コラム・お役立ち情報

TOEIC600点は就職できる?経験者が語る就職活動

こんにちは、パエリアです。

皆さんはもう就活終わりましたか?それとも、これから就職活動ですか?

私も就職活動を経験して今に至るわけですが、就活が本格的に始まると

・就職できる気がしない
・内定貰えない
・そもそもESが通らない

という話をちらほらどころじゃなく、至る所で皆が話しています。ゼミやサークルはもちろん、それ以外のところでも本当に耳にする内容です。

いつまで同じ話をしてるんだろうと思いつつも、自分以外の就活生がどんな状況なのか気になるのは当然だとも思っていました。

そんな時に、友達たちは少しづつ内定を貰っているのに「自分だけ」が内定を貰えていないと本当に焦ります。

でもそんな時TOEICがあると就活が超楽になります。今日はそんな「TOEIC600点の就活事情のリアル」を書いていきたいと思います。

TOEIC600の就活事情

StockSnap / Pixabay

ここからは、TOEIC600点の就活について解説していきます。

履歴書には何点から書ける?

一般的には、履歴書にはTOEIC500点から書くことができます。このスコアは公式で定められているわけではありません。

しかし、500点以下を履歴書やESに書いたところで評価になりません。また最悪の場合、英語ができない学生だと思われてしまう可能性もあります。

そのため、企業側から特に指定が無い限り500点以下の場合は書く必要はありません。

600点は評価される?

一般的に就活で評価されるスコアは600点からです。そのため、600点以上あれば履歴書やESだけでなく、面接でも評価されます。

ただエントリーする企業によっては、TOEICに対する評価が違うので注意が必要です。

例えば商社や外資系の企業のようにビジネスで英語に関わる機会が多い場合、当然ながら求められるスコアも高くなります。

なので個人的には、就活前にできるだけ点数をあげることをオススメしています。

TOEICが就活で役立つ理由

まず大前提ですが、TOEICは就活で役に立ちます。某資格支援企業では、就活で役に立つ資格ランキングで1位でした。

また、どちらか1名を採用するか迷ったときに「TOEICのスコアが高い方を優先する」と60%の企業が回答していることが調査でわかっています。

このように就活では受験する企業によって評価は異なれど、基本的にはポジティブな評価を受けたり、有利になったりしますが、なぜでしょうか?

グローバル人材の需要が高い

ITテックの進歩により、私たちの生活は大きく変化しています。その1つの変化に、グローバル化が含まれていることは間違いありません。

外務省報道資料によると、過去5年間(2016年時点)で海外に進出する日系企業は18%も増加していることがわかっています。

そうなれば当然、海外展開に人材が必要になります。そうした時に、日本語しかできない学生とTOEIC600点ある学生だったら、どっちを採用するかは簡単ですよね。

つまり、英語ができることによって活躍できるフィールドが増えるので、個人の価値が高まるのです。

TOEICは評価しやすい

これはTOEICの特徴の1つですが、英検などとは違い合否があるのではなく「10点から990点」で採点されるので実力がわかりやすいのです。

いくらTOEICの受験者が年々増加傾向にあるとは言えど、採用担当者や面接官が全員TOEIC受験者というわけではありません。

そうした時に合否ではなく、スコアがあるのは企業側から見ても評価しやすいです。

またTOEICはビジネスシーンを意識したテストになるので、英検などに比べると実践的な英語力になるので、それも評価される1つのポイントです。

TOEIC600点が就活で勝ち抜くためのポイント

TeroVesalainen / Pixabay

ここからはTOEIC600点台が就活でどうやって勝ち抜けばいいかを書いていきます。

TOEIC600点は面接がポイント

TOEIC600点台の人は、意外と面接で苦労するんじゃないかと思います。

というのも、600点は一般的には評価されますが、決して英語ができる部類ではありませんし、スコアが高いわけではありません。

これらを勘違いしてしまうと、面接で失敗するので気を付けましょ。

ではどうしたらいいかというと、それまでの過程を話すことです。

・なぜTOEICを勉強しようと思ったのか
・勉強して苦しかったこと
・どんな工夫をしたのか
・今後その力をどのように活かしていくのか

一部例ですが、例えば上記のようなことをノートに書きだして、整理して起承転結に話せるようにしておけば、面接は大丈夫です。

面接はとても緊張しますが、中にはTOEICの勉強中の面接官もいるので、今どのくらいのスコアなんですか?とか聞いてみると意外と盛り上げります。(笑)

就活までに200点上げろ!

もし現時点で600点近くの実力があるのであれば、就活までに800点まで上げましょう。600点でも十分メリットはありますが、やはり800点など高得点を取った方が有利になることは間違いありません。もし就活まで1年以上時間があるのでしたら、コツコツ勉強するのも良いですが、そうでないなら、スタディサプリのパーソナルコーチプランがオススメです。

スタディサプリ「パーソナルコーチプラン」とは?

スタディサプリTOEIC対策コース「パーソナルコーチプラン」とは、短期間で200点アップを目指すプランです。全パート対策できるスタディサプリに加え、あなた専属のコーチが付き、学習サポートをしてくれます。

  1. スタディサプリ使い放題
  2. 学習カリキュラム作成
  3. アドバイスチャット
  4. 通話カウンセリング
  5. 週課題の提出
  6. テキスト8冊無料

独学では難しい「学習プラン」の作成やサボらないための「毎日の進捗報告」など、今までスコアが上がらなかった原因を、1つ残らず排除します。わからないことがあれば聞け、挫折しそうな時には支えてくれます。価格も通常のマンツーマンスクールの10分の1と、良心的です。今なら無料で7日間パーソナルコーチプランを体験することができます。まずは無料無料体験を受けてみるのが良いでしょう。

>>今だけ1週間無料体験を受けてみる!

リクルートIDを持っていなければ登録する必要がありますが、無料で7日間パーソナルコーチを体験することができます。まずは「自分にあうサービスなのか」を試してください。

まとめ

いかかでしたか?今日はTOEIC600点の就活について書いてきました。600点以上あれば、一次審査でも2次審査でも面接でも評価されます。ですが、もし就活までまだ時間があるのであれば、800点を目指しましょう。特に就活は人生の分かれ道ともいれる時期ですので、600点で終わるか800点になるかで人生が大きく変わると思うので、後悔しないようにしてください。

>>今だけ1週間無料体験を受けてみる!

>>スタディサプリTOEICパーソナルコーチプランの口コミと効果!

>>絶対にスコアアップしたい人向けのTOEICスクール4選!オンラインスクール有り!

スタディサプリ「パーソナルコーチプラン」が今だけ1週間無料体験キャンペーン!


スタディサプリTOEIC対策コース「パーソナルコーチプラン」が今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。

もう独学で悩むのはやめませんか?参考書ばかりを買いあさり、効果がでないのは参考書のせいだと思い、また新しい参考書を購入する。もしこんな経験があるのなら、あなたは一生スコアを上げることはできません。なぜなら、あなたに必要なのは「素晴らしい教材」ではなく「正しい方法」なのです。

これを学ぶことができなければ、いつまでも目標スコアを達成することはできません。自信があれば良いですが、短期間で絶対にスコアアップしたいなら「パーソナルコーチプラン」を体験してみてください。

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】前回のキャンペーンはすぐに終了しています。

>>パーソナルコーチプランの口コミと効果を知りたい人はこちら!