スクール・サービス

【1ヵ月】TOEIC200点から400点!誰でもできる勉強法!

こんにちは、パエリアです。

今日は、現在TOEIC200点台の人が「TOEIC400点を取るための勉強法」を解説していきます。自分の今の実力を考えると、TOEIC400点を取ることは無理なのではないかと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

TOEICでスコアアップする人としない人の違いは、正しい方法を知ってるかどうかです。今日この記事を読むことで、あなたがこれから何をすべきなのかを知ることができます。しかし、このまま何も知らずに勉強を続けても正しい方法を知らないので、時間だけが過ぎてしまいます。

後悔しないために、ぜひ参考にしてください。

【結論】200点から400点にスコアアップは可能?

rawpixel / Pixabay

まず最初に結論から言っておくと、TOEIC200点から400点に上げることは可能です。現在の実力が200点だろうが関係ありません。関係するとしたら、これから何をするかです。当たり前の話ですが、結局は行動するか・しないかです。スコアアップしたいなら、今から行動しましょう。

私もTOEIC250点から勉強を開始し、現在ではTOEIC800点を取得しています。留学経験もありませんし、学歴も3流大学卒です。つまりエリートではなくても、やり方次第でTOEICのスコアを上げることはできるのです。

TOEIC200点レベル

まずは、自分の実力を確認しましょう。TOEIC200点のレベルは、ハッキリ言って初心者レベルです。TOEICテストでは、ほとんど問題を解くことができないでしょう。しかし、現在の英語力が皆無だからといって、気にする必要はありません。なぜなら、ほとんどの日本人は200点台のレベルだからです。

日本人の英語力

日本人のTOEIC平均点は、580点前後です。そのため、200点のあなたと比べると「自分は英語できない」と勘違いしてしまうかもしれません。ですがTOEIC平均点は、TOEIC受験者の平均点であり、日本人全員が受験しているわけではありません。つまり、TOEICを受験している人たちは学習意欲が高く、平均的な日本人より英語能力が高いと考えられます。なのでTOEIC200点は、普通と考えて良いでしょう。英語ができないというレッテルを貼る必要はありません。

TOEIC400点レベル

TOEIC400点は、高校卒業レベルだと考えています。そのため、TOEIC400点を取るために必要なのは、テクニックやTOEIC対策ではなく、高校までの基礎的な英語を学びなおすことです。正直に言うと、TOEIC600点までは基礎固めすれば余裕で取れます。

TOEIC400点を取るために必要なこと

Myriams-Fotos / Pixabay

やる気

まずTOEIC200点台の人が、400点を取るために必要なのがやる気です。なぜなら、やる気がない人は途中で挫折してしまうからです。1日で200点は上がりません。そのためには、継続して勉強しなければいけません。わからないことが多く、勉強が嫌になってしまうこともあるでしょう。そんな時に、「TOEIC400点取ってやる!」というやる気が無ければ続けることはできないできません。

勉強時間

勘違いして欲しくないので、最初に言っておきますが「何時間勉強したら何点取れる」ということはありません。なぜなら、闇雲に勉強したところで効果的に勉強できなければスコアは上がらないからです。ですが、勉強しなければスコアが上がらないのも事実です。

これはリクルート(スタディサプリ)が調査したデータですが、TOEICでは受験者の70%以上が目標スコアを達成できていないという結果が出ています。

更に調べてみると、全体の80%以上が1日1時間未満の学習で目標スコアを達成しようと考えていたのです。1時間の学習でスコアが上がらないとは言い切れませんが、短期間でスコアアップしたいなら2時間は勉強時間を確保してください。

ですが中には、忙しくて勉強する時間を確保できない人もいると思います。そんな人は「隙間時間」を使って勉強することをオススメします。

隙間を使って勉強時間を確保

仕事やバイト、子育てで勉強時間を確保できない人もいるでしょう。そんな人は、隙間時間を活用して勉強時間を確保しましょう。

私たちの生活を見直してみると「隙間時間」は意外とたくさんあります。例えば、次の駅までの5分。今までなら、この5分をSNSやYoutubeでなんとなく過ごしていたかもしれません。ですが勉強する時間がないのであれば、この5分を活用して単語や文法問題を解いてみるなどが大切です。

