参考書・アプリ

TOEIC公式問題集の難易度は?どんな人にオススメか徹底解説!

こんにちは、パエリアです。

公式問題集って難しい?レベルは?どんな人にオススメなの?

TOEICの参考書や問題集と言ったら、1番最初に公式問題集を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

そのくらいTOEICユーザーには人気の1冊ですし、TOEICを運営している公式から販売されているだけあり問題の質は非常に高いです。

ですが、みんなが公式問題集を使っている・購入しているからといって、公式問題集を購入してはいけません。

レベルや難易度など「自分にあう参考書・問題集」なのか、ということを見極める必用があります。

そこで今日は、公式問題集の難易度やレベル、オススメな人について書いていきたいと思います。購入を検討している人は、参考にしてください。

公式問題集とは?

公式問題集とは、TOEICテストの開発元であるETS(Educational Testing Service)が、作成した問題集です。

実際のテストと同じプロセルで作成された問題が収録されているので、問題の質はとても高く、多くのTOEICユーザーに人気で、Amazonのベストセラーにもなっています。

問題数は400問あり、模試2回分がそのまま収録されているようなイメージです。

▶amazonでベストセラーのTOEIC参考書4選まとめ!

公式問題集で勉強するメリット

なぜ公式問題集は、TOEICユーザーに人気なのでしょうか?ここからは、公式問題集でTOEICの勉強をするメリットについて書いていきたいと思います。

現在の実力を把握することができる

公式問題集と言われていますが、簡単に言ってしまえば模試2回分(400問)です。そのため、実施に問いてみることで、現時点での実力を把握することができます。

自分の実力を知らずに勉強始めるのは、地図も持っていないのに旅に行こうとするくらい無謀で、時間の無駄です。

そのため、最初に模試を解き実力を知ることで、自分のレベルにあった勉強をすることができます。

TOEICの本番前にリハーサルすることができる

TOEICの試験前日に、私は本番と同じように13時から模試1回分を解いています。もちろん、試験と同じ条件、2時間で200問です。

そうすることで、本番の流れをイメージすることができます。凄く集中するので疲れますが、前日に模試を受けるか、受けないかで本番の結果に大きく違いがでます。

特に初めてTOEICを受ける方や今回のテストで絶対に良いスコアを出さなければ行けない人は、ぜひ前日は模試を解いてください。

TOEICではお馴染みの先読みも問題集でやるのと、本番でやるのでは全然違います。模試は本番の前のリハーサルの役割もしてくれ、なおかつ自分の弱点も把握できます。

すぐに修正できない弱点もありますが、すぐに直せる点もあるのでオススメしています。

公式問題集でスコアアップすることができる

公式問題集は、TOEICのテストを作成しているETSが作っているので、問題の質は本番同様に高いです。

つまり、本番で使われる単語や表現、内容など「TOEICのスコアアップに必用なこと」が公式問題集は盛り沢山なわけです。

そのため、持て余すことなく公式問題集で勉強することができれば、間違いなくTOEICの点数は上がります。

ただ解説が少ないので、公式問題集で勉強するためにはある程度の実力が必用になるので気をつけましょう。

公式問題集のレベル・難易度

公式問題集にレベルはありません。しかし問題を解くだけでなく、公式問題集を使って勉強するためには750点レベルの実力が必用です。※個人的な主観です。

というのも公式問題集は、問題集や模試としての役割が大きく、通常の参考書のように事細かく解説が載っていません。

そのため英文法や単語など、わからないことが多い人には向いていません。つまり、そのスコア帯が750点より低い点数の人たちということになります。

いちいち調べて進めていくのも、時間がかかり効率が悪いです。わからないことを1から全部調べる根性と時間があれば良いですが、それよりも既存のもので勉強した方が良いです。

