スコアアップ・勉強法

50代から始めるTOEICの勉強法!私の父でもできた3つのポイントとは?

こんにちは、パエリアです。

50代からTOEICを勉強するのは無理かな?そう諦め気味の人はいませんか。

50歳からTOEICを勉強するのは、正直大変だと思います。年齢を重ねるにつれ、記憶力や体力の低下を感じている人もいるでしょうし、そもそも新しく何かを始めることさえ億劫になっているかもしれません。

ですが、これだけは言っておきたいことがあります。

それは、英語の学習に遅いはない!年齢は関係ない!50代からでもTOEICのスコアは上がる!と言いたいです。

実際に私の父は、50歳を過ぎてから英語を勉強し直し、3ヵ月で見事にスコアを上げることができています。

おそらく勉強する目的は違いますが、目標に向かって努力し、それを達成する喜びに年齢は関係ありません。

あの時勉強し始めれば良かったと「後悔する人生」ではなく「大変だったけど勉強して良かった」と思える人生にしましょう。

私の父が50代からTOEICを勉強し始めた理由

TeroVesalainen / Pixabay

父は銀行で働くサラリーマンですが、今年から昇進するための条件としてTOEICのスコアが考慮されるようになったそうです。

父は既に昇進後のポジションにいるので、特にスコアが求められることもないのですが「お前が取れるなら私にも取れる(笑)」と言って、TOEICの勉強を始めました。

これは後から聞いた話ですが、本当は、若い部下たちが昇進するためのに勉強するのに、上司である父が低いスコアじゃ示しがつかないと思ったらしいです。

英語を学ぶのに年齢は関係ない

最初に1つ、英語を学ぶ上での誤解を解いておきたいのが「英語を学ぶのに年齢は関係ない」ということです。

確かに体力的な面を考えると大変ですが、脳や記憶力に関しては若い人と比べてハンデはないと考えてください。

実は、人間の脳は学べば学ぶほど「学ぶのに適した形」となり、一方で「学ばなければ老いる」ことがわかっています。

そして面白いのが、一旦衰えた脳も「また新しいことを学ぼうとすれば戻る」のです。

老いを感じるのは一時的なもの

いやいや、そんなことないよ!実際に単語が覚えても忘れてしまうもの!と思う人もいるかもしれません。

ですが、記憶力や学ぶ力が落ちたと感じるのは。一時的なものなのです。朝すぐに目が覚めないように、記憶力なども元のように感じるには少し時間がかかるのです。

そんなネガティブなことを考えるよりも「老いを感じた」としても、一時的なものと考えれればポジティブな行動を起こせるはずです。

50代が勉強する上でとても大切な3つのポイント

skeeze / Pixabay

ここからは、TOEICを勉強する上で「50代の方だからこそ」意識してほしい3つのポイントを説明していきます。

つまり、私の父が勉強する上で大切にしていたことでもあります。先ほども言いましたが、

英語学習に年齢は関係ありません。TOEICでスコアアップする人・しない人の差はやるか・やらないかでしかありません。

やる気は超重要

いきなり精神論ですみません。ですが、50代でTOEICの勉強をするなら「やる気(覚悟)」は超重要なので用意してください。

と言うのも社会人の場合、平日はとにかく仕事で忙しく、飲み会に参加する機会も多いので、まとまった勉強時間を確保することは難しいからです。

勉強しなければスコアは上がりませんから、朝活したり、仕事終わりに勉強時間を作る必要があります。そんな時に、やる気がなければ「もっと寝たい」「今日は疲れたから」といってサボってしまう可能性が高くなります。

そうした負けそうな時に、自分を奮い立たせてくれるのは、あなたしかいません。確かに忙しい中で勉強するのは大変ですが、TOEICのスコアを上げるリターンも大きいので頑張りましょう。

