参考書・アプリ

ディクテーションにオススメのTOEIC教材!アプリ3選+参考書2冊

こんにちは。

ディクテーション教材ってどれを選べばいいかわからないや・・。

アプリにしても、参考書にしても、種類が多くて「選ぶのに疲れた」という気持ちはわかります。

ですが、これから勉強していく教材を適当に選んでしまうと、絶対に後悔します。

なぜなら「なんか合わない」と感じてしまい、結局新しい教材を買うはめになるからです。

お金が勿体ないですよね。

だからこそ、この記事を読むことで、本当にオススメできるディクテーション教材がわかります。

お金と時間を無駄にしないためにも、ぜひ一読してください。

ディクテーションとは?

ディクテーションとは?

流れる英文を聞き、ノート等に英文を書き取るリスニング勉強法。

オススメの教材を紹介する前に、さらっとディクテーションの概要を解説していきます。

この3つは、しっかりと確認しておきましょう。

・ディクテーションの効果
・ディクテーションのやり方
・ディクテーションをやるべき人

それぞれ見ていきましょう。

ディクテーションの効果

「なぜディクテーションが必要なのか」を理解している人とそうでない人では、効果が大きく違います。

自分が勉強していることの意味を知ることは大事です!

理由は2つです。

・集中力
・弱点把握

ディクテーションをすることで、英文を聞き逃さないための「集中力」と苦手な音を「把握」することができます。

なので、特にパート1とパート2などの短文を、正確に聞き取る力が身に付きます。

ディクテーションのやり方

まずは、ディクテーションのやり方を確認しておきましょう。

せっかく教材を購入しても、やり方が間違っていたら効果がでない可能性もあります!

  1. 問題を解く
  2. 正誤だけ確認
  3. ディクテーション
  4. 答え合わせ
  5. 苦手な音の把握
  6. オーバーラッピング

ディクテーションする際は、音源を1回だけでなく「もう限界」となるまで、何度も聞くのが大切です。

詳しいディクテーションの手順は『TOEICにディクテーションは効果的?今日からできるやり方を伝授!』を参考にしてください。

ディクテーションをやるべき人

ディクテーションは、こんな人にオススメです!

・リスニング力を強化したい人
・パート1とパート2で8割取れない人

ディクテーションは、1つの音を集中して聞くので、リスニング力のアップに繋がります。

また何度も繰り返し聞くことで、今まで聞こえなかった音も、少しずつ聞き取れるようになります!

また個人的にはパート1とパート2を強化したい人にオススメです。

パート1と2が苦手な人は、ディクテーションメインで学習してみてください!

パート3とパート4でもディクテーションの効果はありますが、長文を聞き取るのであれば、シャドーイングの方が良いと思います。

シャドーイングについては『TOEICのリスニングはシャドーイングで対策!勉強法やコツを解説!』を参考にしてください。

ディクテーションの教材を選び方

次に、ディクテーション教材の選び方のポイントを解説していきます。

意識するのは、この3つだけ!

・アプリと参考書はどちらを選ぶ?
・レベルの合う教材を選ぼう
・TOEIC専用の教材を選ぼう

それぞれ見ていきましょう。

アプリと参考書はどちらを選ぶ?

最近は、アプリの質も高く、リスニングに関しては、参考書よりアプリで行った方が効果的です。

アプリでディクテーションするメリット!

・どこでもディクテーション可能
・音声が付いている

やはりディクテーションを参考書で行うと、場所と時間が必要なので、まとまった勉強時間を確保できないと厳しいと思います。

アプリなら、入力式でディクテーションができるので、どこでも対策可能です!

教材と音声が一緒になっているのも、ディクテーションし易いと思います。

レベルの合う教材を選ぼう

どの教材でも言えることですが、レベルの合う参考書を選びましょう。

例えば、TOEIC400点台の人と800点台の人では、実力も違うのですから、同じように対策しても意味がありません。

せっかく勉強しても、これでが逆効果です!

だからこそ、レベルの合う教材を選ぶことが大事です。

TOEIC専用の教材を選ぼう

TOEIC専用のディクテーション教材を選ぶようにしましょう。

ディクテーション専用の教材は多いですが、TOEIC専用のディクテーション教材は意外と少ないです。

だからといって、一般的な教材を選ぶのはオススメしません!

