スクール・サービス

TOEIC400点を1ヵ月で突破する!誰でもできる勉強法を完全公開!

こんにちは、パエリアです。

あなたは、TOEIC400点を1ヶ月で取れると思いますか?

最初に言っておきますが、私から言わせてもらうと「TOEIC400点を1ヵ月で取るのは超簡単」です。

なぜなら、どうしたら400点を取れるのか。その方法を知っているからです。TOEICのスコアを上げることができる人、できない人の差は知っているか知らないかです。

もちろん、勉強していることが前提ですが。

そこで今日は「TOEIC400点を1ヵ月で取る勉強法」について、詳しく解説していきます。ぜひ、参考にしてください。

大前提、TOEIC400点は1ヶ月で取れる?

まず大前提に、TOEIC400点は1ヶ月で取れるのか?についてですが、これは自信を持って「YES」と言えます。

正直に言うと、TOEICで400点を取ることはそこまで難しいことではありません。英語の基礎さえ理解して、ある程度対策をすれば届くスコアです。

ですが、学生時代に英語の勉強を疎かにしてしまって、英語の土台となる基礎が抜け落ちている人は大変かもしれません。

ただちゃんと勉強すれば「誰でも取れる」スコアなので、しっかり対策して、ちゃっちゃと次のレベルに行きましょう。

TOEIC400点のレベルや難易度は?

TOEIC400点は、英語初心者と英語中級者の間くらいで、やや初心者に近いレベルです。

TOEICの平均点が550点から600点前後なので、それよりも低い点数になります。なので、英語ができると胸を張れる点数ではありませんが、焦らずにじっくりと勉強していきましょう。

大学生の平均点より下

ちなみに、TOEIC400点は大学生の平均点よりも下です。厳しいことを言うようですが、450点から500点前後が大学生の平均点になります。

もちろん平均点なので、偏差値の高い大学の平均点は更に高くなっています。

大学生の平均点が気になる人は、大学生のTOEICの平均点は?各大学・学年別まとめを参考にしてください。

社会人なら500点は欲しい

正直に言うと、社会人ならTOEIC500点は欲しいところですね。ちなみに社会人のTOEIC平均点は500点後半から600点前半です。

というのも、企業が「新入社員に求めるスコアが500点」という場合が多く、就活では履歴書に書くのも500点以上が普通となっています。

なので、TOEICのスコアを気にされる社会人なら、500点は一般教養の範囲として勉強しておくのも良いかもしれません。

TOEICは何かと便利で、大学生なら「就活」社会人なら「転職」などキャリアップにもすごく関わってくるので、是非ともスコアアップしておきたいです。

社会人のTOEIC平均点が知りたい人は、社会人のTOEIC平均点まとめ!新入社員・役職・昇進・企業別などを参考にしてください。

TOEIC400点を取るためのポイント

ここからは、TOEIC400点を取るために必用なポイントを書いていきます。

覚悟

まず最初に確認しておきたいのが「覚悟の有無」です。いくらTOEIC400点がそこまで難易度が高くないとしても、勉強するぞ!という覚悟は絶対条件です。

半端な気持ちでは勉強よりも遊ぶことを優先してしまうかもしれませんし、頑張らなければいけない時に逃げてしまうかもしれません。

そんな姿勢では、スコアアップから遠ざかってしまうので「やる」と決めたら覚悟を持って勉強をしましょう。

勉強時間

当たり前ですが、勉強しなければTOEICの点数は上がりません。だからといって、勉強時間を増やせば良いわけでもありません。

上の画像はスコアと勉強時間を表したものですが、あくまでも参考程度に考えると良いでしょう。モチベーションの維持なら良いですが、勉強時間にとらわれ効果の薄い間違って勉強法をしては本末転倒です。

