スコアアップ・勉強法

ゼロから始めるTOEICの勉強法!何から始めるかを徹底解説!

こんにちは、パエリアです。

今日は、英語が苦手だけど「TOEICの勉強を始めよう!」と思っている人に向けて、ゼロから始める勉強法を解説していきます。グローバル化が進み、英語ができる人の需要はどんどん高くなっています。ただ、その気持ちとは裏腹に「英語初心者だし」「何から始めればいいの?」と悩んでしまう人も多いでしょう。

ですが、安心してください。私も大学生の頃から英語を勉強しなおし、250点から800点を突破した「英語ができない人の希望」です。今日は私の実体験をもとに解説していくので、ぜひ参考にしてください。

現在地と目的地を知ろう

まずTOEIC初心者がゼロから勉強する場合、1番最初にすることは「現在地」と「目的地」を知ることです。なぜなら現在地と目的地、この2点を知らなければ適切な対策ができないからです。よく目標スコアだけ決めて「これ1冊で600点突破」みたいな参考書を購入する人がいますが、大きな間違いです。例えば目的地は「東京」と決まっていても、スタートする場所が「沖縄」と「神奈川」では手段が異なりますよね。TOEICの対策も一緒で、実力にあったアプローチを心がけましょう。

目標スコアの決め方

具体的な目標スコアが決まっている場合は、読まなくて大丈夫です。もし目標スコアが決まっていないのであれば、600点を目指すことをオススメします。600点を取れれば、平均点(580点前後)以上ですので、就活や転職活動でも役に立ちます。また600点を超えるためには、英語の基礎を学ばなければ取れません。なのでTOEICだけじゃなく「英会話も学びたい」と思っている人でも、必要な知識をつけることができるからです。なので、まずは600点を目指しましょう。

現在地の知り方

現在地に関しては、スコアを頼りにしてください。TOEICを受験したことがないようであれば、理解を深めるためにも1度受験してみるのがオススメです。テスト内容・難易度・雰囲気を知ることができます。ただ受験料が6,000円近くかかるので、それが嫌であれば公式問題集を購入してください。公式問題集には、模試2回分(400問)が収録されているので、模試を解き、採点してみればおおよその実力がわかるはずです。そして、現在地と目的地を確認したら、TOEIC対策をしていきましょう。

ゼロから勉強する上で大切なこと

ここからはゼロからTOEIC対策をする上で、知ってほしいことを書いていきます。TOEICでスコアアップしたいからといって、闇雲に勉強すれば良いわけではありません。特にこれから説明する3点は、とても大切なことです。しっかりと読んで理解してください。

・やる気
・勉強時間
・教材

やる気

いきなり精神論ですが、スコアアップする上で「やる気」はとても重要です。ゼロから英語を勉強し直すということは、簡単なことではありません。英語が得意であれば良いですが、そうでない方がほとんどではないでしょうか。それにも関わらず、勉強すべき時に「明日やろう」「Youtube見たい」などサボってしまっては、いつまでもスコアアップできません。自分を奮い立たせてくれるのは、あなたしかいないのです。だからこそ、まずは「やる気」を準備してください。

勉強時間

あまり勉強時間を意識するのはオススメしませんが、ノー勉・ノー対策でスコアが上がるほど、TOEICは簡単ではありません。特に初心者の場合、時間がかかる傾向にあるため、ある程度の勉強時間を確保する必要があります。

こちらはリクルート(スタディサプリ)の調査結果ですが、TOEIC受験者のうち約81%以上の人が「1日1時間未満の学習」で目標スコアを達成しようとしていることがわかります。ちなみに、TOEIC受験者の目標スコアを達成できるのは30%未満です。高得点ホルダーと私の経験から言うと、スコアアップしたいなら「1日2時間」の勉強することをオススメしています。

なぜ1日2時間かというと、1時間では「復習」と「新しい知識」のどちらかしかできないからです。復習だけではスコアアップしませんし、新しいことを覚えても復習しなければ忘れてしまうからです。だからこそ、1日2時間を推しています。

