参考書・アプリ

TOEICパート6対策にオススメな教材・参考書10選!

こんにちは、パエリアです。

今日は「TOEICパート6を攻略したい」と思っている人に向けて、オススメな教材と参考書を紹介していきます。パート6は問題数が比較的少ないため、本腰を入れて対策する人は少ないかもしれません。ですが、パート6はコツさえ掴めば満点を狙えるパートでもあるので、リーディングスコアを伸ばしたい人は必ず対策しましょう。

パート6の概要をおさらい

パート6は上記画像のように、不完全な英文(英文に空欄がある)を完全な文にするために、AからDの4つの選択肢から適切なものを選ぶ問題です。不完全な文を完全な文にするのは、パート5と変わりません。違うのは、パート5のように1問ごと異なる短文ではなく、1つの文章にいくつも空欄があり、それを埋めていくのがパート6です。

問題数

問題数は、全部で16問です。パート5が30問・パート7が54問なので、リーディングパートでは最も少ない問題数です。ただ問題数が少ないからと言って簡単なパートというわけではありません。

時間配分

リーディングパート75分に対して、パート6に使える時間は約10分です。基本的に問題数が1番多いパート7に時間を割きたいため。パート5もパート6も10分で解くようにしましょう。パート6の問題を解いたとしても、パート7が塗り絵になってしまっては意味がありませんので、時には問題を捨てる勇気も必要です。

パート6を攻略するために必要なこと

単語力アップ

リーディングパート全てに言えることですが、スコアアップするためには単語力をつける必要があります。知っている単語が増えれば、読める英文も増えるため、結果的にスコアアップに直結します。パート6は、パート5のように前後読みだけで答えられる問題が少なく、基本的に全文読む必要があります。その時に、知らない単語が多いというのは致命的です。

英文法を疎かにしている

パート6の大半の問題が、全文読み回答しなければいけません。またパート7に時間を残しておくためにも、パート6は約10分で読む必要があります。そうした時に英文法が苦手だと、英文の内容を上手く理解できないだけでなく、速読力にも影響を与えます。英文法は英語の基礎です。パート6だけでなく、リーディング力の底上げにもなるのでしっかり対策しましょう。

中長文に慣れる

普段から本を読みなれている人とそうでない人が、本を読むスピードに差が表れるように、普段から長文を読んでいる人とそうでない人では、英文を読むスピード・解くスピードが段違いです。パート6は、パート5と似ているため「パート6対策をパート5の参考書・問題」で済ませる人がいます。しかし、問題の解き方も問題も異なるパートですので、同じ対策が有効とは限りません。

パート6対策にオススメな参考書10選

スタディサプリ

TOEIC対策アプリ1位
オススメ度
運営リクルート
料金1週間無料
対策単語、文法、リスニング、リーディング、問題集

>>公式サイト

「使いやすさ」「勉強の質」「コスト」など現時点で1番オススメなのはスタディサプリです。スタディサプリは、TOEICのスコアアップに必要なすべての要素が揃っています。パート6対策はもちろん、スマホ1つあれば全パート対策ができてしまうのが特徴です。

・最短3分からのTOEIC対策
・1500単語を効率よく覚えられるTEPPAN英単語
・公式問題集の約5倍の問題量
・超わかりやすい動画解説(神授業)
・初心者のための文法解説

パート6のスコアアップを狙うためには、単語や英文法などの要素も必要なので、TEPPAN英単語で頻出単語を学ぶだけではなく、英文法を動画(神授業)で学べるのもオススメな点です。そして、しっかりと基礎を固めた上で、公式問題集の5倍(2,000問)を解ける実践問題集で問題を解くことでスコアアップすることができます。

まずは7日間無料体験を受けてみる!

