スコアアップ・勉強法

TOEICのリスニング対策を完璧にして100点上げた方法とは?

[adchord]
こんにちは、パエリアです。

リスニングの対策しているのに、スコアが上がらない・・・・。そんな人はいませんか?

非常に言いにくいですが、対策しているのにTOEICの点数が上がらない場合「勉強法が間違っている」可能性が高いです。

ショックを受ける人もいるかもしれませんが、このままではいつまで経ってもTOEICの点数は伸びません!!

そこで今日は、TOEICのリスニングパートを上げる勉強法や対策を紹介していきます。リスニングパートに苦戦しているなら、是非参考にしてください。

 

リスニングの勉強をする際の注意点

最初に、リスニングの勉強をする際の注意点について書いていきます。もしこんな勉強をしている場合は、すぐに止めましょう。

聞き流している

リスニングの勉強でやってしまいがちなのが、聞き流すことです。

「聞き流すだけで英語ができるようになる」有名な某リスニング教材のキャッチフレーズですが、聞き流すだけで英語はできるようになりません。

全く効果がないとは言いませんが、効率的にスコアを上げたい人ならやめましょう。

毎日継続できていない

リスニングのスコアを上げるためには、英語のスピードに慣れることが1番重要だと思います。

英語のスピードについていけないと、内容や答えを導くことが非常に難しくなります。リスニングは、一朝一夕で身につくものでないので、毎日の継続が必用になります。

しかし、毎日継続することが困難な場合もあるでしょう。

その時は、無理はしないで「毎日やるぞ」という気持ちを持ち続けてください。そして、できれば5分でも良いので勉強してみてください。

各パートの対策にオススメな勉強法

ここからは、リスニング対策にオススメな勉強法について書いていきます。

パート1の対策法・勉強法

パート1は、写真をみて流れてくる英文に対して、1番適切なものを選択する問題です。

TOEICの中では、点が取りやすいパートと言われますが、新形式へと変わってから問題数が減り、難易度が上がったパートでもあるため、しっかりと対策する必用があります。

パート1は個人的に、凄くいやらしい問題があるイメージがあり、進行形や時制によって判断するような問題もあるため、正しい音を聞き取る力が必用になります。

そのため、パート1の勉強法として推奨されているのが、ディクテーションです。

ディクテーションをすることで、今まで聞き取ることができなかった細かな部分も聞き取ることができるため、英文の内容よりも正しく聞き取ることが重要なパートで有効です。

詳しい勉強法はこちらで説明しているので、参考にしてください。

▶パート1の勉強方法を詳しく解説

パート2の対策法・勉強法

パート2は、流れてくる質問に対して、適切な回答を選択する問題です。最も一般的なリスニング問題に近い問題です。

パート2のポイントは、最初の単語(疑問詞)を聞き取ることができるかが非常に重要になります。

というのも、英文の最初にWho(誰)やWhen(いつ)などの答えに直結する疑問詞を聞き取る必用があるため、当然ですが聞き取れなければ感に頼ることになってしまいます。

最初の単語を聞き逃さなためには、パート1でも紹介したディクテーションで聞き取る力を身につける必用があります。

詳しい勉強法はこちらで説明しているので、参考にしてください。

▶パート2の勉強方法を詳しく解説

パート3の対策法・勉強法

パート3は、2人から3人による複数人の会話を聞いて、設問で問われる質問に対して適切な回答を選択する問題です。

個人的に、パート3がリスニングパートの中で1番難しいと思っています。英文も長いですし、複数人の会話を聞きつつ、正しい回答を選択する必用があるため、内容がわかっていてもミスが起こりやすかったりします。

そのため、パート3では英語の内容を理解する力が必用になります。

ただ英語を理解するといっても、完璧に訳すことができる力などではなく、話の流れと答えとなる部分を見つける力です。

そのためには、先読みができるようにしておくことだけでなく、シャドーイングで英語のスピードに慣れることをオススメします。

シャドーイングは、同時通訳者の人も実践している勉強法で、多少難しいですがかなりの効果があります。ちなみに、私もシャドーイングでリスニングのスコアを100点上げているので、効果は実証済です。

詳しい勉強法はこちらで説明しているので、参考にしてください。

▶パート3の勉強方法を詳しく解説

パート4の対策法・勉強法

パート4もパート3と同じように、聞き取る英文は長めです。しかし、パート3と違う点としては、複数人の会話ではない点です。

アナウンスやナレーションなどが多く出題されます。複数会話ではなく、1つのもテーマにそって話されるので、内容は理解しやすいかもしれません。

パート3と同じように、シャドーイングをすることで内容もつかめるようになりますし、TOEICは出題パターンが決まっているので、勉強するうちに答えを見つけやすくなります。多くの問題をシャドーイングし、TOEICの頻出パターンを覚えましょう。