ただ仕事や家事で忙しく「勉強時間を確保できない」人もいると思うので、そうした人は隙間時間を活用することをオススメします。

隙間時間を活用せよ

勉強時間の確保が必要だとわかっていても、仕事や家事で忙しくて難しい人もいるでしょう。そうした時にオススメなのが、隙間時間を活用することです。私たちの日常には、意識しなければ気づけない隙間時間があります。その隙間時間を活用することが、勉強時間を確保できないなら必要です。

例えば電車の中、次の駅までの「たった5分」をいつも通りぼーっと過ごしてしまうか、勉強するかで全然違います。たった5分でも、アプリであれば単語や文法、問題を解くことだってできてしまいます。

このように、いかに隙間時間を活用するかがポイントです。たった5分ですから、1日でおいつけます。ですがこれが習慣化し、電車に乗るたびに勉強することができれば、追いつけないほどの距離になります。

プロ講師で有名な関先生も推奨していて「隙間時間を活用することで1日1時間プラスして勉強できる」といっています。この1時間がスコアアップに必要かそうでないかは、言うまでもありませんね。勉強時間を確保できないかも、と不安な人は、下記リンクを参考にしてください。

>>TOEIC対策は隙間時間を活用せよ!おすすめ最強アプリ3選!

教材

TOEICをゼロから勉強するなら、何で勉強するかをしっかりと考えましょう。どの教材で勉強するかによって勉強効率は大きく違います。例えば、同じ勉強時間だとしても勉強効率が違えば、効果も違います。100時間勉強して600点取れる人もいれば、100時間勉強しても300点を超えられない人は沢山います。そうならないためにも、教材選びは重要なのです。

ゼロから勉強するなら参考書はやめとけ

個人的には、参考書での勉強はオススメしません。なぜかと言うと、勉強効率が下がるからです。参考書で勉強するということは、参考書選びからカリキュラムの作成、スケジュール管理、勉強の理解など、すべての自分でやるため「勉強以外」に考えることが多くなってしまい、勉強効率が落ちてしまうのです

・正しい勉強法/対策法
・問題を解くときのコツ
・問題の解き方
・タイムマネジメント
・勉強カリキュラム
・自分のレベルに適した参考書選び
・他の参考書との比較

これだけのことを、勉強しながら自分で考えなければいけないのですから、勉強効率が下がるのは当然です。英語が得意だったり、ある程度勉強スタイルが固まっている人が参考書で勉強するなら良いですが、ゼロからTOEICを学び直すのあればオススメはしません。更に詳しい内容は、下記リンクを参考にしてください。

>>今から私がTOEICの勉強をするなら絶対に参考書を使わない理由

スコアアップのためにやるべきこと

ここからは、具体的にやるべきことを考えていきます。最初にも話しましたが、闇雲に勉強したところで意味がありません。なぜなら、上級者と初心者では対策することが異なるからです。特に英語を、TOEICをゼロから勉強するなら、多くのことは必要ありません。まずこの2つのことを徹底的にやってください。

・単語
・英文法

それぞれ見ていきましょう。

単語力アップはスコアアっプ

TOEICでスコアアップするためには「語彙力の強化」つまり、単語数を増やすのは必須です。これはどのスコア帯にも言えることです。知っている単語が増えれば、読める英文も増え、結果的にスコアアップにつながります。単語は地味な勉強なので嫌いな人も多いですが、単語の勉強をサボってしまう人は、その後伸び悩みます。それが嫌なら、しっかりと単語の勉強をしましょう。

単語は復習する

単語を覚えたら、必ず復習することを徹底してください。なぜなら、せっかく一生懸命覚えた単語も「復習しなければ忘れてしまう」からです。これは人間の記憶のメカニズムと密接に関連して、それをドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスが説明しています。