1回1回の隙間時間は短くても、5分を繰り返して行くだけで1日でも多くの時間を確保することができます。TOEICプロ講師である関先生も推奨していて「隙間時間を活用することで1日1時間プラスして勉強できる」と言っています。この1時間が、スコアアップの分かれ道になることは間違いありません。

教材選び

TOEIC200点が選ぶべき教材は、後ほど説明するので割愛しますが、間違った認識を訂正しておこうと思います。それは、TOEIC200点台は参考書で勉強してはいけません。なぜなら、TOEIC200点台の人は参考書を理解するための基礎英語が抜け落ちているため、読んでも理解できないのです。参考書は、解説を読んである程度理解できる力があって効果を発揮します。なので、現段階で理解できない参考書を買うだけ無駄なのです。

TOEIC400点を取るための勉強法

klimkin / Pixabay

単語力アップはスコアアップ

まず200点台の人がやるべきことは、単語力アップです。おそらく200点台の人では、中学や高校で習う単語でさえ覚えていないと思います。単語を知らなければ、問題も解けず、英文も読めません。それではいつまでもスコアアップしません。

単語の暗記は地味なので、避けようとする人が沢山います。しかし、そうやって単語の暗記をさぼる人は、必ずスコアが伸び悩みます。勉強するのもしないのも自由ですが、200点から400点に上げる1番の近道は、単語力アップです。

単語はまとめて覚える

単語の暗記は、まとめて覚えてください。よく「1日10単語ずつ覚える」みたいなやり方がありますが、あれは効率が悪いのでやめましょう。確かに1日10単語ずつ覚えられれば、1週間後には70単語覚えていることになります。しかし、1週間後には1日目に覚えた単語を忘れてしまっているはずです。これをエビングハウスの忘却曲線といいます。

簡単に言うと、人は忘れる生き物だということです。せっかく覚えたことえも1時間後には「56%」忘れ、1週間後には77%忘れてしまいます。この忘却を防ぐためには、復習をすることが大切です。復習することで忘れかけていた単語を思い出すことで、忘れにくくなるからです。

1日100単語を1週間

少しずつ単語を覚えても忘れてしまうので、1日100単語を覚えて、同じ単語を1週間繰り返してください。1日100単語は無理!と思ってしまうかもしれません。ですがここで言う「覚える」というのは、完璧ではなく曖昧で構いません。曖昧でもいいので、1日で100単語覚えて、それを毎日繰り返します。そして、7日目はチェック日として自分でテストしてみて、わからなかった単語を重点的に暗記するようにしてください。確実にこちらの方が覚えられます。

単語は五感を使って覚える

単語は五感を使って覚えましょう。おなじみの書いて覚えるでも良いのですが、それではリーディングのための単語にしかなりません。書いて、見て、読んで、発音して、イメージするなど、様々な角度から単語を暗記することで覚えやすくなるだけでなく、リスニング対策にもなるのでオススメです。

リスニングはパート1とパート2だけで十分

TOEIC200点レベルでは、リスニングはところどころ単語を聞き取れたとしても、リスニングパートの大半は聞き取れないはずです。そのため、リスイングパートの中で難易度が高いパート3・4は捨て、比較的に短期間でスコアが上がるパート1とパート2を重点的に対策しましょう。

パート1とパート2はディクテーション

パート1とパート2の勉強法で1番オーソドックスで効果があるのは、ディクテーションです。このディクテーションという勉強法を中心に、リスニング対策をしていくことで「英文を正しく聞く」力が身につきます。

ディクテーションとは

ディクテーションとは、読み上げられる英文を書き取る勉強法のことです。このディクテーションを行うことで、英語を聞き取ることの集中力と聞き取れない音を把握することができます。