私も400点台の頃から公式問題集を使っていましたが、本当に猫に小判、豚に真珠状態でした。

今でこそ公式問題集の価値がわかりますが、現在の実力が750点以下であれば、もっと他に効率のよい勉強方法が沢山あるのでそちらで勉強しましょう。

750点以下の人にオススメな勉強法

TOEICで750点を取るためには、英語の土台となる基礎を固めて、その上に少し応用編を乗っけてあげるだけで達成することができます。

中学で習う英文法、目標スコアに必用な単語数、パート1とパート2のリスニング対策。パート5のリーディング対策。

はっきり言って、これだけでTOEIC600点は簡単に取れます。そして、更に点数を伸ばすのであれば、問題数をこなしていけば、自然と点数は上がります。

ただ、勉強をしているのにTOEICのスコアが上がらない人がいるのも事実で、その人たちの共通点は「正しい勉強法」を知らないことです。

正しい勉強法を知ればTOEICの点数は上がる

間違った勉強法で勉強しても、なんの意味もありません。只々時間が過ぎていくだけです。TOEICの点数を上げたいのであれば、まずは正しい勉強法を学びましょう。

ただ学校のようにTOEICのプロが近くにいて、正しい勉強法を教えてくれる。そんな環境があれば良いのですが、なかなかTOEICのプロはいませんよね!笑

TOEICを勉強している人は、独学で勉強している人が多く、正しく勉強するのは1人だと難しいかもしれません。

そんな人に私がオススメしているのが、スタディサプリのTOEIC対策コースです。

スタディサプリで300点アップ

スタディサプリはリクルートが運営しているTOEICアプリで、正しい勉強法や対策法など、スコアアップに必用な全てを学ぶことができます。

特に驚きなのが、スタディサプリを利用している人の多くが2ヶ月から3ヶ月の間に200点から300点のスコアアップに成功していることです。

私も使ってみましたが、機能やコンテンツの充実性もそうですが、TOEICのカリスマプロ講師である関先生が1つ1つ丁寧な解説が点数に直結しているのだと思います。

しかも動画で解説してくれるので、スタディサプリを使って勉強することで、今まで理解できなかった英文法や問題も解けるようになります。

月2,980円と値段は少々高い気もしますが、2ヶ月でTOEICのスコアが上がると思えば安いと思いませんか?

それに今なら1週間無料で全てのコンテンツが使えるので、独学でTOEICを勉強して
いる人はまずはスタディサプリを試してみてください。

▶スタディサプリTOEIC対策講座の評判や口コミは?大学生や社会人からのレビューまとめ!

1週間無料体験、返金保証キャンペーン

今ならスタディサプリの全ての機能を「1週間無料」で利用することができます。

1週間では、スタディサプリの全て体験することはできませんが、例えばリスニングが苦手ならその部分の神授業などを受けてみてはいかがでしょうか。

1週間まじめに勉強するだけで、スコアも変わってくると思います。

1週間無料体験、返金保証キャンペーンスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースが特別キャンペーン中です。今なら以下の特典がつきます。

・無料お試し期間:1週間
・返金保証あり
・月額2,980円⇛2,480円(12ヶ月プランの場合)

無料お試し期間中は全ての機能が使いたい放題です。(期限が決まっていないのでいつ終了するかわかりません。)

関先生の「神授業」を1週間体験してみれば、TOEICの正しい勉強法やノウハウが得られるので無料期間だけでも価値があります。

もちろん、1週間以内に解約すれば料金は発生しないので、まずはお気軽に試して見てください。

▶1週間無料体験、返金保証キャンペーンはコチラ

通常
1週間無料で体験できるので、ぜひ使っていてください。

最強のTOEIC対策「スタディサプリ」今だけ1週間無料体験キャンペーン!

スタディサプリ ENGLISHスタディサプリENGLISH「TOEIC対策コース」が今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。

ただ先着5,000名様限定なので、気になる方はお早めに。

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】前回のキャンペーンはすぐに終了しています。

>>スタディサプリTOEIC対策の効果や評判を知りたい人はコチラ