エビングハウスの忘却曲線

忘却曲線とは、ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスが提唱した「人の記憶の忘却について」の説です。この忘却曲線によると、人は時間が経つにつれて忘れてしまうということです。そのため、せっかく覚えた単語も「次の日には綺麗さっぱり忘れている」という経験はありませんか?それが、記憶の忘却です。。

・20分後には42%忘れる
・1時間後には56%忘れる
・9時間後には64%忘れる
・1日後には67%忘れる
・2日後には72%忘れる
・6日後には75%忘れる
・31日後には79%忘れる

だからこそ、復習が大事なのです。画像の通りですが、復習をすることによって「忘れてしまうはずだった単語」も忘れずにいられるのです。この復習を繰り返すことで、一生忘れない単語になります。”apple”という単語を復習していないけど、覚えてられますよね。それと一緒です。

英文は全ての基礎

おそらくTOEICをゼロから勉強しよう!と思う人は、英文法が苦手だと思います。というより、英語が苦手な人は圧倒的に「単語力」と「文法力」がありません。私もかつてそうでした。ですが、英文を理解するためには、英文法の知識が必要です。なぜなら英文とは、英単語と言う要素を、英文法というルールに従って並べ替えているからです。だからこそ、英文法を学ぶ必要があるのです。まずは、中学・高校でならう英文法から始めると良いでしょう。

英文法は暗記ではない

英文法が難しい理由は、単語のように「暗記」すれば良いのではなく「理解」することが求められるからです。多くの人が英文法も暗記すればいけると勘違いした結果、応用力が求められるテストでは通用せず「英文法難しい」となってしまうわけです。大切なのは英文法を暗記するのではなく、なぜそうなるのかを理解することです。

リスニング対策

リスニングは、慣れるしかありません。留学経験者や帰国子女であれば特別な対策をしなくても良いですが、そうでないのであれば対策は必須です。TOEICは何度も行われている試験ですので、テクニックも大切です。問題文を先読みしたりすることで多少は点数も上がるでしょう。ですが根本的な部分は反復しかありません。何度も何度も英文を聞いて、自分で発音して慣れていきましょう。

単語でリスニング対策

リスニング対策といっても、そこまで身構える必要はありません。ゼロから対策するなら、単語の暗記と一緒にリスニング力を鍛えましょう。何をするかというと、単語を覚える時に五感で覚えるようにするだけです。書いて覚えるだけでなく、見る、読む、発音する、イメージするなど、さまざまな器官を刺激するように覚えてください。音声を聞きながら発音するのがオススメです。

TOEIC対策は必要ない

まず最初に言っておきますが、英語が苦手でゼロから勉強し直すなら「TOEIC対策」は必要ありません。なぜなら、600点くらいまではわざわざ対策をしなくても、英語の基礎をきっちりと固めていけば自然と取れるからです。なので、まずは基礎を固めることを意識して、単語と英文法を学んでください。単語力と英文法の理解ができてきたら、平行してパート1・パート2・パート5の対策を進めてください。

・パート1
・パート2
・パート5

なぜこのパートかというと、これらのパートは「初心者でも比較的点数が取りやすい」からです。この3つのパートを集中して対策した方が、最初のうちはスコアが上がりやすいのでオススメです。

パート1とパート2はディクテーション

パート1とパート2は、ディクテーションで対策しましょう。ディクテーションとは、聞き取った音声をノートなどに書き出す勉強法です。ディクテーションをすることによって、英文を聞き逃さない「集中量」や「英語を正しく聞き取る力」を身に着けることができます。

上記画像は、パート1の例題です。1枚の写真を説明する4つの英文が流れるので、1番適切に写真の状況を表している選択肢を選びます。「二人は向かい合っている」とかが正解になります。

一方でパート2は、写真や文章が全くない「耳だけの力で答える」問題です。1つの質問文に対して適切な回答をAからCの3つの選択肢から選びます。

Sould the projection room be booked in adbance?
(プロジェクションルームは事前に予約する必要はありますか?)

