コラム・お役立ち情報

大学生はTOEICをいつから勉強していつ試験を受けるべき?

こんにちはパエリアです。

就活を有利にするためにTOEICを勉強しようと思うけど、いつから勉強を始めらた良いんだろう?と思う大学生は多いと思います。

私も就活のためにTOEICを勉強して、大変お世話になりました。ただ、正直に言うと「もっと早く勉強しておけば」と後悔することも少なくなりません。

そこで今日は、そんな私の経験も含めて

・大学生はいつからTOEICを勉強し始めるのがベストか?
・試験はいつくらいから受験すべきか?

考えていきたいと思います。大学生は後悔しないように、ぜひ参考にしてください。

そもそも本当にTOEICは就活に有利なの?

skeeze / Pixabay

そもそも、就活にTOEICが有利説が半信半疑な大学生もいると思います。

これは信じるか信じないかの問題ですが、私も皆さんと同じように就活を経験しています。その経験と採用担当の目線で話すと「TOEIC」は有利です。

そして、これは実際のデータにも表れています。実は就活でどちらの学生を採用するか迷ったときは「TOEICのスコアが高い方を選ぶ」と7割近くの企業が回答しています。

つまり、TOEICを勉強しているか・していないかの差だけで人生が大きく違くなるのです。

就活が始まれば経験すると思いますが「あと一歩だったのに」ということはよくあります。それが何度も続くようではいつまでも内定を貰うことができません。だからこそ、内定を勝ち取るためにTOEICを勉強する必要があるのです。

大学生が目指すべき点数は?

履歴書やESに書けるのは500点から

就活で履歴書に書けるTOEICのスコアは、500点からです。

このスコアはTOEIC平均点帯である580点、大学生の平均点500点前後、新入社員に求めるスコアが565点ということを考慮して算出しています。

特に500点以下の点数を記載してはいけない等のルールはありませんが、就活での評価に繋がりません。また最悪の場合、英語ができない大学生と判断されてしまう可能性があります。

そのため、特にスコアを記載しなければいけないルールが無ければ500点以下のスコアを書く必要はありません。

就活で評価されるのは600点から

ではESや履歴書に書くだけじゃなくて、就活で評価されたい!と言う人は何点取ればいいの?という話ですが、それは600点です。

先ほどご説明した基準から考えても600点ですし、実際就活でもTOEICをアピールしている人は600点以上が多く、採用担当も関心を持って聞いていました。また弊社でも600点以上を採用の基準としています。

TOEICは最低でも2ヶ月以上前に受験すべき

TOEICは、最低でも就活解禁の2ヶ月以上前には受けるようにしてください。なぜなら、こちらのTOEIC結果発表まとめでも書かれている通り、試験から結果発表まで時間がかかるからです。

・ネット発表:試験から約20日前後
・公式認定書:試験から約1ヵ月前後

このように試験が終わってから最速で結果確認ができるWEBでも、約20日前後時間がかかります。また、公式認定書は試験終了の約1か月後です。

特に大手は就活解禁で就活生が一斉に応募します。その時に埋もれてしまわないように、TOEICを受験してアピールする準備をしておくべきです。

先ほどは600点と書きましたが、やはりスコアが高い方が良いのは当たり前です。では、いつから準備しておくかと言うことを考えていきましょう。

大学生はいつからTOEICの勉強を始めるべきか

obpia30 / Pixabay

TOEICは遅くとも就活解禁の6ヶ月には備えろ!

TOEICは遅くとも6か月前には準備しましょう。つまり、勉強を開始するということです。なぜ6ヶ月なのか、それには理由があって

・4か月以上勉強する時間を確保できる
・3回は試験を受けられる

4か月以上勉強する時間を確保できる

TOEICでスコアアップするためには、ある程度の勉強時間が必要です。就活の1ヵ月前に慌てて勉強したところで、思うような結果はついてこないでしょう。

ただ就活の半年前から勉強することができれば、対策する時間は十分あるので600点を取ることは難しくありません。それに大学に入学する学力があるのではれば、700点や800点を取ることもできるでしょう。

