スコアアップ・勉強法

TOEIC380点から600点に最速でスコアを上げる勉強法とは?

こんにちは、パエリアです。

みなさんは、どのように勉強していますか?

TOEICでスコアアップするためには「どのように勉強するか」がとても大切です。勉強法によって、上達スピードや効率が全然違います。

点数が上がらないと悩んでいる人ほど、間違ったやり方や独自の勉強法で進めている傾向が高く、その方法を聞くたびに「勿体ないな」と感じることも少なくありません。

ただそういった人たちの気持ちはすごく共感できて、私も独学で勉強していて1番悩んだのが「正しい勉強方法」です。

そこで今日は私が実践してきた勉強法をもとに「TOEIC380点から600点に最速でスコアを上げる勉強法」を紹介していきます。

ぜひ、参考にしてください。

TOEIC380のレベルは?

TOEICの公式ランクで言えば、Dランクです。英検で例えると、英検3級レベルだと思います。自分の興味がある分野なら、意思の疎通ができると書かれていますが、個人的には無理じゃないかと思っています。

ですが、このスコア帯であれば勉強すればぐんぐん点数が上がるので、現時点の実力を見るよりも「どうやって勉強していくか」を考えましょう。

TOEICの平均点

ちなみに、TOEICの平均点は580点前後です。

どのくらいのスコアを目標にしているかによりますが、適当に勉強して取れる点数ではありませんので、しっかり対策をする必用があります。

TOEICの平均点について詳しく知りたい人は、【最新版】TOEICの平均点まとめ/大学生・社会人・高校生・男女・推移を参考にしてください。

どのくらいの勉強時間が必用なのか

上の画像では、380点から600点に上げるとすると、約600時間の勉強をする必用があります。ただ勘違いして欲しくないのは、画像はあくまでも目安であり、実際の勉強時間とは関係ありません。

スコアアップするためにはある一定の勉強時間を確保する必要がありますが、それよりも大切なことは「正しく勉強する」ことです。

例えば同じ時間を勉強したとしても、効率良い方法と悪い方法ではスコアアップのスピードも変わります。できるだけ早く点数を上げたいのであれば、やはり勉強法は意識しなければいけません。

TOEIC380点が600点を取るための勉強法

ここからは、380点が600点取るために必用な勉強法について書いていきます。最初に言っておきますが、600点取ることはそこまで難しくありません。

正しい勉強方で継続することさえできれば、誰れにでも取れるスコアです。

しかし、この正しい勉強法というのが意外と難しいです。TOEICは試験ですので、ある程度のコツやテクニックで少しは点数を上げることができますが、それだけで600点を取れるほどあまくありません。

今では沢山の参考書が出版されているため、テクニックが先行してしまい、本来最初に固めておくべき、英語の基礎が出来上がっていない人が600点を取れないイメージです。

なによりもまずは、正しく勉強することを意識しましょう。

まずはTOEICについて知ろう

まずはTOEICについて知りましょう。

なぜならTOEICについて知らないと、TOEICには出題されないことを勉強してしまったり、スコアアップから遠回りしてしまう可能性があるからです。

・どんなテストなのか
・どんな問題が出題されるのか
・各パートの特徴や解き方
・各パートの対策方法

各パートからどんな問題が出題されるのか、各パートの解き方など、これらを知っておくだけで点数も大きく変わるので、早く勉強したい!という気持ちもわかりますが、後回しにしないようにしましょう。

単語はスコアアップの起爆剤

TOEICのスコアアップには単語力の底上げが非常に関わってきます。語彙力が上がれば解ける問題も増えますし、聞こえてくる音も違ってきます。

英単語を覚えることは、正直にいって凄く地味です。そのため、TOEICを勉強する人たちの中でも、ボキャビルをさぼってしまう人は沢山います。ですが、そういった人たちは大抵スコアが伸び悩んでいます。

そして単語の勉強は、絶対に復習しましょう。人間の脳は時間と共に忘れてしまう構造になっていて、前日に覚えた単語も次の日には30%程度しか覚えていないと言われています。

覚えたはずの単語がでてこない、という経験を誰でもしたことがあると思いますが、原因は復習不足です。詳しい勉強法は覚えたら忘れない英単語の勉強法を詳しく解説!を参考にしてください。

中学生レベルの文法を理解しよう

600点を取れる人、取れない人の1番の差は英文法です。逆に行ってしまえば、英文法さえできていれば、600点はそこまで難しくありません。

ですが英文法といっても範囲が広く、どこから勉強すれば良いか迷っていまう人も多いはずです。よくForestなどの分厚い参考書を、最初から最後まで覚えようとする人がいますが、効率が悪いのでやめましょう。(実体験)

じゃあどうすれば良いのかというと、独学をやめることです。

独学をやめる選択肢もある

英文法は単語と違い、覚えれば良いわけではなく、理解することでTOEICで使えるようになります。ですが、英文法を独学で勉強すると時間もかかりますし、勉強したところで「なんとなく理解できた」レベルで終わってしまう可能性が高いです。

私は独学で勉強しましたが、英文法でつまづいてしまい結局かなりの時間をかけてしまいました。

TOEICが目的じゃない方や時間のある方は、少しずつ英文法を学ぶのをオススメしますが、そうではない方「時間がない」「就活や転職でTOEICを使う人」は、独学で英文法を勉強することをオススメしていません。

1番良いのはスクールに通うことだと思いますが、スクールはTOEICのプロに教えてもらうことができるので短期間で200点上げることもできますが、その分料金も高いです。それでしたら、スタディサプリのように英文法を動画で学べるサービスもあるので、個人的にはそちらがオススメです。

どうしても短期間でスコアを上げる必要があるひとは、絶対にスコアアップしたい人向けのTOEICスクール4選!オンラインスクール有り!を参考にしてください。

個人的にはスタディサプリが最強

正直、独学でTOEICを勉強するならスタディサプリが1番だと思います。

独学でTOEICを勉強した感想は、誰かに教えてもらうのがベストだということです。やはり独学だと参考書を理解することが必用になるので、その分効率が悪くなってしまいます。

スタディサプリでは、各パートの解き方や勉強法についてわかりやすく動画で解説してくれます。なので、本当にわかりやすいです。

個人的に1番良かったのが、英文法の講義がわかり易すぎることです。

もし英文法が苦手な人がいたら、他の参考書やってないで、スタディサプリのパーフェクト講義を受けてみてください。もう、文法の参考書が必要なくなります。

ほんとは色々語りたいんですけど、百聞は一見にしかず、百考は一行にしかずなので、スタディサプリが無料期間中に神授業を受けてみてください。

>>7日間無料体験を試してみる!

まとめ

いかがでしたか?

TOEIC600点のレベルの感じ方はまちまちですが、決して取れない点数ではありません。ですが、かといって勉強しなくても取れる点数ではないのは事実です。

特にTOEICを独学で勉強するとなると、正しい勉強法や参考書選びなど多くのことが考える必用があるので結構大変だったりします。

そうした時に、スタディサプリのようなサービスを利用して、勉強以外にかかる手間などを省いてしまうということも選択肢の1つに入れてみるもの良いと思います。

スタディサプリ ENGLISH
最強のTOEIC対策「スタディサプリ」今だけ1週間無料体験キャンペーン!

スタディサプリ ENGLISHスタディサプリENGLISH「TOEIC対策コース」が今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。

ただ先着5,000名様限定なので、気になる方はお早めに。

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】前回のキャンペーンはすぐに終了しています。

>>スタディサプリTOEIC対策の効果や評判を知りたい人はコチラ