

英検

TeroVesalainen / Pixabay

TOEIC600点を英検に置き換えると、英検2級レベルです。

英検2級のレベルは、高校卒業レベルです。大学レベルである準1級には届きませんが、中高と英語の基礎はできているので、苦手な部分を克服していくのが良いと思います。

もちろんTOEICと英検では、試験の構成や形式も全く異なるため、参考程度に考えてください。

大学生のTOEIC平均点

大学生のTOEICの平均点は568点です。

このスコアは公開テストの平均点になるため、IPテストの平均点である443点を含めると、505.5点が大学生の平均点となります。

公開テストとIPテストの違いは、TOEICのIPテストと公式テストの4つの違いを詳しく解説を参考にしてください。

TOEIC600点の大学別レベル

TOEIC600点は、神戸大学や広島大学、青山学院大学などの、一般的に偏差値が高いと言われる大学の平均点と同じレベルです。

689点 青山学院大学
688点 東京大学(学部)
667点 関西外国語大学外国語学部英語学科
650点 日本外国語専門学校
649点 広島大学医学部
648点 神戸大学
641点 同志社大学
640点 東京工業大学
636点 千葉大学医学部
634点 獨協大学外国語学部英語学科
630点 立教大学
630点 大阪女学院大学
628点 宮崎国際大学(4年次)
628点 京都大学
620点 高校の英語教員のTOEIC平均スコア
619点 一橋大学(※大学院法学研究科の平均は823点)
617点 中央大学
615点 明治大学

ちなみに、500点台の大学や700点台・800点台の大学を知りたい方は、こちらの大学生のTOEICの平均点は?各大学・学年別まとめを参考にしてください。

社会人のTOEIC平均点

rawpixel / Pixabay

社会人のTOEIC平均点は、607点です。こちらの点数は、公開テストのスコアになるため、IPテストの平均点である484点を含めると、545点が社会人の平均点になります。

ちなみに、企業が新入社員に期待するスコアは565点とされています。ただ、楽天など社内で英語が公用語となっている企業は更に高い点数が必要です。

社会人のTOEICスコアを詳しく知りたい人は、社会人のTOEIC平均点まとめ!新入社員・役職・昇進・企業別などを参考にしてください。

TOEIC600点の就活・転職について

styles66 / Pixabay

TOEIC600点は履歴書に書くべき

TOEIC600点以上のスコアがあれば、エントリーリートや履歴書に書くべきです。

就活や転職の際に、履歴書に書いても良いとされているのは500点とされています。なぜなら500点以下のスコアの場合、評価の対象にならないからです。また最悪の場合は「英語ができない」というマイナスのイメージを持たれてしまう可能性があります。

ですがTOEIC600点であれば、平均点以上のスコアになるため、企業にもよりますがエントリーシートや履歴書に書くことで、第一印象が良くなることは間違いありません。

TOEIC600点の就活・転職での評価

就職活動・転職活動の際に有利になるのは600点からです。この点数であれば、履歴書でも面接でもある程度の評価を受けることができるでしょう。

ただ受ける企業によって、TOEICに対する評価は違うので注意が必要です。例えば、外資系の企業や商社など、英語を使う機会のある業界は比較的求められるスコアも高い傾向にあります。

TOEICで600点を獲得するのに必要な時間は?

TOEIC600点を取るためには、どのくらいの勉強時間が必要なのか。これは目標設定を600点にしている人であれば、とても気になることでしょう。確かにスコアアップするためには、ある程度の勉強時間が必要です。ただ、だからといって勉強時間を意識し過ぎるのはよくありません。

というのも、私は勉強時間を気にし過ぎて「勉強内容よりも勉強時間」を気にするようになってしまいました。

その結果どうなったかというと、勉強時間は当初予定していた目安の時間を超えていたのに、肝心のスコアは3カ月間変わらないままでした。あの時ほど、TOEICを勉強していて苦しいことはありませんでした。あなたが今から3ヵ月勉強しても、スコアが全く変わらないのを想像してみてください。嫌ですよね。

もちろん勉強目安にするのは良いですが、大切なのは勉強する内容です。正しい勉強法で効率よく学ぶことが、最短でスコアアップするためのポイントです。

TOEIC600点を取るためのポイント

Pexels / Pixabay

ここからは、TOEIC600点を取るためのポイントを紹介していきます。TOEICで600点を取得するためには、戦略がとても大切になります。600点を取れない理由をなくして、ポイントを押さえることができれば、600点はもう目前です。

