スコアアップ・勉強法

TOEICパート2の対策法!聞き取れない人のためにコツを解説!

こんにちは、パエリアです。

パエリア
パエリア
パート2が難しくて、全然聞き取れない。どうやって対策したらいいんだろう?

こんな悩みを解決します。

パート2は、コツさえ掴めば一気に解けるようになるので「簡単」と言われることが多いですが、実は難問も混ざっているため、聞き取れないと悩む人も多いと思います。

パエリア
パエリア
実際に私は20問付近でうろうろしていたよ! 

ただ、今日私が紹介することを意識して勉強すれば、しっかりスコアは上がります。

ぜひ参考にしてください。

パート2の概要

まずは、パート2の概要をさらっと解説していきます。

・パート2の特徴
・問題形式
・目標スコア別の正答数
・パート2の勉強時間

それぞれ説明していきます。

パート2の特徴は?

パート2は、完全に耳だけに頼るリスニングパートです。

パエリア
パエリア
質問文も、選択肢も冊子には印刷されていないです! 

パート1:写真がある
パート3と4:設問と選択肢が記載

言うなれば「ヒント無し」の状態のリスニングなので、苦手な人も結構いると思います。

問題形式

パート2は、日常での何気ない質問に対して、適切な回答をABCから選びます。

パエリア
パエリア
実際には、問題文は記載されていませんが、こんな感じです! 

Sould the projection room be booked in advance?
(プロジェクションルームは事前に予約する必要はありますか?)

A:I think Mr.chen has the key.
(Mrチェンが鍵を持っていると思います)

B:A maximum of seven people.
(最大7人です)

C:it’s not necessary.
(必要ありません)

目標スコア別の正答率

目標スコアにパート2の正答率が足りなくても、他のパートでカバーすれば問題ありません。

パエリア
パエリア
ただ目安として、知っておくのは大切だと思います! 

ちなみに、私はこんな感じで考えています。

目標スコア/990=パート2の目標正答率

つまり目標スコアが600点だとしたら「600/990=約60.6%」になるので、パート2だと25問中15問は取らなければいけません。

パエリア
パエリア
目安として考えてみてください! 
目標スコア正答率パート2の素点
900点90.9%約23問
800点80.8%約20問
700点70.7%約18問
600点60.6%約15問
500点50.5%約13問
400点40.4%約10問

ただ個人的には、パート2であれば、目標スコアの正答率より1つ高い正答率を目指すのがオススメです。

パエリア
パエリア
700点なら18問ではなく、20問以上を目指してください! 

パート3とパート4も、パート2と同じ正答率で解けるとは限りません。

なので、比較的に点が取り易いパート2で、他のパートをカバーする気持ちでいましょう!

パート2の勉強時間

パート2の勉強時間に関しては、個々の能力によるので、一概にはいえません。

パエリア
パエリア
よく言われるのが、225時間で100点です! 

オックスフォードのデータによると、100点アップするためには「約225時間」の学習が必要とされています。

なので、これを1つの基準として考えるのもアリだと思います。

パエリア
パエリア
ここからは個人的な意見です! 

個人的には、基礎英単語と基礎英文法ができている状態なら、約50時間くらいの対策で15問から20問くらいは解けるようになります。

パエリア
パエリア
だいたい600点に届かないくらいのスコアだと思います! 

そして、そこから30時間くらい勉強すると、安定して21点から23点くらいは取れます。

私の感覚だとこんな感じです!

パート2攻略のためのコツとポイント

次に、パート2を攻略するためのコツとポイントを解説していきます。

パエリア
パエリア
3つ解説していきます! 

・パート2のテクニック
・パート2が聞き取れない理由
・パート2は問題数を解こう

それぞれ解説していきます。

パート2のテクニック

これはどの教材でも言われることですが、パート2では文頭に全集中してください。

パエリア
パエリア
これだけで6割くらい取れると思います! 

例えば、パート2でこんな問題があったとします。

Q1:いつ野球をしますか?

