コラム・お役立ち情報

TOEIC600点は英語が話せるのか!?TOEIC600点の英会話のレベルについて

英語が話せる

こんにちは、パエリアです。

TOEIC600点ってどのくらい英語が話せると思いますか?

転職や就活のためにTOEICを勉強している人も多いですが「いつか英語が話せたらいいな」と考えている人も少なくないでしょう。

今日は「TOEIC600点は英語が話せるのか」について正直に書いていきたいと思います。

TOEIC600点じゃ英語は全く話せない

結論から言うと、TOEIC600点の実力では英語を話すことはできません。

どのレベルで英語を話すというのかにもよりますが、皆さんが考えているような会話が成り立つことはまずないと考えてよいでしょう。

ただし帰国子女や留学経験者など、TOEICのスコアが低いだけで英語が話せる人は抜かします。

そもそもTOEICは英会話の実力を測るテストではない

そもそもTOEICは英会話の能力を測るテストではありません。

これを言ってしまっては元も子もないのですが、もし英会話が目的であれば、TOEICの勉強をしていないで英会話の勉強をしましょう。

ただTOEIC600点程度の実力があれば、ある程度の英語の基礎ができているので、アウトプットする訓練さえすれば日常会話レベルであればすぐに習得できるようになります。

では、TOEIC600点は何ができるのか?

ここからは、TOEIC600点のレベルでできることを書いていきます。

【リーディング】英語を読む力

TOEIC600点だったらどのくらい英語が読めるか(リーディング)についてですが、基本的に難しい文章はすらすら読むことはできませんが、簡単な文章ならスラスラ読むことできます。

TOEIC600点は文法などの基本的な知識はついているので、読めるか読めないかは単語を知っているか知らないかの差によるところが大きいです。

また、一度読むだけでは理解が難しい英文でも、時間をかければ読むことができるレベルです。なので、英文を見た時に「何書いてあるか全くわからない」ことはなさそうです。

どんな文章でも「この英文はこんな感じのこといっているんだろう」とフィーリングできるレベルです。

【ライティング】英語を書く力

次にTOEIC600点だったらどのくらい英語が書けるか(ライティング)についてですが、TOEIC600点ではライティングはほとんどできません。

先程も説明したようにTOEICではリーディングとリスニングがメインのテストなので、ライティングのレベルにもよりますが、ほとんど書けないのが現実です。

もちろんライティングの勉強をしている人もいますし、中高大で習った構文などを書くことは出来る人もいますが、TOEIC600点を基準に考えるとライティングはできないと思います。

個人的には、TOEIC600点ではライティングが一番難しく感じるのではないかと思っています。ライティングは単語のスペルと文法、そしてどんな文章にするのかを自分で決める必要があり、書けそうで書けないという思いをするでしょう。

【スピーキング】英語を話す力

次にどのくらい英語が話せるか(スピーキング)の実力についてですが、最初に話した通りTOEIC600点ではほとんど喋ることができません。とはいっても、TOEIC600点はある程度リスニングの勉強もしているので、暗記しているフレーズなどは話すことができます。

ですが、英会話は覚えているフレーズだけで成立するものではなく、柔軟に変化していくものなので、TOEIC600点で海外ドラマや映画のように英語を話すことは難しいと思います。

なので、英会話が目的であるのであれば、TOIECの勉強をするよりも英会話の勉強を優先するべきです。TOEICではTOEICの勉強法があり、英語を話すためには、英語を話すための勉強法があります。それぞれ目的が違うように、目的に合わせた勉強をするように心掛けましょう。

【リスニング】英語を聞く力

TOEICでは600点のリスニングの実力ですが、リーディングと同じように「この人こんなこと言ってるんだろうな」とわかるレベルです。

「明日の朝、この郵便物をジョンさんに必ず届けてください」という英文が流れたときには、「明日の朝、何かをジョンさんに届ける」くらいに聞き取れるはずです。

もちろんTOEIC600点の中にもリスニングが得意な人、苦手な人がいるので一概にはいえませんが、内容はわかるけど、細かい副詞や難しい単語が聞き取れないというレベルだと思います。

また、リスニングは完璧に英文を聞き取って理解しないといけないと思いがちですが、TOEICでは完璧に理解できなくても、問題を先読みすることや出やすい会話のパターンを押さえておくことで点数を少しだけ伸ばすこともできます。

最後に

TOEIC600点のリーディング、ライティング、スピーキング、リスニングにおいての実力は大体わかったと思います。

TOEIC600点ではどの項目もまだまだで、大したことないと感じてしまうかもしれません。ですが、英語の勉強をしていない人では取れない点数ですし、TOEICの対策をしていなければ高得点はとれません。

TOEIC600点を目標にしている人、英会話をできるようにしたい人、留学するためにTOEIC600点が必要な人など勉強する目的に合わせて、目標を立てるようにしましょう。

>>TOEIC600点のレベルは?勉強法や大学別の難易度を徹底解説!

>>絶対にスコアアップしたい人向けのTOEICスクール4選!オンラインスクール有り!

スタディサプリTOEICが今だけ1週間無料体験キャンペーン!

スタディサプリTOEIC対策コースが今だけ1週間無料で体験できます。

いつまで参考書で勉強してるの?

・新しい参考書をすぐに購入する
・購入しても使わない
・効果が出ないのは参考書のせい
・もっと効率よく学習したい
・本気でスコアアップしたい

このまま勉強しても、あなたは目標スコアを一生達成できません。

なぜなら自分が使っている参考書を信じらず、学習に迷いが生じ、学習効率が著しく下がっているからです。

もしあなたが本気でスコアアップを目指すのであれば、スタディサプリTOEIC対策コースを使ってください。

パエリア
パエリア
今だけ無料で使えるよ!

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】キャンペーンには先着順です。