父も最初は睡魔に負ける日々が続いていましたが、一度勉強することが習慣化することがでいれば、あとは大丈夫です。ポイントは5分でも良いので、毎日勉強することです。

隙間時間をうまく活用する

仕事が忙しくて「勉強時間を確保できない」と悩む人も多いと思いますが、そうした人は隙間時間を活用することをオススメします。

私たちの生活の中には、意識すれば至る所に隙間時間が存在します。例えば電車の中、次の駅までの「たった5分」をスマホをいじるか・問題を解くかでも大きくスコアは変わります。

プロ講師である関先生も推奨していて「隙間時間を活用することで1時間プラスして勉強できる」と言っています。この1時間をどう活用するかで「スコアが変わる」ことは言うまでもありません。

>>TOEIC対策は隙間時間を活用せよ!おすすめ最強アプリ3選!

独学をしない

個人的に1番守ってほしいのが、独学をしないことです。独学を全否定するつもりはありませんが、独学で勉強することによって効率が落ちてしまいます。

私もずっと独学で勉強してきましたが、いざ振り返ってみると「やっぱり誰かに教えてもらうのがベストだな」と感じてしまいます。

独学ですと、正しい勉強法を身につける時間もかかりますし、参考書の内容を理解することも必要になります。忙しい中、そこまで時間を使うことはできません。

できるだけお金をかけずに勉強したい!という人もいると思いますが、目標はあくまでもスコアアップであり、その目的に1番近い選択を考えましょう。

プロの講師に教えてもらうことで、効率よく勉強でき、なおかつスコアが劇的に変わります。お金をかけずに対策した結果、時間だけが過ぎてスコアが上がらなかったら本末転倒ですよね。

私の父が3ヶ月の間にやったこと

ここからは50代の父が「3ヵ月で700点を突破」するために実践してきたことを紹介していきます。大切にしてほしいことは、正しく勉強することを心がけることです。集中力が切れると、どうしても勉強が投げやりになりがちです。良かったら参考にしてください。

・実力を知る
・英単語
・リスニングの強化
・中学・高校の英文法の復習
・問題を解く

まずは模試で実力を知ろう

まず最初にすることは、模試(公式問題集)を解いて自分の実力を把握することです。現在地を知ることができれば、目標スコアを達成するために必要なことが、自然と見えてくるはずです。

ちなみに父は、リーディングが260点、リスニングが285点の545点でした。学生時代に英語が得意だったそうですが、予想より高くて驚いたことを覚えています。

単語力・語彙力の強化

TOEICのスコアアップを目指すうえで、単語数の強化、語彙力の向上はとても大切です。知っている単語が増えれば、読める英文も増えるので、結果的に解ける問題も増えます。

単語の英語は、地味でつまらないため嫌いな人も多いですが、そうやって単語の勉強をサボる人は点数が伸び悩むことを覚えておきましょう。

単語は五感で覚える

単語を書いて覚える人がいますが、効率が悪いのでやめましょう。書いて覚えたところで、使えるのは「リーディング」のみです。

せっかく単語を覚えるのですから、リスニングでも使える単語にしましょう。そのために、五感で覚えることを意識してください

単語を覚える時に、書くだけでなく・読んだり・見たり・発音したり・イメージしたり、様々な器官を刺激することで、効率的に覚えることができます。

リスニング

リスニングで大切なことは、英語に慣れることです。帰国子女や留学経験者でない限り、一朝一夕の対策では「何も聞こえない」状態で終わってしまいます。

そのため、しっかりとリスニング対策をしておく必要があります。すべて聞き取ることは難しいですが、傾向をつかめればスコアは上がるはずです。

ディクテーションとシャドーイング

リスニングの勉強法は、ディクテーションとシャドーイングで十分です。何より、リスニングの勉強で1番大切なことは「中途半端」で終わらないことです。

最初は聞き取れないことも多いですが、何度も繰り返しているうちに「なんとなく聞こえる」状態になります。その状態で終わらず「完璧に聞こえる」状態にしましょう。

1つの英文を完璧に聞き取るまで何時間もかかってしまうことありますが、我慢です。必ず効果が出ます。

>>TOEICのリスニングはディクテーションで完璧に!やり方や効果を徹底解説!