A:公園でします。
B:友達のジョンとします。
C:明日します。

パエリア
パエリア
これは簡単ですよね!

「いつ=時間」について聞かれているので、Cが正解です。

この問題はどうでしょう?

Q2:〇〇野球をしますか?

A:公園でします。
B:友達のジョンとします。
C:明日します。

パエリア
パエリア
これはどれが正解か選べません!

Q2は、どの選択肢も入りそうなので、正解は不明です。

Q3:いつ〇〇〇?

A:公園で〇〇。
B:友達の〇〇。
C:明日〇〇。

パエリア
パエリア
これも選べますよね!

ほとんど聞き取れなくても「いつ=時間」を示しているので、1単語でも聞ければ、正解が導けます。

このようにパート2では、全文を聞き取れなくても、重要な単語を聞くことができれば、十分正解できるのです。

パエリア
パエリア
そして、その重要語がパート2では文頭に来ることが多いです!

・when
・why
・what
・who

もちろん、これだけでは対策は不十分ですが、知っているだけでグッと正答率は上がるはずです。

他にも、テクニックありますが「文頭に集中する」ことだけで大丈夫だと思います。

パエリア
パエリア
テクニックを磨くことよりも、リスニング力を上げることを意識してください!

パート2が聞き取れない理由

パート2を勉強していると、こんな悩みにぶつかるんじゃないかと思います。

・聞き取れない
・難しい
・速くてついていけない

ただ大前提として、パート2は難しいと思ってください。

パエリア
パエリア
実際に、上級者が1番点を落としやすいのがパート2だからです!

理由としては、聞き取る英文が短いので、その分詳細まで聞き取らないと、選択肢の判断に迷うことがあるからです。

ただこれは800点を超えてからの話なので、それ以外の人にはちゃんとした理由があります。

パエリア
パエリア
大体3つ!

・語彙力不足
・文頭に集中できていない
・問題を解き慣れていない

語彙力不足

パート2は英文が短い分、1単語あたりの重要度が高いので、知らない単語があると、一気に正答率は下がります。

パエリア
パエリア
だからこそ、語彙力は重要です!

特に多いのは、文字を見たら意味を思い出せるけど、音になると途端に意味不明になるパターンです。

例えば、こんな質問文があったとします。

Is there a drug store in this neighborhood?

この近所に薬局はありますか?

おそらく英文で見れば、ほとんどの人が意味を理解できると思います。

パエリア
パエリア
ただ、これが音声になった途端、ほとんどの人が理解できなくなります

つまり、単語と音が一致していないのが原因です。

なので、聞き取った音が自分のデータベースの中にある単語と結びつけることができず、悩んでいる間に音声は終わってしまい「あれなんだっけ?」と混乱してしまうのです。

パエリア
パエリア
そして、単語と音を一致させるためには、普段から音声を使って覚えていくことが大事です!

未だに「単語は書いて覚える」と実践している人は、リスニングが苦手になりやすいので、気を付けてください。

単語の覚え方がわからない人は『TOEICの単語の覚え方!1ヶ月で600単語覚えた勉強法!』を参考にしてください。

文頭に集中できていない

2つ目は、先ほど説明した文頭に集中できていないことが原因です。

全文聞き取ることができればベストですが、それができるのは上級者だけなので、全文を意識しすぎて、大事なポイントを聞き逃さないようにしてください。

パエリア
パエリア
あと、選択肢は超重要です!

選択肢は3つしかないので、確率としては33.3%と高確率であたりますし、正解以外の選択肢は、めちゃくちゃなことを言っていることが多いです。

なので正解を探すというよりも「いやこれ絶対違うだろ」という不正解の2つを探した方が、簡単だったりします。

パエリア
パエリア
正解を探すより、不正解を探す方が簡単だと思います!

なので、絶対違う選択肢を2つ見つけるのも、ありです。

問題に解き慣れていない

テクニックは大事ですが、それが通用するのは15問から18問くらいまでだと思います。

パエリア
パエリア
スコアで言うと、600点くらいですね!

