コラム・お役立ち情報

TOEICのメジャーとマイナーとは?見分け方や難易度の違いを解説

メジャーフォームとマイナーフォームの違いとは?

こんにちは、パエリアです。

TOEICの試験が終わり、ネットで「今回のテストの難易度」とか「答え合わせ」とかついついしちゃいませんか?私は、自分のスコアが気になりすぎて、試験が終わるたびに答え合わせをしていました。

結果合わせをすると、全然答えが違くて毎回落ち込んでいましたが。笑

そんな時に「メジャーフォームの・・」とか「私はマイナー」だったとか、あまり聞き慣れない言葉がちらほら。

野球の話?いいえ、違います。どうやらTOEICのテストには2種類あるらしい!!

な・・なんじゃそりゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

ということで今日はは「TOEICのメジャーフォームとマイナーフォームについて」見分け方や2種類ある理由、難易度などを解説をしていきます。よかったら参考にしてください。

メジャーフォームとマイナーフォームの見分け方

メジャーフォームとマイナーフォームの見分け方を説明します。

TOEICの回答用紙は両面あり、A面が名前などの情報をマークし、B面がテストの回答をマークします。このA面の色でメジャーかマイナーか判断します。

つまり、見分け方は次の通りです。

A面がピンク色だったら「メジャーフォーム
薄緑色だったら「マイナーフォーム

見分け方さえわかっていれば、すごく簡単ですね。ですが、何回か試験を受けていないと、自分がメジャーフォームなのか、マイナーフォームなのかを忘れてしまうことが多いです。スコアに直接関係しないので、覚えて無くても良いのですが・・・。

そもそもメジャーフォームとマイナーフォームとは?

簡潔に言うと、TOEICには2種類の内容が異なるテストが用意されいて、片方が「メジャーフォーム」もう一方が「マイナーフォーム」とされています。つまり自分の受けたテスト内容と異なる問題が、別の会場では実施されているのです。

TOEICマニアの間では「メジャー」と「マイナー」と呼びます。

受験者数は若干ですが、メジャーフォームの方が多く、60%がメジャーだと言われています。マイナーが少なく、40%がマイナーを受験していると言われています。

メジャーフォームとマイナーフォームがある理由とは?

メジャーフォームとマイナーフォームの2種類がある理由は、公式では発表されていません。そのため、2種類の異なる問題を出題する正確な理由はわかりません。

ですが、TOEICマニアやネット上では次のような理由だろうと予想されています。

・TOEICの傾向やパターンを判斷されないため
・データを集めるため

TOEICの傾向やパターンを判斷されないため

TOEICがメジャーとマイナーの2種類のテストを用意している理由は、TOEICの傾向やパターンを判断させないようにするためだと言われています。

TOEICは年に10回のテストがあり、日本でもTOEICの評価が高まるにつれて、受験者数も年々増加しています。

それに伴い、TOEICの対策本やテクニックなどが次々に出ています。ネットや書籍など、調べれば調べるほど出てきます。そのため、テストの傾向が読まれ、実力よりもテクニックが重要なテストになりかねないのです。現に、テクニック本が出版されるほどです。

年に10回のテストがあるので、同じ様な問題を出していては「ネタ切れ」になってしまうのです。そこでメジャーとマイナーで違う問題を出して、受験者の反応を見て、次のテストに活かしているのです。

データを集めるため

「TOEICの傾向やパターンを判斷されないため」と内容が重複してしまうかもしれませんが、データを集めるためでもあります。

受験者全員に同じ問題を解かせても、その問題での正答率などしか見れませんが、違う問題を用意することで、多くのデータを集めることができるのです。

そのデータを基に、次の問題の難易度などを調整していくのです、そのため、メジャーとマイナーがあるとされています。

メジャーフォームとマイナーフォームで難易度は違うのか?

メジャーとマイナーの難易度の違いですが、ほとんど変わらないと思います。また、点数は標準値で算出されているため、フォームによって点数に影響はありません。

確かに、今回のテストは難しかった経験はありますが、結果スコアが良かったりすることもあります。逆もしかりで、個人的にはできたつもりでも、受験者全員ができているのなら、スコアはあまり高くないのです。

「マイナーフォームだから点数が悪かった」ということはありません。点数が悪いとしたら、実力です。

まとめ

回答用紙A面がピンクなら「メジャーフォーム」、薄緑色なら「マイナーフォーム」です。どちらのフォームが有利ということは、基本的にありません。なので、マイナーフォームだから・メジャーフォームだからといって点数に影響はないので、事前にしっかりと勉強をして、確実にスコアをあげていきましょう。

最強のTOEIC対策「スタディサプリ」今だけ1週間無料体験キャンペーン!

スタディサプリ ENGLISHスタディサプリENGLISH「TOEIC対策コース」が今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。

ただ先着5,000名様限定なので、気になる方はお早めに。

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】前回のキャンペーンはすぐに終了しています。

>>スタディサプリTOEIC対策の効果や評判を知りたい人はコチラ