・集中力
・聞き取れない音の把握

ディクテーションのやり方

ディクテーションのやり方は、ざっくりとこのような流れで行います。

手順①:音源を聴く
手順②:聞き取れた音を書き取る
手順③:繰り返す
手順④:間違いをチェックする
手順⑤:精読する
手順⑥:もう1度ディクテーションをしてみる

手順①:音源を聴く

まずは音源となる英文を聴いてみましょう。ここはそこまで意識することはありません。準備体操だと考えてください。いきなり集中モードに入れるなら、このステップは飛ばして問題ありません。

手順②:聞き取れた音を書き取る

ここからが本番です。英文を聴いて、聞き取れた音を書き取りましょう。パート1の英文はは比較的に短文が多く、いちいち止める必要はないかもしれませんが、英文が長い場合や聞き取れない場合は1文ずつ止めても構いません。

また聞き取れない音でも「こんな感じかな?」と聞き取れる範囲で書き取ってください。例えば正解が”apple”だったとして「a」の部分だけ聞き取れたならそれを書いてください。本当はない単語でも聞こえた風に書き取ってください。

1番ダメなのが、綺麗に聞き取ろうとすることです。聞き取ることも大切ですが、ディクテーションは自分と正解のギャップを埋める勉強法です。きれいに書き取る必要はありません。たくさん間違えるのはOKです!

手順③繰り返す

英文を1度流して、聞き取れた音を書き取る。もちろん、これだけでは終わりません。何度も何度も英文を流し、聞き取り書き取りましょう。「もう限界、これ以上は絶対に聞き取れない」という所まで繰り返して終了です。絶対妥協はしてはいけません。この繰り返しは本当に大変ですが、効果は必ず出るので頑張りましょう。

手順④:間違いをチェックする

「もう無理、これ以上は聞き取れない」というところまで来たら、ここでやっと答え合わせです。とは言っても、○×をつける必要はありません。自分が聞き取った英文と正しい英文を見比べてみて、チェックすることはもちろんですが、どんな音が聞き取れていないのかをしっかり把握してください。

ディクテーションをしている時は「これ全く聞き取れないな」と感じても、答え合わせをしてみるとなんて事のない簡単な単語が聞き取れていないなどの発見もあります。ちなみに、私の場合は前置詞が全く聴き取れていませんでした。

手順⑤:精読する

書き取った英文のチェックが終わったら、次は精読をしましょう。精読とは、英文をより細かい要素で把握して理解を深めることです。普段は日本語訳や分からない単語を調べて終わりですが、品詞や時制、文法の構造などありとあらゆる角度から要素を分解してみましょう。

そうすることで、自分がなぜ聞き取れなかったのかをより正確に把握することができます。また、英文への理解が深まります。

・日本語訳
・単語&熟語
・時制
・品詞
・文法
・構文

最低でもこれらは把握してほしいのですが、もし難しいと感じるのであれば、文法や構文解釈までやる必要はありません。日本語訳・単語熟語の意味は確実にチェックしてください。

手順⑥:もう1度ディクテーションをしてみる

ここまで説明した⑥まで終わったら、最後にもう1度ディクテーションをして終了です。ディクテーションはとても地味な勉強法ですが、めちゃめちゃ効果があります。私自身もやりましたし、TOEICで高得点を取られている方のほとんどがディクテーションをしています。やった分の効果は保証します。

英文法

英語を勉強するうえで、英文法を理解することはとても大切です。これはTOEICに限った話ではありません。なぜなら英文法は、英語の基礎だからです。リスニングや単語を勉強したところで、基礎固まっていないので英語力アップには期待できません。だからこそ、高校までに習う英文法は確実に復習するようにしてください。