やる気

いきなり精神論かよ!と思うかもしれませんが、TOEICのスコアアップにおいて「やる気」があるかどうかは重要なポイントです。

なぜなら勉強するべき時に「明日やろう」「Youtube見たい」など、他の誘惑に負けていては集中力も効率も下がるばかりでしょう。それではいつまで経っても、目標スコアを達成することはできません。

ですが、それらの誘惑に打ち勝ち「600点絶対取る!」という気持ちという気持ちを持ち続けることができれば、あとは勉強するだけです。

勉強時間

先ほど、勉強時間よりも内容が大切という話をしましたが、少し勉強時間の話をしていきます。そもそも、TOEICで受験者が目標スコアを達成できている割合を知っていますか?

これには私も驚いたのですが、実は70%以上の受験者が目標スコアを達成できていないことが、リクルート(スタディサプリ)の調査でわかっています。さらに詳細に原因を調査してしてみると、81%以上が1日あたり1時間未満の学習で目標スコアを達成しようとしているのです。

確かに勉強時間よりも質が大切ですが、質を担保するためにもある程度の量は必要だということを覚えておいてください。ただ「忙しくて勉強時間を確保できない」もいると思いますが、そういった人はスキマ時間を活用することをオススメします。

スキマ時間の活用

忙しくて勉強時間が確保できない、という人にオススメなのが隙間時間を活用してスコアアップする方法です。

日常生活を振り返ってみると、意外とスキマ時間が多くあります。例えば電車の中や待ち時間など。今までSNSに使っていた「5分」をどうするかが重要な選択だと思います。

スキマ時間の活用は、TOEICのプロ講師である関先生も提唱していて「スキマ時間をうまく活用すれば1日1時間はプラスして勉強できる」と言っています。この一時間の積み重ねこそがスコアアップの分かれ道だということは、言うまでもありませんね。

>>TOEIC対策は隙間時間を活用せよ!おすすめ最強アプリ3選!

TOEIC600点を取るための勉強法

FirmBee / Pixabay

ここからは、TOEIC600点を取るための勉強法を書いていきます。最初に言っておきますが、TOEIC600点を取得することはそこまで難しくありません。正しい勉強法を継続することさえできれば、誰れにでも取れるスコアです。

まずはしっかりと基礎を固めることを優先しましょう。

テクニックやノウハウに頼った方法でも多少の効果はありますが、それだけで600点を取れるほど簡単ではありません。テクニックから先に覚えてしまい、本来学ぶべきはずの文法を後回しにしている人は600点を取れません。

単語力を鍛えよう

600点に限らずどのスコア帯でも、単語数を増やすことは重要です。知っている単語が増えれることで、読める英文も増え、結果的に解ける問題数が増えます。また、リスニングで聞き取れる音も増えるので、リスニング力を鍛える上でも大切です。

よく英文法や長文対策は対策しているのに、スコアが伸びないと悩む人がいますが、目標スコアを達成するための十分な単語数を覚えているか確認してみましょう。

ただ単語は、暗記するだけでは意味がありません。単語の意味はもちろん、その使われ方や発音、関連語を一緒に覚えることで、TOEICのスコアアップにつながります。

単語の勉強は地味なので、嫌いな人も多いと思います。しかし、単語の勉強をサボってしまう人ほど、TOEICのスコアが伸び悩んでしまう人が多いのも事実です。

英文法は全ての基礎

600点を取れない人の特徴として、基礎的な英文法が抜け落ちてしまっていることがあげられます。500点までであれば、単語やテクニックだけでも取れますが、600点を達成するとなると、しっかりと英文法の基礎を固めておく必要があります。ただ覚えるだけでなく、「理解する」ことでテストで使えるようになるしょう。

また、英文法を理解することで、英文を読むスピードが格段に上がることはもちろん、リスニングの内容把握の力が身につきます。私もTOEICを勉強してみて気づいたのですが、英文法は本当に重要です。

600点を達成できていない人は、一度英文法を見直してみることをオススメします。しっかりと基礎を固めることが、のちのちスコアアップに必要になります。

問題を解いて

600点を超えるためには、今粗削りで覚えている知識をしっかりと覚えて・使える知識にする必要があります。つまり600点を超えるためには、何となくで覚えている部分を完璧にするのです。