今なら無料でスタディサプリを1週間使うことができます。もちろん一切料金はかからないので、この機会にすべての機能を体験してみてください。

パート6特急 新形式ドリル (TOEIC TEST 特急シリーズ)

次に紹介するのは、パート6特急です。この本は、TOEIC参考書で大人気の特急シリーズで、ここまでコンパクト持ち運びやすいパート6の参考書は見たことがありません。そのため、忙しい人が隙間時間を使って学習するのに最適です。パート6の問題パータンを網羅し、弱点を克服していく構成になっています。ただ英文自体は、優しいものが多いです。

究極のゼミPart5&6

次に紹介するのは、究極のゼミPart5&6です。この本では、TOEICで有名なヒロ前田先生がパート5・6を20分で解くことを目標としています。問題パターンごとのアプローチ方法をしっかりと学習できるので、パート5と6を一気に攻略したい人にオススメです。

中村澄子のリーディング新・解答のテクニック

次に紹介するのは、中村澄子のリーディング新・解答のテクニックです。この本は、15年間TOEICを受験し続けたカリスマ講師が、パート5・6で出題される問題の攻略法を学びながら、練習問題を解くことができる1冊です。丁寧でわかりやい解説となっているため、初心者にもオススメです。

TOEIC L&R TEST 900点特急パート5&6

次に紹介するのは、900点特急パート5&6です。この本のターゲットとしては、700点以上の方にオススメです。問題の難易度としても高めですが、1問ごとの解説を丁寧なので安心です。文法の用途や普段ミスしてしまいがちな問題などが多く収録されているため、ピンポイントで自分の弱点を克服していきたい人にオススメです。

新形式問題対応 改訂版 世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)

次に紹介するのは、世界一わかりやすいTOEICテストの授業(Part5&6 文法)です。この本の著者は、スタディサプリの講師を務める関先生です。スタディサプリの神授業を受講すればわかりますが、関先生の授業は暗記ではなく「理解」することが中心です。この本でも、しっかりとポイントを見極め、わかりやすく構成されています。しかし難易度としては優しいので、600点以下の人にオススメです。

公式問題集

次に紹介するのは、公式問題集です。公式問題集は、パート6専用の参考書ではありません。ただTOEICテストを作成しているETSが同じテストと同じフローで作成しているため「本番に最も近いレベル」の参考書と言えます。公式問題集には、模試2回分(400問)が収録されているので、本番前に模試として解くこともできます。

直前の技術

次に紹介するのは、直前の技術です。この本も、パート6専用の参考書ではありません。ただTOEICを初受験する人に一度読んで欲しい1冊です。各パートの概要や解き方などが詳しく書かれています。この本を読んでおくだけで、テストが解きやすく、スコアアップできると思います。

Forest

次に紹介するのは、Forestです。Forestは文法書ですが、パート6を攻略するためには英文法を身に着けることは必須です。英文法にアレルギーを持っている人がいるかもしれませんが、学生時代は苦手だった分厚い参考書も、今手に取ってみると意外にもわかりやすいことに気づくはずです。もしくはスタディサプリの英文法の講義を一通り受講してみてください。英文法に対するイメージが180度変わるはずです。

金のフレーズ

次に紹介するのは、金のフレーズです。金のフレーズは、TOEICによく出題される単語を目標スコア別にまとめられている単語帳です。頻出単語をしっかりと覚えておくことで、パート6の問題文も読みやすく、スコアアップに直結します。またパート6以外でも、パート5・7でも有効なのでオススメです。

最後に

いかがでしたか?今日は、パート6の攻略に役立つ教材・参考書を紹介しました。パート6は問題が少なく、軽視されがちです。しかしパート6をしっかりと対策しておくことで、リーディングパートのスコアアップにもつながります。対策すること自体はそこまで難しいことではありませんが、効果は抜群です。しっかり対策を行いましょう。

>>今から私がTOEICの勉強をするなら絶対に参考書を使わない理由

絶対にスコアアップしたい人向けのTOEICスクール4選!オンラインスクール有り!

最強のTOEIC対策「スタディサプリ」今だけ1週間無料体験キャンペーン!

スタディサプリ ENGLISHスタディサプリENGLISH「TOEIC対策コース」が今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。

ただ先着5,000名様限定なので、気になる方はお早めに。

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】前回のキャンペーンはすぐに終了しています。

>>スタディサプリTOEIC対策の効果や評判を知りたい人はコチラ