A:I think Mr.chen has the key.
(Mrチェンが鍵を持っていると思います)

B:A maximum of seven people.
(最大7人です)

C:it’s not necessary.
(必要ありません)

このように1つの質問文に対して、適切な選択肢を選びます。パート1・パート2どちらとも、TOEICのリスニングパートでは比較的短い英文です。そのため、内容理解というよりもいかに「集中」して「聞き逃さない」かが重要になります。そのために、英文を正しく聞き取るディクテーションは、最高の勉強法なのです。詳しい勉強法は、下記リンクで説明しているので「そろそろディクテーションはやるか!」となったら参考にしてください。

>>TOEICのリスニングはディクテーションで完璧に!やり方や効果を徹底解説!

パート5対策

パート5は、短文穴埋め問題です。1つの英文のどこかに空欄があるので、AからDの4つの選択肢があるので、適切なものを選びます。

このように空欄に入る選択肢を選ぶ、シンプルな問題です。おそらく初心者であれば、英文の頭から読んでしまいますが、TOEIC経験者なら「選択肢」から読んですぐに答えることができます。この問題は、単語の意味を知らなくても解ける「文法問題」なので、解けないようであれば、やはり英文法と単語を勉強してください。

まず空欄の前にあるのが”unnecessarily(不必要に・無駄に)”という副詞です。副詞が修飾するのは名詞以外なので、名詞以外を選びます。となると、B・C・Dのどれかになるわけですが、空欄より少し前に”are”があることから「進行形」か「受動態」を探しますが、進行形がないので「受動態」になりうるDが正解になります。

少し何言ってるかわからないと思っても、英文法さえ勉強すればこの位の問題は秒殺できるようになります。とにかくパート5は、英文法と単語を学べば自然にできるようになります。

本気でスコアアップを目指すなら

ここまでで、ゼロからTOEICを勉強するなら「何をすべきか」が何となく見えてきら嬉しいです。今あなたがやるべきことは「英語の基礎」を固めることです。参考書を使って学び直すのも良いですが、参考書は自分で考えることが多すぎるので、初心者にはオススメしません。ゼロからTOEIC対策をするなら、スタディサプリがオススメです。

スタディサプリ

オススメ度
運営リクルート
料金1週間無料
対策単語、文法、リスニング、リーディング、問題集

>>公式サイト

「勉強のしやすさ」「効果」「費用」を考えて「本気でスコアアップを目指す」なら現時点で1番よいのはスタディサプリです。というのも、スタディサプリにはスコアアップに必要な全ての要素が揃っているからです。

・スキマ時間を活用して最短2分から対策可能
・TOEIC最頻出1,500単語を効率よく覚えられる
・公式問題集の約5倍の問題数
・超わかりやすい動画解説(神授業)

数あるTOEIC対策アプリの中から、全てのパートを対策でき、それも実績のあるプロ講師がわかりやすく動画で解説してくれるので、英語初心者でも安心です。

私も独学で800点を達成することができましたが、今思うと「誰かに教えてもらうのがベスト」だと思っています。独学だと自分で理解する必要があるので、どうしても効率が悪くなってしまいます。

だからこそ、スタディサプリを使って学習のペースやコツを掴み、効率よく勉強することがこれからTOEICを勉強する人には必要です。いつまでも勉強法やわからないことに悩んでいないで、勉強に集中し効率を上げていくことがポイントです。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

・1週間完全無料
・期間限定で6,000円のキャッシュバックキャンペーン中

スタディサプリで対策するデメリット

自己学習

スタディサプリのデメリットを挙げるとすれば、自己学習という点です。使ってみればわかりますが「使いやすさ」「質」「料金」「対策範囲」は素晴らしいのですが、さぼることも可能です。結局勉強するのはあなた自身なので、スタディサプリがよいものだとしても、勉強しなければ効果はでません。自分を律せないようであれば、マンツーマンレッスンがオススメです。

>>絶対にスコアアップしたい人向けのTOEICスクール4選!オンラインスクール有り!