>>TOEICリスニングはシャドーイングで攻略!役立つ教材と参考書10選

中学・高校の英文法の復習

英文法は、すべての基礎です。なので、中学・高校で習う英文法を復習しておかなければ、いくら単語やリスニングの対策をしても意味がありません。

なぜなら、英文とは単語という要素を、英文法のルールに従って構成されているからです。このことを理解せずに、テクニックや小手先の知識だけでは、必ずスコアが伸び悩んでしまします。

だからこそ、今のうちに対策しておく必要があります。大切なのは、暗記ではなく「理解」です。

問題を解く

単語と英文法の基礎を学んだら、どんどん問題を解いていきましょう。ちなみに、短期間でスコアアップする人は、圧倒的に問題を解いてます。

なぜなら、問題を多く解くことで、経験値が自分の中で蓄積され、問題を解きやすくなるからです。TOEICには最頻出の単語やフレーズだけでなく、長文のカテゴリーなどもパターンが決まっているので、問題を解くことでスコアがあがりやすくなるのです。

ディクテーションとシャドーイングは勉強法なので、この「問題を解く」ステップでも実践してみてください。

どうやって勉強するか

lukasbieri / Pixabay

ここまでで、なんとなくでも「何を」勉強するかが見えてきたはずです。では、次に「何で」勉強するかを考えていきましょう。

勉強することばかりに気を取られて、このステップをないがしろにする人がいますが、勿体ないです。なぜなら「何で」勉強するかによって、勉強効率が100にも1にも成りえるからです。そしてTOEICを勉強するとしたら、選択肢はこの3つです。

・参考書
・スタディサプリ
・スクール

ここからは、それぞれのメリット・デメリットを考えていきましょう。

TOEIC対策を参考書でするメリット

コストを最小限に抑えられる

TOEIC対策を参考書ですることで、コストを最小限に抑えることができます。そのため、できるだけお金をかけたくないという人にオススメです。

ただ参考書で勉強する場合、自分のレベルや弱点、対策するべきポイントを抑えなければ意味がありませんので、参考書選びには気をつけてください。難易度は高めです。

自分のペースで進められる

参考書を使うことで、自分のペースで勉強を進めることができます。既に自分の勉強法が確立され、何をすべきかがはっきりしている人であれば、自分のペースで進められるのは嬉しいですよね。

ただ自分でペースを決めるので、スケジュール管理をしなければ「いつまでもスコアが上がらない」という結果になるので、気を付けてください。

TOEIC対策を参考書でするデメリット

勉強効率が下がる

参考書で対策することで、勉強以外に考えることが多くなり、勉強効率が確実に落ちます。

今パッと考えただけで、これだけのことを「勉強しながら」「自分で」考えなければいけないので、勉強効率が落ちるのは当然と言えば当然かもしれません。

・正しい勉強法/対策法
・問題を解くときのコツ
・問題の解き方
・タイムマネジメント
・勉強カリキュラム
・自分のレベルに適した参考書選び
・他の参考書との比較

私も参考書で勉強してきたからこそわかりますが、参考書で勉強するということは、あなた自身が「先生」でもあり「生徒」でもあるということです。自分と同じ実力の先生に教わろうとは思いませんよね?参考書で勉強するということは、つまりそういうことです。

参考書選びが大変

参考書は、自分のレベルにあって・自分の対策したいことで、自分が好きな参考書でなければいけません。しかし、実際そんな良い参考書に巡り合えることってあんまりないです。