正しい勉強法で勉強をすることが一番大切です。

スキマ時間を有効活用しよう

ただTOEICを勉強する人の中には「忙しくて勉強時間を確保できない」という人もいると思います。

特に社会人だと、仕事で忙しくまとまった勉強時間を確保することは難しいかもしれませんね。せっかくやる気があっても、勉強しなければ点数は上がりません。

そんな時にオススメしているのが「スキマ時間」を活用することです。CMの間や電車に乗っている時間、待ち時間など。

案外思い返してみると隙間時間は多くて、その時間をTOEICの勉強時間にすることができれば、時間がなくてもスコアアップできますよ。

復習

勉強したら、必ず復習をしましょう。

私もそうでしたが、次に進みたい・新しいことを勉強したいと強く思うあまり、復習を疎かにしてしまう傾向があります。

人間は基本的に忘れてしまう生き物なので、せっかく勉強しても復習をしなければ忘れてしまいます。

新しいことを勉強するのも良いですが、勉強したことを忘れないためにもしっかりと復習をするようにしましょう。

1ヶ月で400点を取るための勉強法

ここからは具体的な勉強法について、書いていきたいと思います。

最初にも言いましたが、スコアアップできる人とできない人の差は「知っているか」です。おそらくTOEIC400点を取ることができないのは、成功するための方法を知らないだけです。

逆にそれさえ知ってしまえば、あとは行動するだけです。

単語はめんどくさいけど超重要

TOEICで400点を取るためには、中学や高校で習うような基本的な英単語を覚える必用があります。

単語の暗記は地味な作業になりがちですが、スコアアップのためには必ず必要になるので毎日コツコツと勉強していきましょう。

オススメ暗記法

基本的に単語は、書くだけでは駄目です。書いて、見て、聞いて、発音して覚えましょう。

5感を使って勉強することで、早く覚えられますし、覚えたら忘れなくなります。そして、リスニング対策にもなりますしね!

ではどうやって覚えるかについてですが、これは「テスト」方式がよいと思います。時間があれば他の方法でもよいですが、この方法が一番効果があると思います。

テスト方式とは繰り返すこと

復習が大切だと言う話は最初の方にしましたが、それと同じで単語を覚えているか・覚えていないかを瞬時に判断し、覚えていない単語だけ繰り返して勉強する方法です。

この勉強法の良い点は、覚えていない単語を知ることができる。そして、何度も覚えているか繰り返しテストすることで記憶に定着します。

詳しい単語の勉強法を知りたい人は、覚えたら忘れない英単語の勉強法を詳しく解説!を参考にしてください。

英文法

TOEICでスコアアップする人、勉強はしているのに点数が伸びない人。その1番の差は「英文法」ができているか。これだけです。

英文法の勉強というと、パート5対策だと思われる方が多いですが、それは大きな間違いです。

リスニングパートでも会話の内容を把握するためにも英文法は必要ですし、リーディングパートの速読力、内容を把握するためにも英文法はかかせません。

それを理解せずに英語の土台がないまま、いくら単語の勉強やリスニング対策をしても実力は積みあがりません。

なのでいくら単語やリスニング対策、問題を解いても「スコアが上がらない」「目標スコアを達成できない」となってしまうのです。

逆に英文法の基礎さえ押さえてしまいえば、あとは単語や問題を解いて経験値を積み上げるだけなので、スコアがぐいぐい上がるでしょう。

英文法を勉強しない理由

TOEICのスコアアップにおいて、英文法の重要性は理解して頂けたと思います。ですが、重要性を理解しつつも、英文法を勉強しない人は沢山いるのはなぜでしょうか?

それは、独学で英文法を勉強することが難しいからです。

おそらく大半のTOEICユーザーは、参考書などを利用して独学でTOEICのスコアを伸ばそうとしているのではないでしょうか。

ですが、英文法は「理解」する必要があります。単語であれば暗記すれば良いのですが、英文法の場合、暗記しただけでは全く意味がありません。

そのため、独学で英文法を勉強しようとしても、参考書の解説は少ないですし、かといってForestなどで調べていたら時間がかかりすぎてしまいます。

なので英文法の勉強が重要だとわかっていても、単語やリスニングなどを優先してしまい、英文法を後回しにしてしまうので「結果がついてこない」となってしまうのです。

独学をやめる選択肢もある

英文法は単語と違い、覚えれば良いわけではなく、理解することでTOEICで使えるようになります。

ですが、英文法を独学で勉強すると時間もかかりますし、勉強したところで「なんとなく理解できた」レベルで終わってしまう可能性が高いです。

私は独学で勉強しましたが、英文法でつまづいてしまい結局かなりの時間をかけてしまいました。

TOEICが目的じゃない方や時間のある方は、少しずつ英文法を学ぶのをオススメしますが、そうではない方「時間がない」「就活や転職でTOEICを使う人」は、独学で英文法を勉強することをオススメしていません。