ただ注意してほしいのが、正しい勉強をするということです。

半年という限られた時間の中で効果を出すためには、無駄なことをしている暇はありません。正しい勉強、自分の実力にあった対策が必要になります。

これが一番苦労する部分だと思います。せっかく勉強しても、全然スコアが上がらない!という人も実際にいますからね。

ではどうすればいいの?という解決はのちほど教えますね。

3回は試験を受けられる

TOEICは年に10回チャンスが与えられるテストです。よく1回だけテストを受けるつもりの人がいますが、勿体ないです。最低でも3回は受験するのをオススメします。

何故かと言うと、1回目のテストは実力が出し切れないからです。私もそうですが、1回目のテストはほとんどの人が点数が低いです。これは東大生も一緒です。

3回受ける役割としては

・1回目:どんなテストなのかを体感する。実力は出し切れない。
・2回目:テストに慣れる。
・3回目:実力を出し切る。

こんな感じです。

先ほども書きましたが、1回目はテスト形式に慣れていないので、実力が備わっていても本来の実力より低いスコアになることを多いです。

2回目のテストでやっと慣れると思うので、3回目のテストでは実力を出し切り、就活に備えます。テスト結果が出るまでに約1ヵ月半くらいを見ておきましょう。

このように半年前から準備をしておくことで、3回以上はテストを受けることができるのです。

ベストは1年生からコツコツ

当り前ですが、ベストは大学1年生からコツコツとTOEICを勉強することです。これには2つの理由があって

・高校時代の貯金が残っている
・準備する期間が長い

基本的にこの2つのメリットがあります。

高校時代の貯金が残っている

大学生の学年別のTOEICスコアを見ると、大学4年生が最も高く、次点で大学1年生です。この結果から考えれられることは、大学4年生は就活に向けてTOEICの勉強をした。

そして大学1年生は、大学受験のために高校の頃に勉強した貯金が残っているためTOEICのスコアも高いことが考えられます。

このように早めからTOEICを勉強しておくことで、より高いスコアを目指すことができます。

準備する期間が長い

TOEICのスコアアップのためには、ある程度の勉強時間が必要です。それは長ければ長いほど時間があるので、より高いスコアを目指すことができます。

短期間でTOEICの点数を上げることもできます。ですが、もともとの英語基礎力が必要だったり、無駄をなくす正しい勉強法や進め方を知っている必要があります。

特に正しく勉強するということは意外と難しくて、せっかく実力があっても自分の実力に合った勉強法や進め方をしなければ、就活に失敗することもよくあることです。

ですが、そういったもともとの基礎力がなくても時間さえあれば点数を上げることは簡単です。だからこそ、私はできるだけ早く勉強を開始することをオススメしています。

では次にどうやって勉強すればいいかを考えていきましょう。

準備期間がない(就活まで6ヶ月)場合

就活まで時間がない場合は、

・いかに効率よく勉強するか
・自分の実力に合わせた対策をするか

が重要なポイントとなります。

そのため、大学受験でめちゃめちゃ英語が得意です!という方以外は、独学で勉強することはオススメしません。

時間があれば独学でも構いませんが、時間がない中で独学で勉強するのはかなりリスクがありませす。どうしても独学は効率が悪くなりがちですし、やはりTOEICのプロに教えてもらう方が確実にスコアが伸びます。

なので、オススメなのはスタディサプリのパーソナルコーチプランです。

パーソナルコーチプランとは?

・1400を超える頻出単語を効率よく学べるシステム
・公式問題集の5倍以上(2,000問以上)を解ける
・スキマ時間を活用して最短2分から対策可能
・超わかりやすい動画解説(通称:神授業)

パーソナルコーチプランとは、TOEIC対策NO.1アプリのスタディサプリのワンランク上のサービスです。

ベーシックプランと比べて料金は高くなりますが、ベーシックプランで使える全ての機能に追加して、あなた専用のメンターが学習のサポートをしてくれます。

学習プラン(スケジュール)を作成してくれたり、勉強のアドバイスや質問に答えてくれまうす。一人で勉強するのが難しい場合はこちらがオススメです。

就活まで時間がないからこそ、適切なスケジュール管理をしてくれたり、わからないを解決してくれる存在がいることで、劇的にスコアを改善することができます。

パーソナルコーチプランも今なら1週間無料で体験できるので「自分に合うサービスなのか」を体験するのが良いでしょう。もちろん、無料期間中に解約すれば料金がかかることはないので、安心してください。

>>まずは1週間無料で体験してみる!