私は、めちゃめちゃ参考書を購入して、読んで解いたので、ある程度わかるようになりましたが、いまからそれやるのは苦痛です。

実際お金もかかりますし、購入しても使わない参考書は山ほどありました。1冊だけなら参考書は安いですが、1冊で終わらないので結構お金かかります。

精神的にきつい

参考書で勉強するのは、精神的にも結構きついです。なぜなら、独学で勉強する場合「これでいいのか?」「あってるかな?」という疑心暗鬼に常に襲われます。

自分が勉強していることが正しいのかわからない。これは、かなりつらいですよ。

自分を疑ったら、もちろん勉強効率は下がり、効果を実感できないという悪循環にはまってしまいます。なので個人的には、参考書で勉強することをオススメしていません。

>>今から私がTOEICの勉強をするなら絶対に参考書を使わない理由

TOEIC対策をスタディサプリでするメリット

TOEIC対策が完結する

スタディサプリは、パート1からパート7まで、スマホ1つあれば「TOEICの全パート」が対策可能です。

TOEIC各パートの勉強法や問題を、プロ講師がわかりやすく動画で解説してくれるので、わざわざ参考書選びに悩んだり、勉強以外に自分で考えることが減り、集中することができるため、勉強効率が上がります。

隙間時間を活用できる

50代であれば仕事も忙しいでしょうから、いかに「隙間時間を活用するか」がポイントになります。

スタディサプリを使うことで、最短3分からTOEIC対策をすることができるので、通勤時間だけでも濃い対策ができます。もちろん隙間時間でできることも多くて、単語対策はもちろん、文法の解説動画をみたり、問題を解くこともできます。

隙間時間で、これほどピンポイントで対策できるものはありません。

関先生の「神授業」

個人的にスタディサプリを使って感心したのが、関先生の「神授業(英文法の講義)」です。長らく英語から離れてる場合、英文法を復習する必要がありますが、Forestなどの分厚い参考書の丸暗記は効率が悪いですし、何より勉強する気が起こりません。

ですが、関先生の授業では、暗記ではなく「理解」することがメインなので「なぜ」という根本的な部分を知ることができます。

暗記ではないので自然と覚えられますし、びっくりするくらい解説が丁寧です。おそらく英文法が苦手でアレルギー反応が出るみたいな人も、英文法に対する考え方が根本から変わると思います。

だって、今まで私たちが1時間かけて知ろうとしたものを、たった5分で理解できるのですから。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

スタディサプリのデメリット

結局自己学習

スタディサプリのデメリットをしいて言うなら「自己学習」という点です。個人的に、コンテンツの質、解説動画のわかりやすさ、アプリの使い易さは言うことがありません。

どのように学習を進めていくか、学習方法についても詳しく解説してくれるので、使い方がわからないということもないでしょう。

それでもスコアが上がらない理由は「勉強をしない」しかありません。いくらスタディサプリが良いサービスでも、勉強するのはあなたですから、勉強しなければスコアを上げることはできません。

スクールでTOEIC対策をするメリット

TOEICのプロに直接指導してもらえる

講師はTOEICのプロなので、スコアアップに必要なことを全て学ぶことができます。

勉強法や対策ポイントはもちろん、自分のレベルやスケジュール管理などもしてくれるので、勉強に集中でき、勉強効率がアップするので、短期間でスコアアップが可能です。

継続できる

TOEICのスコアを上げるために1番重要なことは「続けること」です。何事もそうですが、続けることができなければ上達はありえません。

独学で勉強していると途中で諦めてしまう人も多いですが、スクールでは導いてくれる講師もいるので継続できます。誰か導いてくれる人がいるだけで、勉強への身の入り方が違います。

自分のレベルにあった勉強ができる

同じ目標スコアを目指す人でも、現時点での実力は異なるため、学習することも違います。

この自分の実力にあった勉強というのが、スコアアップには非常に重要ですが、独学では自分のレベルに合わせた学習というのは難しいです。

ただスクールでは、プロの講師が一人ひとりにあった指導やスケジュールを立ててくれるので、よりより効率的に勉強することができます。

スクールでTOEIC対策をするデメリット

高い

スクールのデメリットは、コスト面がめちゃめちゃ高いことです。もっと安すくて、家の近くにあれば、スクール一択です。正直、参考書やスタディサプリでかかる費用の何十倍です。お金に余裕がある人は、スクールへどうぞ!

>>絶対にスコアアップしたい人向けのTOEICスクール4選!オンラインスクール有り!

