スコアアップ・勉強法

TOEIC600点の語彙力は?必要な単語数とオススメの覚え方について

こんにちは、パエリアです。

TOEIC600点に必要な単語数を知っていますか?

英語を勉強をする上で、避けては通れない道「単語の暗記」です。苦手としている人は沢山いますが、英単語の暗記法やコツなどは存在します。

英単語の勉強は基本的に地道なので、嫌いな人が多いですが、文法や長文、リスニングなどを勉強したとしても、核となる英単語を知らなければ意味はありません。

かといっても、どのくらいの単語を覚えればいいのか気になるところではあるので「TOEIC600点取るために必要な単語数」について調べて見ました。

よかったら参考にしてみてください。

単語数の増加はスコアアップに超重要

NeuPaddy / Pixabay

まず勘違いしている人がいたらまずいので、最初に言っておきますが「単語力のアップ」は超重要です。TOEICのスコアを上げる上で避けては通れない道です。

単語力の増加はTOEICのスコアアップに必要なことが3つあるうち、その1つが語彙力のアップです。正直に言うと、ボキャビル(単語の暗記)は大変なので、サボってしまう人は沢山います。

だからこそ言いますが、単語の勉強をサボってしまう人はスコアが伸びません。逆に単語の勉強をして、残りの2つを対策していけば自然とスコアは上がります。

ただ単語の勉強は果てしない旅に似ていて、目標がないと疲れてしまいます。まずはどのくらい覚えてれば良いのか見ていきましょう。

TOEIC600点に必要な単語数

TOEIC600点に必要な単語数は、約5,000単語と言われています。もちろん、700点や800点など、より高い点数を取るためには、覚える単語数も増えてきます。

「どんだけ単語覚えるんだよ」と思うかもしれませんが、この5,000単語は「I」、「am」、「a」、「pen」のように基本的な単語も含まれます。

なので、新しく覚える単語数は5,000単語よりも少なく、高校受験や大学受験で英単語をしっかりと勉強した人であれば、それほど多くない単語数かもしれません。

私は学生時代に英語の勉強したことがなかったので、単語を覚えるのはすごく苦労しました。とはいっても、英単語は英語を勉強する上で基礎になるので頑張りましょう。

ちなみに、各スコア別に必要な単語数は、あなたの語彙力診断!TOEICスコア別に必要な英単語数は?で詳しく解説しているので参考にしてください。

間違った勉強法をまずは正そう

TOEICのスコアアップのためには、単語力の強化が必要だと書きましたが、実は単語を覚えても点数が上がらないことがあります。

せっかく点数を上げるために、つらい単語の勉強を一生懸命やった!でも、スコアは前と変わらない。どうしてでしょうか?それは、勉強法が間違っているからです。

理由はいくつもありますが、私の経験上「こんなやり方だと意味ない」覚え方をいくつか紹介していきますね。

英単語のレスポンスが遅い

英単語を見た時に、瞬時に回答できますか?「えっと」と間が空いているようなら、英単語を覚えているとは言えません。

回答に時間がかかる英単語が1つでしたら問題ありませんが、TOEICに出題される単語1つずつに時間が必要であれば、改善する必要がありそうです。

TOEICは試験時間のわりに問題数が多いため、最後の方の問題は塗り絵をしてしまった経験もあると思います。単語1つのレスポンスを高めることで、時間が節約でき、何問か解くことができるかもしれません。

具体的に何をすれば良いかと言うと、何度も声に出して「体に染み込ませる」ことが一番です。何度も繰り返すことで、レスポンスも高まるはずです。

英単語を書いて覚えている

「英単語を書いて覚えている」これも英単語を覚えても、TOEIC600点が取れていない理由の1つになっているかもしれません。

というのも、英単語を書いて覚えるという勉強法ですが、そもそもTOEICでは英単語だけで解ける問題は少ないですし、英訳する機会も少ないです。

TOEICのテストがリーディングのテストだけならまだしも、TOEICはリスニングもあるので、英単語を書いて覚えるだけでなく、耳で聞いて、声に出して音で覚えるた方が効率が良いです。

ただ書かないと覚えられない難しい単語もあるので、そこは柔軟に対応してください。

そもそも単語を覚えていない

少し話が反れますが、そもそも英単語を覚えてないことはありませんか?