*無料体験期間はいつ終了するかわかりませんので、早めに体験することを推奨しています。

準備期間が万全(就活まで8ヶ月以上)の場合

準備期間が万全な場合は

・独学(参考書)
・スタディサプリベーシックプラン

のどちらかで勉強しましょう。

個人的にはスタディサプリが最強

TOEIC対策アプリ1位
オススメ度
運営リクルート
料金1週間無料
対策単語、文法、リスニング、リーディング、問題集

>>公式サイト

正直、独学でTOEICを勉強するならスタディサプリが1番だと思います。

なぜなら、スタディサプリにはスコアアップに必要な要素がすべてが詰まっているからです。

・1400を超える頻出単語を効率よく学べるシステム
・公式問題集の5倍以上(2,000問以上)を解ける
・スキマ時間を活用して最短2分から対策可能
・超わかりやすい動画解説(通称:神授業)

数あるTOEIC対策アプリの中から、補助的学習でもなく、単元ごとの学習でもなく、演習問題だけでもなく、全てのパートについての学習ができ、それも実績のあるプロの講師がわかりやすく動画で解説してくれます。

独学でTOEICを勉強した感想は、誰かに教えてもらうのがベストだということです。やはり独学だと参考書を理解することが必用になるので、その分効率が悪くなってしまいます。

スタディサプリでは、各パートの解き方や勉強法についてわかりやすく動画で解説してくれます。なので、本当にわかりやすいです。

個人的に1番良かったのが、英文法の講義がわかり易すぎることです。

もし英文法が苦手な人がいたら、他の参考書やってないで、スタディサプリのパーフェクト講義を受けてみてください。もう、文法の参考書が必要なくなります。

今なら全ての機能を無料で使うことができるので、まずは、無料体験で自分に合うサービスなのか確かめてからが良いでしょう。

>>今だけ7日間無料体験を受けてみる!

これから独学で勉強する人に考えてほしいこと

PPPSDavid / Pixabay

正直に言うと、スタディサプリは良いサービスだと思います。だからといって、あなたに合うサービスなのかはわかりません。

だからこそ、

・自分は独学で勉強するべきなのか?
・スタディサプリを使って効率よくTOEICの点数を上げるのか?

これらのことを意識してほしいです。ここからは、独学で勉強するメリット・デメリット。そして、スタディサプリで勉強するメリット・デメリットを考えていきます。

独学で勉強するメリット・デメリット

メリット

参考書や問題集の費用が安い

独学で勉強する1番のメリットは、費用面と言えます。独学で勉強する場合、参考書や問題集を購入するお金はかかりますが、最小限のコストで勉強することができます。ただ本を購入したから点数が上がるわけではありません。自分の弱点や問題のコツをしっかりと把握し、正しく勉強をする必要があります。

自分のペースで学習を進められる

就活まで時間があるため、目標スコアを達成するスピードにこだわらないのであれば、自分のペースで学習を進められるので精神的な余裕ができます。

デメリット

独学は孤独です。スタディサプリのような正しい方法を教えてくれる人はいません。頼れる先生はあなた自身です。

例えば、常にこのような悩みを抱えながら勉強することになるので、不安でいっぱいになります。これは実体験です。

・どうやって勉強すれば良いんだろう?
・この方法で合っているのかな?
・効果は出るのだろうか?
・就活までに目標スコアを達成できるのかな?

不安や疑問が頭の中にある状態では、学習に集中しきることが難しく学習の効率を落としてしまうことも懸念されます。

勉強の効率が悪い

TOEICで効率よくスコアを上げるためには、正しい勉強法で学習を進めることがポイントです。しかし、正しく勉強することは意外と難しいです。独学で勉強している人の8割は、効率の悪い勉強法になってしまい、時間ばかりが過ぎてしまうこともあります。

続かない

継続して学習を続けることができなければ、スコアアップは難しいです。しかし、どんなに努力家の人であろうと、正しい方向もわからないまま1人で勉強するのは、精神的にきついです。就活まで時間があるとしても、サボってしまっては結局意味がありません。

進行を把握しにくい

就活までの時間を逆算し、スケジュールを立てたとしても予定通りに進むことは難しいでしょう。なぜなら、目標スコアを達成するための見立てはあなたのイメージでしかないからでうす。

そのため、自分で進行状況を把握するのは難しいのです。進行状況が把握できなければ、自身の課題にあった勉強をすることはできなくなってしまいます。

独学でTOEICの勉強をすることは、決して無駄ではありません。ですが、スコアアップするために重要なのは何なのかということを考える必要があります。

TOEIC対策にスタディサプリを使うメリットとデメリットは?