1番良いのはスクールに通うことだと思いますが、スクールはTOEICのプロに教えてもらう文、とんでもなくコストがかかります。3ヶ月で50万円くらいです。

それでしたら、スタディサプリがオススメです。

本気でスコアアップするなら

TOEIC対策アプリ1位
オススメ度
運営リクルート
料金1週間無料
対策単語、文法、リスニング、リーディング、問題集

>>公式サイトへ

「勉強のしやすさ」「効果」「費用」を効率的に考えると、現時点でTOEIC対策するなら、スタディサプリです。なぜならスタディサプリには、TOEIC400点を突破するために必要な要素がすべて揃っているからです。

・効率よく1500単語を覚えられる
・5分で英文法が学べる「神授業」
・公式問題集の5倍の問題量
・ディクテーション機能などなど

私は、参考書でTOEICを勉強しましたが、今思えば誰かに教えてもらうのがベスト」だと思います。

やはり参考書だと、理解できない部分・解説が足りない部分があるので、どうしても効率が悪くなってしまいます。

スタディサプリでは、各パートの解き方や勉強法についてわかりやすく動画で解説してくれます。なので、本当にわかりやすいです。

まずは1週間無料で全ての機能を体験できるので、自分に合うサービスなのか試してみるとよいでしょう。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

完全無料で1週間スタディサプリを使えるキャンペーンです。

参考書じゃダメなのか

TOEICを勉強するとすれば、1番最初に思いつくのが参考書での対策です。確かに参考書は取り掛かり易いですし、コストも安いです。

ですが大切なのは「安く対策する」ことではなく「スコアアップすること」です。もちろん、安く対策できるに越したことはありませんが、参考書で対策するのもそこまで安くはありません。

例えば、スタディサプリの料金は、月額2,980円です。2ヶ月から3ヶ月で結果を出している人が多いので、3ヶ月使うと8,940円かかります。

・1ヵ月:2,980円×3ヶ月=8,940円

これだけ見ると「高い」と思う人も多いと思いますが、コンテンツの質。そしてスコアアップするためには、このくらいの出費が必要です。むしろ、1万円以内で劇的にスコアアップするなら安いですよね。

例えば参考書で勉強したとしても、最低このくらいはかかります。

・TOEIC対策本(概要本):1,800円
・単語帳:1,500円
・文法書:2,000円
・公式問題集:3,000円
⇒合計:8,300円

それに独学で勉強すれば効率も悪いですし、私は参考書だけで2万円以上使ったと思います。そう考えると、スタディサプリはとても安いと思います。

1日換算にすると「たった83円」で全パートの対策が効率よくできます。お金をかけずに勉強したところで、スコアアップできなければ意味がありませんからね。

このように1冊あたりは安くても、1冊では対策が終わらないのがTOEICです。また解説も動画で見れるので、テキストの解説より理解しやすい点もメリットです。

なので結論を言うと、参考書で対策するのはダメではない。ただ勉強効率を考えた時に、スタディサプリの方がオススメということです。

もしスタディサプリに興味があるなら、無料体験を受けてみるのがオススメです。今なら7日間スタディサプリの全機能が使えます。

あとは行動するだけ

最終的に必要なのは、行動です。

ハッキリ言っておきますが、もし今「勉強してみよう」と行動が起こせないのであれば、きっと1ヵ月後も、3ヵ月後も、半年後も行動しません。

そして、変わらないスコアを見て「あの時勉強しておけば良かった」と後悔するのです。

もしあなたが本気でスコアアップしたいなら、まずは7日間の無料体験を使って、スタディサプリを体験してみることをオススメします。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

・7日間完全無料
・キャッシュバック6000円
・返金保証あり

スタディサプリ「パーソナルコーチプラン」が今だけ1週間無料体験キャンペーン!


スタディサプリTOEIC対策コース「パーソナルコーチプラン」が今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。

もう独学で悩むのはやめませんか?参考書ばかりを買いあさり、効果がでないのは参考書のせいだと思い、また新しい参考書を購入する。もしこんな経験があるのなら、あなたは一生スコアを上げることはできません。なぜなら、あなたに必要なのは「素晴らしい教材」ではなく「正しい方法」なのです。

これを学ぶことができなければ、いつまでも目標スコアを達成することはできません。自信があれば良いですが、短期間で絶対にスコアアップしたいなら「パーソナルコーチプラン」を体験してみてください。

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】前回のキャンペーンはすぐに終了しています。

>>パーソナルコーチプランの口コミと効果を知りたい人はこちら!