実際、最近はパート2も何かしてきて、疑問詞で始まる問題や選択肢がひねくれている問題が増えています。

パエリア
パエリア
テクニックを通用しなくするためです!

なので正攻法としては、しっかりと問題を解き、パート2の経験値を積むことです。

そうすれば、どんな問題でも解けるようになるので、パート2は1つの問題を完璧にするより、より多くの問題を解くことがオススメです!

音の変化を知らない

音の変化を知らないのも、パート2が聞き取れない原因となります。

パエリア
パエリア
音の変化とは、単語同士が連結し、違う発音になる英語のルールのことです!

日本語で言うところの「ありがとう」が「ありがと」のようになる感覚に近いかもしれません。

例えば”pick it up”という文では、日本人であれば「ピック・イット・アップ」と発音しますが、ネイティブは「ピッキラップ」のように発音されます。

これは「子音で終わる単語+母音で始まる単語」という音の変化が発生し、単語同士が連結するため、違う単語のように聞こえます。

pick(子音)+i(母音)t(子音)+u(母音)p(子音)→連結

こういった英語独特な音の変化は、私が知っているだけでも6種類くらいはあり、ルールを知っておくだけでも、かなり便利です。

パエリア
パエリア
パート2が「聞こえない」と悩む回数が減るかもしれません!

詳しくは『スタディサプリの日常英会話について徹底解説!』の後半に「音の変化の種類」について解説されているので、参考にしてください。

パート2の対策法・勉強法

次に、パート2の対策法について解説していきます。

・パート2はディクテーション
・ディクテーションのメリット
・ディクテーションのやり方

それぞれ解説していきます。

パート2はディクテーション

パート2の対策は、ディクテーションがオススメです。

ディクテーションとは?

英語の音声を聞いて、聞き取れた英文を書いていく勉強法。

ディクテーション(Dictation)は、主にパート1とパート2の対策で紹介されます。

パエリア
パエリア
他にも、シャドーイングやオーバーラッピングなどの、リスニング勉強法が有名です!

シャドーイングについて知りたい人は『TOEICのリスニングはシャドーイングで対策!勉強法やコツを解説!』を参考にしてください。

ディクテーションのメリット

パエリア
パエリア
ディクテーションのメリットは、この2つです!

・集中力が高まる
・苦手な音が把握できる

一言一句聞き逃さないように書き取る勉強法なので、当然集中することは必須ですし、答え合わせの段階では、自分が苦手な音が把握できます。

パエリア
パエリア
どちらも、パート2を攻略するためには必要な力です!

聞き取れない音がわかったら、あとはそこを練習していくだけです。

ディクテーションのやり方

私が実践しているディクテーションの手順は、下記の通りです。

  1. 問題を解く
  2. 正誤だけ確認
  3. ディクテーション
  4. 答え合わせ
  5. 苦手な音の把握
  6. オーバーラッピング
パエリア
パエリア
特に注意が必要なのが③と⑥です!

簡単に説明します!

ディクテーションは限界まで

ディクテーションは、英文を1度聞いて終わりではなく、何度も何度も英文を聞き「もうこれ以上聞き取れない」という限界まで行います。

パエリア
パエリア
数回聞いて、終わりにしてはいけません!

英語でなく、日本語でも1度で書き取るのは、速すぎて難しいと思うので、英語ならなおさらです。

根気よく続けていきましょう。

オーバーラッピングで仕上げ

ディクテーションし終え、苦手な音を把握し終えたら、オーバーラッピングで仕上げていきましょう!

パエリア
パエリア
シャドーイングでもオッケーです!
オーバーラッピングとは?

音声に合わせて、発音する勉強法。

オーバーラッピングは、名前は知らなかったけど、実は実践している人も多いと思いますし、そのくらい簡単です。

パエリア
パエリア
オーバーラッピングのメリットは、こんな感じです!