スタディサプリのメリット

TOEIC対策が完結する

スタディサプリは、パート1からパート7までの全パートが「スマホ1つ」あれば対策可能です。各パートの勉強法や問題を、プロ講師が動画で1つずつ丁寧に解説してくれます。そのため、わざわざ参考書選びに悩んだり、勉強以外に自分で考えることが減り、集中することができるるので、勉強効率が上がります。

勉強時間が増える

スタディサプリを使うことで、活用することができます。そのため、仕事で忙しい人も勉強時間を確保することができ、スコアアップに繋がります。例えば電車の中、次の駅までの「たった5分」をスタディサプリなら、単語対策や文法の動画解説に変えてくれます。何気ない隙間時間を「いかに活用するか」が忙しい人の戦い方です。また少ない勉強時間でスコアアップするなら、いかに効率的に勉強するかも大切です。そう言った意味では、スタディサプリは最強です。

>>TOEIC対策は隙間時間を活用せよ!おすすめ最強アプリ3選!

コンテンツの質が高い

スタディサプリは、コンテンツ1つ1つの質も高いです。私が個人的に1番良かったのが、関先生の「神授業(英文法の動画解説)」です。英文法は暗記ではなく「理解」が必要なので、参考書では解説が足りなかったり、理解するのに時間がかかります。ですが関先生の講義では、解説が丁寧でわかりやすいので、英文法にアレルギーがある人でも、理解できるような内容になっています。英文法が苦手な人なら、確実に受けて欲しいコンテンツです。

返金対応可能

ちなみに、今スタディサプリはキャンペーン実施中で、1週間無料でスタディサプリの全機能を使うことができるので「サービスが合わなかった」というミスマッチも少ないです。また無料期間中の解約も簡単ですし、返金対応も受け付けているので安心して試すことが可能です。心配であれば、解約方法も確認しておいてください。

>>「写真付き」スタディサプリTOEICコースの返金制度と解約方法!

意外と料金も安い

スタディサプリは意外と安く、月額2,980円です。そして、基本的に2ヶ月から3月で200点アップしている人が多いので、8,490円くらいはかかります。

・1ヵ月:2,980円
⇒合計:8,480円(3カ月)

これだけ見ると「高い」と思う人も多いと思いますが、コンテンツの質。そしてスコアアップするためには、このくらいの出費が必要です。むしろ、1万円以内で劇的にスコアアップするなら安いですよね。

例えば参考書で勉強したとしても、最低このくらいはかかります。

・TOEIC対策本(概要本):1,800円
・単語帳:1,500円
・文法書:2,000円
・公式問題集:3,000円
⇒合計:8,300円

それに独学で勉強すれば効率も悪いですし、私は参考書だけで2万円以上使ったと思います。そう考えると、スタディサプリはとても安いと思います。1日換算にすると「たった83円」で全パートの対策が効率よくできます。お金をかけずに勉強したところで、スコアアップできなければ意味がありませんからね。

あとは行動するだけ

これだけTOEICを総合的に勉強できる教材は、アプリ・参考書を含めてもありません。スタディサプリでは、パート1からパート7まで対策だけでなく、基礎から英語を学び直すことができます。もう参考書選びに迷うこともなく、圧倒的な効果を出すことができます。特に関先生の神授業は、必見です。私も「こんな先生に教えてもらえたら、英文法で苦戦しなかっただろうな」と思いました。今から英語を学び直すなら、スタディサプリがオススメです。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

・1週間完全無料
・期間限定で6,000円のキャッシュバックキャンペーン中

>>スタディサプリTOEICコースの効果は?大学生や社会人の評判まとめ!

最強のTOEIC対策「スタディサプリ」今だけ1週間無料体験キャンペーン!

スタディサプリ ENGLISHスタディサプリENGLISH「TOEIC対策コース」が今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。

ただ先着5,000名様限定なので、気になる方はお早めに。

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】前回のキャンペーンはすぐに終了しています。

>>スタディサプリTOEIC対策の効果や評判を知りたい人はコチラ