ではどうするかと言うと、問題を解いて経験値を積むことです。

個人的にも多くの問題を解くことは、スコアアップにおいて重要だと思っていて、同じくらいの勉強をしていても、問題を沢山解いている人の方が点数が高いことが多いです。

TOEICを受験したことがある人ならわかると思いますが、TOEICには出題されやすい単語やフレーズ表現、よく扱われるテーマなどがあります。

そのため、問題を多く解くということは「経験値」として、問題を解くたびに蓄積されていくので、結果的に解ける問題の幅が広がり、スコアアップに繋がるのです。

TOEIC600点を取るために

langll / Pixabay

ここまでで何を勉強すれば、TOEIC600点を突破できるか考えてきました。

では、次に「何で勉強するか」ということを考えていきましょう。

例えば地図を貰って、目的地までの距離や方向は知ることができた。でも目的地までの行き方は沢山あります。歩く、車でいく、電車、新幹線、飛行機。最終的にどれでも目的地まではたどり着けるかもしれません。

ですが、それまでにかかる時間はバラバラです。歩いて行けば、めちゃめちゃ時間がかかりますし、飛行機で行けばすぐにたどり着けます。

今はたとえ話ですが、TOEICも一緒です。あなたにも目標スコアがあり、それを達成するために何をすべきかは知ることができたはずです。

なので、次は何を使って勉強すれば目標を達成することができるのかを考えていきましょう。私が考えるに選択肢は3つしかありません。

・参考書
・スタディサプリ
・TOEICスクール

それぞれのメリット・デメリットを考えていきましょう。

TOEIC対策を参考書でするメリット

Free-Photos / Pixabay

最低限の費用で済む

TOEIC対策を参考書ですることで、スクールに比べると費用をかけずに学習をすることができます。ただ、スコアアップを目指すのであれば、自分の弱点や問題のコツをしっかりと把握し、正しく勉強する必要があります。そのため参考書での勉強は、難易度としては高めです。

自分のペースで進められる

時間に余裕があり、基礎学習からじっくりと勉強することができる人は、解説を読むのも、単語を覚えるのもゆっくりと学習を進めることができます。数年単位で目標スコアを達成するのであれば、参考書でゆっくり勉強するのも良いかもしれません。

TOEIC対策を参考書でするデメリット

効率が悪い

参考書はTOEIC対策を完璧にすることは難しいですし、ひとりでは理解できない部分も多いです。そのため勉強効率が落ち、目標スコアを達成するのに時間がかかります。同じ勉強時間だとしても、参考書で勉強するよりも、スタディサプリやスクールの方が点数が高いことはよくあります。独学でスコアアップする自信があれば良いですが、確実に600点超えるのは難しいでしょう。

続かない

TOEICでスコアアップするためには、勉強を継続しなければいけません。しかし、どんなに努力家でやる気のある人でも、右も左も分からない状態で勉強するのは、精神的にきついく、挫折してしまいがちです。参考書で勉強すると、このような状況に陥りやすく、挫折してしまう人が多いです。

・どうやって勉強すればいいんだろう
・この方法で合ってるのかな
・点数が上がらない

私も600点の壁にぶち当たってしまい、右往左往していた時に諦めてしまうそうでした。独学で勉強するのは、予想以上にしんどいです。

自分が先生

参考書で勉強するとなると、参考書選びや参考書の内容を理解することにも時間がかかります。勉強しなきゃいけないのに「勉強以外に自分で考える」ことが多くなります。今となって気づいたのですが、参考書で勉強するということは、自分が「先生」にも「生徒」にもなるということなので、とても大変なのです。そのため、自分のペースでゆっくり時間をかけて勉強するなら参考書もありですが、忙しい仕事や家事の中で結果を求めるなら、参考書はオススメしません。

できるだけお金をかけずに、自分のペースでゆっくりスコアを上げたい人は、参考書で勉強することをお勧めします。

TOEIC対策をスタディサプリでするメリット

TOEIC対策が完結する

スタディサプリではパート1からパート7まで、スマホ1つあれば対策が可能です。TOEICのプロ講師が動画でわかりやすく、各パートの勉強法、問題の解説をしてくれます。なので、わざわざ参考書選びに悩んだり、理解する手間がなくなり、勉強に集中することができるため、勉強効率が上がります。