TOEIC専用の教材を使うことで、出題される問題傾向や単語、コロケーションなども身につくからです。

この後紹介する教材も厳選しています!

ディクテーションにオススメな教材

ここからは、ディクテーションにオススメな教材を5つ紹介していきます。

参考書2冊とアプリ3つです!

・スタディサプリTOEIC
・金のフレーズ
・公式問題集
・abceed
・POLYGLOTS

スタディサプリTOEIC

オススメ度
運営リクルート
料金1週間無料
対策単語、文法、リスニング、リーディング、問題集

>>公式サイト

スタディサプリTOEICでは、スコアアップに必要な全ての要素を、アプリ1つで学ぶことができます。

私も愛用していますが、現時点で最強の教材だと思います!

・各パートの対策
・4000問を解き放題
・頻出単語を覚えられる
・英文法を動画で学べる
・初心者用の基礎講義(英文法+単語)
・神授業

もちろん、ディクテーションも画面入力するタイプなので、場所や時間に囚われずディクテーション対策できます。

またディクテーションの効果や勉強法も、動画で解説されています!

他の教材だとここまで丁寧に解説されていないので、本当にスタディサプリTOEICは良い教材だと思います。

とりあえず、これ選んでおけば間違いないです。

今なら無料で使えます!

無料で7日間使えるので、まずは無料体験から始めてみるのがお得です。

>>今だけ7日間無料体験を受けてみる!

金のフレーズ

1番最初にオススメするのは、金のフレーズ(通称:金フレ)です。

金フレは単語帳ですが、フレーズ(”Let’s try anyway”など)で収録されているので、ディクテーションも可能です。

語彙力強化中の人にオススメです!

フレーズは短いので聞き取り易く、語彙力の強化にもつながるので、初心者の方にオススメです。

公式問題集

公式問題集は、本番のテストと同じ質の模試が2回分収録されているので、パート1とパート2の問題を使って、ディクテーションを行うことができます。

実力チェックのための、模試とかにも使えるから便利だよ!

ディクテーション専用の参考書ではありませんが、ディクテーションのやり方がわかっているのであれば、十分対策できます。

ディクテーション用ではなくても、1冊は持っておいて損はないと思います。

abceed

オススメ度
運営株式会社Globee
料金無料(App内課金有り)
対策TOEIC全般

abceedは、月額料金を払って、アプリ内に登録されている参考書を解けるアプリです。

もちろんオールラウンドに対策できますし、ディクテーションに特化して解くことができます。

音声は無料で使えます!

このアプリだけでもディクテーション対策はできますが、個人的には既に持っているTOEICの参考書を使って、音声だけこのアプリを使うのがオススメです。

POLYGLOTS(ポリグロッツ)

オススメ度
運営株式会社ポリグロッツ
料金無料(App内課金有り)
対策TOEIC全般

最後に紹介するのは、POLYGLOTS(ポリグロッツ)です。

世界中のニュースをアプリで読むことができるよ!

TOEIC専用ではありませんし、難易度も高めですが、音声もついているので、ディクテーションに最適です。

ニュースの内容は、ビジネスに限らず多岐にわたるので、TOEIC対策が疲れて「気分転換したい」人にちょうど良いかもしれません。

最後に

いかがでしたか?

今日は、ディクテーションにオススメの教材を5選を紹介しました。

リスニングは暗記ではないので、一朝一夕で上がるものではありませんが、ディクテーションのような効果的な勉強法を継続することが、大切です。

パート1とパート2が苦手なら、実践してみてください!

もちろん点数を上げるためには、それ以外のパートも対策する必要があるので、総合対策するならスタディサプリTOEICがオススメです。

無料体験から始めてみてください!

まずは7日間無料体験を受けてみる!

スタディサプリTOEICが今だけ1週間無料体験キャンペーン!

スタディサプリTOEIC対策コースが今だけ1週間無料で体験できます。

いつまで参考書で勉強してるの?

・新しい参考書をすぐに購入する
・購入しても使わない
・効果が出ないのは参考書のせい
・もっと効率よく学習したい
・本気でスコアアップしたい

このまま勉強しても、あなたは目標スコアを一生達成できません。

なぜなら自分が使っている参考書を信じらず、学習に迷いが生じ、学習効率が著しく下がっているからです。

もしあなたが本気でスコアアップを目指すのであれば、スタディサプリTOEIC対策コースを使ってください。

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】キャンペーンには先着順です。