・イントネーションがわかる
・リズムがわかる

語彙力もあって、単語の音も勉強しているはずなのに、パート2が聞き取れない場合は、この2つが足を引っ張ている可能性が大です。

そして、オーバーラッピングのように被せて発音することで、自分の発音と正しい発音の違いがわかります。

例えば「what」という発音1つでも、「ワット」と日本語発音している人と「ワッ」と最後の”t”を止める人では、リズムは異なります。

このように英語は、文字通りに発音されないことも多いですし、単語同士が連結して「違う音」になったりします。

パエリア
パエリア
つまり、オーバーラッピングで少しずつ修正していくのです!

最初は大変かもしれませんが、繰り返していくうちに、自然と発音などが強制され、聞こえなかった音が聞こえるようになるはずです。

更に詳しくは『TOEICにディクテーションは効果的?今日からできるやり方を伝授!』を参考にしてください。

パート2対策にオススメの教材

最後に、パート2対策にオススメの教材を紹介していきます。

・スタディサプリTOEIC
・公式問題集
・でる600問

オススメ順に紹介していきます。

スタディサプリTOEIC

スタディサプリTOEICは、スコアアップのために必要な全ての要素を、アプリ1つで学ぶことができます。

パエリア
パエリア
私も使っていますが、現時点で最強のTOEIC対策の教材だと思います!

・各パートの対策
・4000問を解き放題
・頻出単語を覚えられる
・英文法を動画で学べる
・初心者用の基礎講義(英文法+単語)
・神授業

全パート対策できるもの特徴ですが、パート2の問題も500問以上解けるので、パート2対策もばっちりです。

パエリア
パエリア
もちろん、アプリ内でディクテーションできます!

このように、アプリ内でディクテーションができますし、準備もいらないので、かなり楽です。

1番オススメです!

パエリア
パエリア
今なら無料で7日間使えるので、試してみてください!

まずは7日間無料体験を受けてみる!

公式問題集

次に紹介するのは、公式問題集です。

公式問題集は、公式が出している問題集というメリットはありますが、ディクテーションメインで考えるなら、スタディサプリの方が良いと思います。

ただ全パートの問題を解けるので、パート慣れするのには丁度良いですね。

パエリア
パエリア
公式問題集を1冊も持っていないなら、買っておいてよいと思います!

でる600問

でる600問は、パート2の問題を600問解くことのできる参考書です。

パエリア
パエリア
パート2の問題が600問解ける参考書は、少ないと思います!

なので、とにかく問題を解き、経験値を積み、対応力をつけたい人にオススメです。

おそらく、25問中20問付近をうろうろしている人なら、このでる600問を解くことで、もう1段階上に行けると思います。

パエリア
パエリア
パート2とパート5は、問題数がスコアアップの鍵だよ!

もっとパート2の教材を知りたい人は『TOEICパート2対策にオススメな教材!参考書3冊+アプリ1個』を参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか?

今日は、TOEICパート2の対策について書きました。

パート2は、コツを掴めばある一定まではグッと上がりますが、それ以上の伸ばすとなるとしっかりと対策する必要があります。

個人的には、勉強法や解説が動画で学べて、ディクテーション機能などが充実しているスタディサプリがオススメです。

パエリア
パエリア
無料期間中に体験してみてください!

まずは7日間無料体験を受けてみる!

スタディサプリTOEICが今だけ1週間無料体験キャンペーン!

スタディサプリTOEIC対策コースが今だけ1週間無料で体験できます。

いつまで参考書で勉強してるの?

・新しい参考書をすぐに購入する
・購入しても使わない
・効果が出ないのは参考書のせい
・もっと効率よく学習したい
・本気でスコアアップしたい

このまま勉強しても、あなたは目標スコアを一生達成できません。

なぜなら自分が使っている参考書を信じらず、学習に迷いが生じ、学習効率が著しく下がっているからです。

もしあなたが本気でスコアアップを目指すのであれば、スタディサプリTOEIC対策コースを使ってください。

パエリア
パエリア
今だけ無料で使えるよ!

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】キャンペーンには先着順です。