メリット

TOEICのプロに指導してもらえる

TOEICは試験なので、効果的な対策方法や勉強法があります。TOEICのプロ講師である関先生から、スコアアップに必要な対策や勉強法。そして、コツやテクニックなどを学ぶことができ、最短でTOEICのスコアを上げることができます。

一人じゃないから続けられる

TOEICのスコアを上げるために1番重要なことは「続けること」です。

ひとりで勉強していると途中で諦めてしまう人も多いですが、スタディサプリでは導いてくれる講師もいますし、わからないことは解決できます。

またスタディサプリを使うことで、短期間で200点アップなど実感しやすいので「できるようになる」という感覚がより一層、やる気にさせてくれます。

自分のレベルにあった勉強ができる

TOEICのスコアアップのためには、自分の課題を解決・対策することが大切です。当然ですが、500点を目指す人と900点を目指す人では勉強する内容も違います。

スタディサプリでは、各課題を解決するため動画解説やコンテンツがあり、それらを学習していくことで、効率的にスコアアップすることができます。

TOEICは英検や他の試験とは違い、英語初心者から上級者まで同じテストを受験します。そのため、目標スコアも違いますし、勉強法やスケジュール、テストで捨てる問題、解くべき問題など、全て違います。

このようなことは独学で学ぶことは難しく、できたとしても私のようにかなりの時間を有してしまいます。一方スタディサプリでは、プロがわかりやすく丁寧に解説してくれるので、効率よくTOEICのスコアを上げることができます。

デメリット

自己学習も必要

スタディサプリに入るだけで満足し、学習をサボってしまう人も少なくありません。ですが、スタディサプリに入った場合も、結局勉強するのはあなたです。「目標を達成するぞ」と強い気持ちを持たなければ、せっかくスタディサプリを使ったとしてもスコアは伸びません。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

TOEICのスコアアップにオススメなのは?

一概に、どちらがオススメというのはありません。学習の意欲やレベル、目的などがそれぞれ違うからです。これらを考慮して、スタディサプリがオススメな人、独学がオススメな人を書いていきます。

スタディサプリをオススメする人

・絶対にTOEICのスコアを上げたい人
・目標スコアを取るのに期限がある人
・英語初心者・中級者
・スコアが伸び悩んでいる人
・勉強が続かない人
・独学が苦手な人
・就活を成功させたい人

独学をオススメする人

・英語上級者
・TOEICの受験が豊富
・時間に余裕がり、独学が得意な人
・TOEICのスコアアップを目指していない人
(TOEICは英語力を図る指針としている人)

英語力アップや自己啓発のため、TOEICのスコアを1つの指針としている人は、時間をかけ、少しづつ学習していくのも良いと思います。

ですが、英語ができることは就活に密接に関わってきます。時間的に余裕のない人、英語が苦手で何をすればよいかわからない人も多いはずです。

特にそのような人は、スタディサプリで学習のペースを掴み、目標設定をすることで、スコアが上がりやすくなります。コツやテクニックだけで、スコアアップすることはできません。

TOEICはプロに習うことで、最短で最適にTOEICのスコアを伸ばすことができます。ですが、スタディサプリに入会したたところで勉強するのはあなた自身です。スタディサプリをに入れば良いという考えではなく、しっかりと勉強する気持ちがとても大切です。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

最後に

いかがでしたか?

今日は大学生はいつからTOEICの勉強を始めるべきか?ということを考えました。当り前ですが、勉強は早ければ早いほど良いです。

ですが私が大学生のころに比べて、独学以外でも勉強する方法は沢山あります。特に私も使っていますが、スタディサプリは本当に良いサービスです。

独学で勉強するのも1つの選択肢ですが、やはり人生の分かれ道である就活を成功させるため、スタディサプリを使うのも手だと思います。

まずは1週間無料で使えるので「自分に合うサービスなのか」試してみると良いでしょう。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

最強のTOEIC対策「スタディサプリ」今だけ1週間無料体験キャンペーン!

スタディサプリ ENGLISHスタディサプリENGLISH「TOEIC対策コース」が今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。

ただ先着5,000名様限定なので、気になる方はお早めに。

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】前回のキャンペーンはすぐに終了しています。

>>スタディサプリTOEIC対策の効果や評判を知りたい人はコチラ