公式問題集の5倍の問題が解ける

スタディサプリには実践問題集というコンテンツがあり、本番に近いレベルの問題を解くことができます。問題を多く解けるということは、それだけ問題への対応力が付き、点数につながりやすくなるということです。さらにこの実践問題集は、公式問題集の5倍の問題数(2,000問)を解くことができるのです。正直、神授業と単語で基礎を固めて、実践問題集を解けばTOEIC600点は確実です。

関先生の「神授業」

スタディサプリを一躍有名にしたのが、関先生の「神授業」です。スタディサプリ内には、英文法を学び直せる動画コンテンツがあり、それを皆さんにも是非体験してほしいと思います。英文法は独学では対策が難しいですし、理解するのにも時間がかかります。

でも、スタディサプリは違います。今まで英文法が苦手でアレルギー反応が出るみたいな人も、英文法に対する考え方が根本から変わると思います。だって、今まで私たちが1時間かけて知ろうとしたものを、たった5分で理解できるのですから。

もし参考書でTOEICを勉強しようとする人にも「神授業」は是非体験してほしいです。今だけ無料で7日間全ての機能を体験することができます。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

・1週間完全無料
・期間限定で6,000円のキャッシュバックキャンペーン中

TOEIC対策をスタディサプリでするデメリット

結局自己学習

スタディサプリのデメリットをしいて言うなら「自己学習」という点です。個人的に、コンテンツの質、解説動画のわかりやすさ、アプリの使い易さは言うことがありません。

どのように学習を進めていくか、学習方法についても詳しく解説してくれるので、使い方がわからないということもないでしょう。それでもスコアが上がらない理由は「勉強をしない」しかありません。

いくらスタディサプリが良いサービスでも、勉強するのはあなたですから、勉強しなければスコアを上げることはできません。

TOEIC対策をスクールでするメリット

TOEICのプロに直接指導してもらえる

TOEICには、有効な対策方法や勉強法があります。TOEICを知り尽くしているプロの講師がいるスクールに通うことで、スコアアップに必要な対策や勉強法、コツやテクニックなどを学ぶことができ、最短でTOEICのスコアを上げることができます。

一人じゃないから続けられる

TOEICのスコアを上げるために1番重要なことは「続けること」です。何事もそうですが、続けることができなければ上達はありえません。独学で勉強していると途中で諦めてしまう人も多いですが、スクールでは導いてくれる講師もいますし、自分にあった学習方法やスケジュールを立ててくれます。スクールだと効果も実感しやすいので「できるようになる」という感覚がより一層、やる気にさせてくれます。

自分のレベルにあった勉強ができる

同じ目標スコアを目指す人でも、現時点での実力は違うため学習することも違います。この自分の実力にあった勉強というのが、スコアアップには非常に重要ですが、独学では自分のレベルに合わせた学習というのは難しいでしょう。ただスクールでは、プロの講師が一人ひとりにあった指導やスケジュールを立ててくれるので、よりより効率的に勉強することができます。

>>絶対にスコアアップしたい人向けのTOEICスクール4選!オンラインスクール有り!

TOEIC対策をスクールでするデメリット

費用がかかる

独学であれば問題集や参考書など、自分で費用を決めることができます。しかし、スクールでは、それなりの金額がかかることをは避けられません。正直、参考書やスタディサプリでかかる費用の何十倍です。

自己学習も必要

スクールに行くことだけで満足し、自己学習をサボってしまう人も少なくありません。もちろん、スクールで勉強するだけでも効果はあります。ですが、スクールに通った場合でも、どれだけ効率的に自習に時間を避けるかが、スコアアップにつながるポイントになります。

本気でスコアアップするなら

本気でスコアアップを目指すのであれば、参考書での対策はオススメしません。なぜなら、自分で考えることが多すぎて、勉強効率が下がってしまうからです。しかし、スタディサプリを利用したからといって、機能は良くても「スケジュール」や「カリキュラム」は自分で決めなければいけません。スクールは高すぎます。であれば、スタディサプリの「パーソナルコーチプラン」がオススメです。

パーソナルコーチプランとは?

オススメ度
運営リクルート
料金1週間無料
対策単語、文法、リスニング、リーディング、問題集

>>公式サイト

スタディサプリTOEIC対策コース「パーソナルコーチプラン」とは、ベーシックプランのワンランク上のサービスです。スタディサプリを全機能使えるだけでなく、あなた専属のコーチが学習をサポートしてくれます。短期間で200点以上上げたい人にオススメです。

  1. スタディサプリ使い放題
  2. 学習カリキュラム作成
  3. アドバイスチャット
  4. 通話カウンセリング
  5. 週課題の提出
  6. テキスト8冊無料

>>今だけ1週間無料体験を受けてみる!