総合力ではスタディサプリが1番

オススメ度
運営リクルート
料金1週間無料
対策単語、文法、リスニング、リーディング、問題集

>>公式サイト

「勉強のしやすさ」「効果」「費用」を考えると、現時点で1番よいのはスタディサプリです。というのもスタディサプリには、スコアアップに必要なものが全て揃っているからです。

・スキマ時間を活用して最短2分から対策可能
・TOEIC最頻出1,500単語を効率よく覚えられる
・公式問題集の約5倍の問題数
・超わかりやすい動画解説(神授業)

数あるTOEIC対策アプリの中から、全てのパートを対策でき、それも実績のあるプロ講師である関先生がわかりやすく動画で解説してくれます。

私も独学で800点を達成することができましたが、今思うと「誰かに教えてもらうのがベスト」だと思っています。独学だと自分で理解する必要があるので、どうしても効率が悪くなってしまうからです。

もしあなたが本気でスコアアップしたいなら、まずは7日間の無料体験を使って、スタディサプリを体験してみることをオススメします。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

・7日間完全無料
・キャッシュバック6000円
・返金保証あり

もう英語学習に悩むのはやめよう

1つハッキリ言っておきたいのが、もう英語学習に悩むのはやめようということです。TOEICの勉強もそうですが、正しいやり方で勉強すれば、確実にスコアは上がります。

ですが、多くの人が手段と目的を間違えてしまい、失敗してしまうケースが多すぎます。その代表例が、参考書で勉強してしまうことです。

こんな経験ありませんか?

あなたは、こんな経験ありませんか?

例えば、書店にいって新しい参考書を買いました。その時はテンションが上がって勉強を始めるものの、少し経つと「これで良いのか?」「もっと効率よく勉強できないのか?」と迷い、いつの間にか手が止まっている。そして、新しい参考書や手段を探す。

これ私だけだと思ってましたが、英語学習にトライしている人なら、誰しも少なからず同じような経験があるのではないでしょうか?

参考書で、対策することが悪いわけではありません。勉強に迷いが出てしまうのが、よくないのです。迷いは集中力を下げ、勉強効率を下げてしまうからです。

それでしたら、もう選択に迷わないスタディサプリを使うべきでしょう。学生や新卒辺りで、時間をかけて勉強するならまだしも、50代から勉強するなら迷っている暇はありません。

確かに、コスト的には参考書の方が良いかもしれません。ですが、手段と目的を間違えてはいけません。大切なのは、スコアを上げることです。

もしあなたが本気でスコアアップしたいなら、まずは7日間の無料体験を使って、スタディサプリを体験してみることをオススメします。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

・7日間完全無料
・キャッシュバック6000円
・返金保証あり

父が目標を達成できた理由

父が目標を達成できた1番の理由は、自己投資を惜しまなかったことだと思います。TOEICのスコアを上げるために100万円かかってしまうなら考えますが、スタディサプリを活用するなど、勉強の効率を上げるためならお金をかけていました。

私もそうでしたが、参考書を使って独学でスコアを伸ばす方が多いと思いますが、TOEICをプロの講師に教わることで、理解スピードもスコアの伸び率も段違いです。

「ちょっと高いな」と感じたら、無料体験があるので、一度どんな内容なのか試してみるとよいでしょう。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

・7日間完全無料
・キャッシュバック6000円
・返金保証あり

スタディサプリTOEICが今だけ1週間無料体験キャンペーン!

スタディサプリTOEIC対策コースが今だけ1週間無料で体験できます。

いつまで参考書で勉強してるの?

・新しい参考書をすぐに購入する
・購入しても使わない
・効果が出ないのは参考書のせい
・もっと効率よく学習したい
・本気でスコアアップしたい

このまま勉強しても、あなたは目標スコアを一生達成できません。

なぜなら自分が使っている参考書を信じらず、学習に迷いが生じ、学習効率が著しく下がっているからです。

もしあなたが本気でスコアアップを目指すのであれば、スタディサプリTOEIC対策コースを使ってください。

パエリア
パエリア
今だけ無料で使えるよ!

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】キャンペーンには先着順です。