英文法は難しい

英文法は難しく、TOEICを受験する人たちの多くが苦手としています。なぜなら英文法は「理解」する必要があるからです。単語などの単純な暗記ではなく「なぜそうなるのか」を理解し覚えることでやっとテストで使えるようになります。ただ経験があるかもしれませんが、英文法の参考書は難しくて理解するのが大変です。そのため、独学で英文法を勉強すると、挫折するか・ちゃんと理解できないまま次に進んでしまうため、結局英文法はできないままです。

私も独学で失敗した

私も独学で英文法を勉強しましたが、英文法を理解するのに結局かなりの時間をかけてしまいました。スコアアップが目的じゃない方や時間のある方は、少しずつ英文法を学ぶのも良いですが、そうではない方「時間がない」「就活や転職でTOEICを使う人」は、独学で英文法を勉強することをオススメしていません。

少しお金をかけた方が効率がいい

TOEICでスコアアップを目指すなら、1番良いのはスクールに通うことだと思います。スクールでは、TOEICのプロに教えてもらうことができるので短期間で200点上げることもできますが、その分料金も高いです。それでしたら、スタディサプリのように英文法を動画で学べるサービスもあるので、個人的にはそちらがオスメです。

スタディサプリがオススメ

TOEIC対策アプリ1位
オススメ度
運営リクルート
料金1週間無料
対策単語、文法、リスニング、リーディング、問題集

>>公式サイト

「使いやすさ」「講義の質」「効果」を考えると、現時点でTOEIC対策で1番オススメなのは、スタディサプリです。なぜなら、スタディサプリにはTOEICでスコアアップするための全ての要素が揃っているからです。

・1400を超える頻出単語を効率よく学べるシステム
・公式問題集の5倍以上(2,000問以上)を解ける
・スキマ時間を活用して最短2分から対策可能
・超わかりやすい動画解説(通称:神授業)

独学でTOEICを勉強した感想は「もっと早くに誰かに教えてもらえば良かった」です。やはり独学だとわからないことも多く、参考書を使うと時間がかかり、効率が悪くなってしまいます。スタディサプリでは、各パートの解き方・勉強法などについて、動画で解説してくれるので本当にわかりやすいです。

その中でも個人的に1番良かったのが、英文法の講義がわかり易すぎることです。

今まで英文法が苦手で、英文法にアレルギーを持っている人でも関先生の神授業を受けることで英文法に対するイメージが180%変わります。だって今まで1時間かけて理解していたものを、たった5分の授業で理解できるようになるからです。

今なら無料で7日間スタディプリを体験することができます。すべての機能を完全無料で使うことができるので「自分に合うサービスなのか」を試してみると良いでしょう。

>>今だけ7日間無料体験を受けてみる!

実は、今まではTOEIC300点以下の人にはスタディサプリはオススメしていませんでした。なぜなら、スタディサプリも中学で習う基礎的な英文法の詳しい解説がありませんでした。そのため、TOEIC300点以下では使いきれないと思ったからです。しかし、最近新しいコンテンツが追加され、TOEIC300点以下の人が英文法の基礎を理解するためのコンテンツが追加されたからです。このコンテンツを勉強すれば、英文法の基礎を効率よく学べるので、ぜひ学習してみてください。

なぜスタディサプリはスコアアップできるのか

TEPPAN英単語

TEPPAN英単語では、TOEICによく出題される1,500以上の単語を効率的に学べるコンテンツです。もちろん、音声もついているので正しい音も一緒に学習できます。使い方も簡単で、テスト形式で繰り返し単語の出会うので単語帳よりも確実に覚えられるのです。

ディクテーション機能

独学では難しいディクテーションの学習を、スタディサプリ内でできてしまいます。日本語訳や音声スピード調整など基本的な機能はもちろん。それに加えて、書くのではなく入力するシステムになっているので、準備する手間もかからないのでとっても楽です。独学でやろうとすると大変なので、ぜひ試してみてください。

パーフェクト英文法(通称:神授業)