>>スタディサプリTOEICパーソナルコーチプランの口コミと効果!

あなたがスコアアップしない理由

あなたが「スコアアップしない理由」は3つです。

  1. 時間がない(勉強時間)
  2. 気持ちが続かない(挫折)
  3. 間違ったやり方(勉強法)

時間がない

英語学習が続かない理由の1位は、ダントツで「時間がない」です。仕事や育児、学業などの理由により、まとまった勉強時間を確保することが困難な人が多いようです。しかし、ノー勉・ノー対策では当然スコアは上がりませんから、何とかして勉強時間を確保しなければなりません。スタディサプリを使えば「隙間時間を活用」できそうですが、結局できてもやらない人が大半です。

気持ちが続かない

また「学習へのモチベーションを維持するのが難しい」と答える方も多いようです。その理由の1つに、明確な目標が持ちづらいことが挙げられるかもしれません。就職や転職など明確な目標があったとしても、自分ひとりで黙々と続けていくことは簡単なことではありません。期限と具体的な目標点数を定めて、自分を奮い立たせることが必要です。「TOEIC頑張ろう!」という気持ちは、一瞬であれば誰もが持つことができます。ただそのモチベーションを保つのは、自分だけでは難しいことは知っているはずです。

間違った勉強法

上記画像を見ればわかる通り、スコア帯によって学習で力を入れているポイントは違います。単語、英文法、長文、リスニング、回答スピード。どれもスコアアップにおいて重要ですが、学ぶ順番によって実力の伸びは異なります。

例えばTOEIC600点に到達するまでは、最初に単語・英文法などの「基礎の見直し」を行った方が、スコアが上がりやすいです。なぜなら、長文もリスニングも、語彙力と文法力がなければ解けないからです(簡易説明)。

このようにいま自分が優先的にやるべきことを見極めなければ、なかなか効果を実感することができず、挫折しやすくなってしまいます。スタディサプリを上手く使えばスコアアップしますが「勉強の習慣」「モチベーションの維持」カリキュラムやスケジュールなどの「学習プラン」を作るのは難易度は高く、だからこそ独学で学習する人は、目標スコアを達成できずに挫折してしまいます。

もうTOEICで悩むのはやめよう!

アプリよりも確実に、スクールよりも圧倒的に安く、塾よりもわかりやすい学習をすることができます。短期間で集中して確実にスコアアップしましょう。もう勉強法で悩んだり、スコアアップしなくて落ち込んだりするのはやめましょう!今なら無料で7日間パーソナルコーチプランを体験することができます。

>>今だけ1週間無料体験を受けてみる!

パーソナルコーチプランがおすすめな人

・絶対にスコアを上げたい人
・短期集中でスコアアップしたい人
・英語初心者・中級者
・スコアが伸び悩んでいる人
・就活や転職、昇進など目的がある人
・今まで独学で挫折してきた人
・自分に甘くなってしまう人
・続けられない人
・自分のレベルがわからない人

>>今だけ1週間無料体験を受けてみる!

ベーシックプランがオススメな人

・参考書で勉強している人
・英文法が苦手な人
・時間がある人
・勉強時間が確保できない人

>>ベーシックプランの7日間無料体験を受けてみる!

最後に

いかがでしたか?グローバル化が進み、英語ができることは就活や転職、キャリアアップにも非常に密接に関わってきます。時間的に余裕のない人、英語が苦手で何をすればよいかわからない人も多いはずです。特にそのような人は「パーソナルコーチプラン」で学習のペースを掴み、目標設定をすることで、スコアが上がりやすくなります。短期間で集中して効果を出したい人にオススメです。

>>今だけ1週間無料体験を受けてみる!

最強のTOEIC対策「スタディサプリ」今だけ1週間無料体験キャンペーン!

スタディサプリ ENGLISHスタディサプリENGLISH「TOEIC対策コース」が今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。

ただ先着5,000名様限定なので、気になる方はお早めに。

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】前回のキャンペーンはすぐに終了しています。

>>スタディサプリTOEIC対策の効果や評判を知りたい人はコチラ