「そんなわけない」と思うかもしれませんが、自分では覚えたつもりになっても、いざ本番になると英単語が全然わからないことがあります。

私自身そうでしたが、英単語を暗記することと英単語を覚えることは違います。英単語の和訳と英訳をできて覚えたと思う人も多いと思います。

しかし、全ての英単語1つ1つに品詞や使い方があり、その英単語の用途を理解していないといくら暗記しても意味がありません。

TOEICは英単語を答える問題はありせんので、しっかりと英単語の使い方を知りましょう。

英単語の覚え方

最後に英単語の覚え方について書いていきますが、1から10まで書いているときりがないので、ここでは絶対に守ってほしいことしか書きません。

残りは、他の記事で詳しく英単語の覚え方について、書いているのでそっちを参考にしてください。

英単語の覚え方で絶対に守ってほしいことは、この2つだけです。

・必ず復習をする
・1冊の単語帳を完璧にする

当たり前のことしか書きませんが、意外とできていない人も多いので、参考にしてください。

必ず復習をする

英単語を勉強したら、必ず復習することを徹底してください。

「覚えたはずの単語を忘れてしまった」こんな経験ありませんか?

人間は単語を暗記してから時間が経つと、少しづつ忘れてしまう記憶のメカニズムがあります。これを忘却曲線と言います。そのため、覚えたはずの英単語も明日には忘れてしまう、といったことが起きるのです。

じゃあどうすればいいかと言うと、復習することで解決することができるのです。

忘れないためには復習が超大切!!

つまり、まず単語を覚えた時を100%とすると、1時間後には56%の単語を忘れてしまいます。これが忘却曲線です。

ただ忘れかけていた単語を復習することで、また100%の状態に戻すことができます。このように「忘れては復習」を繰り返すことで、いくら時間が経ってもその単語を忘れないようになるのです。

この段階まできて「単語を覚えた」と言えます。そのため、一回で完璧に覚えるよりも、少しでも良いので何度も単語に触れる方がずっと大切です。

1冊の単語帳を完璧にする

単語帳をすぐに新しいものに変える人がいますが、意味がありません。じっくりと1冊の単語帳を完璧になるまで繰り返し暗記しましょう。

私の実体験で申し訳ないのですが、単語帳を何冊も購入し、暗記をしては次の単語帳に進み、英単語を覚えたような気になっていました。

ですが、次のTOEICのテストでは前回と変わらず、わからない単語ばかり。家に帰って、一番最初に購入した単語帳を開いてみると・・・・。

「知らない単語ばかりでした」

TOEICのスコアアップには、単語力の強化は絶対です。しかし、新しい単語ばかり覚えようとしていると復習することを忘れてしまい、最初の頃に覚えたはずの単語も忘れてしまっていることがあります。

新しい単語を覚えたい気持ちもわかりますが、覚えたはずの単語を忘れてしまっては本末転倒ですので、まずはじっくり1冊を完璧にしてみてください。

それでスコアが変わらないようであれば、新しい単語帳を購入しましょう。

もっと英単語の覚え方を知りたい方は、覚えたら忘れない英単語の勉強法を詳しく解説!を参考にしてください。

最後に

今日はTOEIC600点を取るために必要な単語数について、書いてきました。5000単語と聞くと「案外少ないな」と思う人がいるかもしれません。

でも案外「TOEICで600点取るための5000単語」は多いですよ。書くことしかできない、読むことしかできない、発音することしかできない、意味がわからない、一瞬で単語のイメージがつかめない。

もし上のような状態が1つでも当てはまるなら「単語を覚えたとはいえません」。しかし、書くこと、読むこと、発音も、イメージもできるようになって5000単語覚えることができているなら、きっと600点取れると思うので、頑張ってください。

>>TOEIC初心者が1ヶ月で600点を取る勉強法!!最速でスコアアップするために必要なこととは?

>>TOEIC600点のレベルは?勉強法や大学別の難易度を徹底解説!

最強のTOEIC対策「スタディサプリ」今だけ1週間無料体験キャンペーン!

スタディサプリ ENGLISHスタディサプリENGLISH「TOEIC対策コース」が今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。

ただ先着5,000名様限定なので、気になる方はお早めに。

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】前回のキャンペーンはすぐに終了しています。

>>スタディサプリTOEIC対策の効果や評判を知りたい人はコチラ