パーフェクト英文法(神授業)は、是非ともみんなに受けて頂きたい。これだけでもかなりの価値があると思います。英文法はTOEICのスコアアップに凄く重要ですし、全てのパートの基礎になるので対策は絶対必要です。

でも、英文法の対策はすごく大変だし、独学で勉強しようとしても中々うまくいかない人も多いと思います。それに英文法と聞くと、アレルギー反応起こす人もいますし、苦手意識持っている人も多いです。

だからこそ、関先生の神授業を受けてほしい。おそらく今まで英文法に抱いていたイメージが180%変わると思います。

追記:神授業について

私がスタディサプリで1番良かったのは、関先生の「神授業」です。

ちなみに英文法の授業だけではなく、次に紹介する実践問題集などの解説も動画であります。(これが素晴らしくわかりやすい)

その中でも1番感心したのが「英文法を基礎から学び直す」という姿勢です。

どうしても英文法の対策と聞くと、テクニックや裏技的なものを想像しがちですが、スタディサプリでは「英文法はそもそも何なのか」という基本を振り返って学習を進めることができます。

そのため「暗記重視」を終わらせて「理解」する学習に切り替えることができるのです。

もちろんTOEICは試験ですので、テクニックや裏技的なブラックな部分も存在しますが、結局それは小手先の知識になるので、最終的にはスコアは上がりません。その場しのぎです。

ですが、スタディサプリで英文法の基礎を学ぶことができれば、あとはもう単語やリスニングなどを積みあえるだけで、スコアは自然と上がります。

TOEICでスコアアップしたいなら、絶対に神授業を受けるべきです。

基礎英文法

基礎英文法とは、最近追加されたコンテンツで、英文法の基礎の基礎から学ぶ直すことができます。例えばパーフェクト英文法では「目的語には名詞が入ります」のような説明がありますが、そもそも名詞って何?と疑問に思うことあります。そんな時に名詞とは何かなどをわかりやすく学ぶことのできます。今までは英文法の基礎の基礎まで学び直せるコンテンツはありませんが、基礎英文法ができたのでTOEIC200点台の人もスタディサプリを使うべきです。

スタディサプリまとめ(オススメな人)

・絶対にTOEICのスコアを上げたい人
・目標スコアを取るのに期限がある人
・英語初心者・中級者
・スコアが伸び悩んでいる人
・勉強が続かない人
・独学が苦手な人
・就活や転職、昇進など目的がある人

英語力アップや自己啓発のため、TOEICのスコアを1つの指針としている人は、時間をかけ、少しづつ学習していくのも良いと思います。

ですが、グローバル化が進み、英語ができることは就活や転職、キャリアアップにも非常に密接に関わってきます。時間的に余裕のない人、英語が苦手で何をすればよいかわからない人も多いはずです。

特にそのような人は、スクールに通うことやスタディサプリのような実績のあるサービスを利用することで学習のペースを掴み、目標設定をすることで、スコアが上がりやすくなります。コツやテクニックだけで、スコアアップすることはできません。

プロに習うことで、最短で最適にTOEICのスコアを伸ばすことができます。ですが、勉強するのはあなた自身です。お金を払えば良いという考えではなく、しっかりと自主の時間も確保することは必要です。どのように自習するかで、効果を何倍にもすることができるのです。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

最後に

いかがでしたか?今日は、TOEIC200点台の人が400点を取るために必要なことを考えました。TOEIC200点の実力は初級者ですが、しっかりと基礎を固めることで劇的にスコアアップすることができます。ですが、勉強法や教材を間違えてしまうと後悔することになるので、実績のあるスタディサプリがオススメです。まずは7日間試してみてください。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

最強のTOEIC対策「スタディサプリ」今だけ1週間無料体験キャンペーン!

スタディサプリ ENGLISHスタディサプリENGLISH「TOEIC対策コース」が今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。

ただ先着5,000名様限定なので、気になる方はお早めに。

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】前回のキャンペーンはすぐに終了しています。

>>スタディサプリTOEIC対策の効果や評判を知りたい人はコチラ