詳しい勉強法はこちらで説明しているので、参考にしてください。

▶パート4の勉強方法を詳しく解説

リスニング対策にオススメな教材

ここからは、リスニングにオススメな教材を紹介していきます。個人的にオススメなのは、公式問題集とスタディサプリです。

・公式問題集
・スタディサプリTOEIC対策コース

公式問題集がオススメな理由

公式問題集は、TOEICを運営している国際ビジネスコミュニケーション協会が販売しているTOEIC用のテキストです。

そのため、本番のような質の高い問題を解くことができます。

しかし、テキストと言っても模試と少しの解説のみなので、わからない部分は自分で調べて理解する必用があります。

模試を解いて、解説を読むだけでは意味がありません。絶対にTOEICのスコアは上がりませんので注意してください。

公式問題集は最高に質のよいテキストと言えますが、使いこなすにはある程度の実力が必用かもしれません。正しい勉強法が身についている人にはオススメです。

一方、正しい勉強方法が身についていない人は公式問題集よりも、この後紹介するスタディサプリのほうが良いでしょう。独学でも点数はあがりますが、いちはやくTOEICの点数を上げたい人にオススメです。

スタディサプリとは

スタディサプリは、スマホ1つあれば、動画でTOEICの対策ができるサービスで、TOEIC初心者の人やリスニングの正しい勉強法を知らない方にオススメです。※ちなみに、TOEICの公式ではありません。

しかし、教育業界のリーディングカンパニーであるリクルートが運営しているので、コンテンツの内容と質は公式問題集と変わりません。

更に講師の関先生の授業は、本当にわかりやすく、スタディサプリがここまで人気なのも「関先生の髪授業」のおかげでしょう。

それくらいわかりやすいので、独学で勉強している人や正しい勉強方法知らない人には、本当にオススメです。

スタディサプリがオススメな理由

ここからは、スタディサプリがオススメな理由をかいていきます 。

正しい勉強法を学ぶことができる

スタディサプリでは、正しい勉強法を学ぶことができます。

独学で勉強をしている人も多いと思いますが、いくら勉強しても正しい勉強法でなければスコアを上げることは難しいです。

特にリスニングで推奨されている「ディクテーション」と「シャドーイング」は効果的ですが、独学で勉強するとなると意外と難しかったりします。

正しいやり方、そしてどのくらいやれば良いのかなど。独学だと意外とわからなかったりします。そういった独学の悩みやスコアが上がらないときの対策法などを知ることができます。

スマホ1つでTOEICの対策ができる

スタディサプリは、スマホ1つあればTOEICの全てのパートを対策することができます。もちろん、リスニングパートも対策できます。

最初に注意点として書きましたが、リスニングの勉強は「聞き流す」だけではいけません。それでは、絶対にスコアはアップしていきません。

なので、ちゃんとリスニングを勉強するとなると、家でテキストを広げて勉強することになると思います。実際に私もそうやって勉強していました。しかし、スタディサプリなら電車でもどこでも、勉強することができます。

どんなことができるのか、少しだけ簡単に紹介していきます。

スタディサプリで可能なリスニング対策機能にいついて

ここからは、スタディサプリでリスニング対策に役立つ機能を紹介します。

まず問題を解く

※この画像はパート1の問題です。

これは、公式問題集や他の問題集と同じです。ただ、音声だけでなく、問題も画面に表示されるので、気軽に勉強することができます。

解説動画

次に解説動画を見ます。この問題のポイントや解説を関先生が解説してくれます。

体験してみればわかりますが、この解説がわかりやすいので、凄く理解がしやすいです。また、問題の解説だけでなく、発音や聞こえ方まで教えてくれるので「納得」することができます。

独学だと解説を見ても「なんか納得できないな」ってことがあっても、次に進んでしまうことが多いですが、スタディサプリではわからないことがあっても、納得できないことはありません。

なのであとは、自分次第で点数は上がっていきます。

ディクテーション

リスニング対策なら、ディクテーションが大事だと散々言ってきましたが、スタディサプリならスマホでディクテーションができます。

画像のように、キーボードで聞こえる音を入力していきます。何度でも音声を聞くことができますし、単語の文字数などのヒントもあるので、全く聞こえなくても何度も聞くことで少しづつ聞こえるようになります。

リスニングは慣れることが大切なので、ボタン1つで繰り返し音声を聞けるのは凄く楽で、勉強がはかどります。

シャドーイング

もちろん、シャドーイングもできます。

ディクテーションのように、スタディサプリだけの特別な機能はありませんが、センテンスや繰り返し音声を聞けるボタンが付いているので、効率的に勉強することができます。

また、声を出せるパターンと声を出さないでやるパターンの2つが選べるので、電車内やお店の中でも勉強をすることができます。

スタディサプリの料金

スタディサプリは、月に2,980円かかるサービスです。

これだけ聞くと「結構高いな」と感じるかもしれませんが、コンテンツの質と問題の量を見てみると、個人的には安く感じます。

例えば、先程紹介した公式問題集と比べると、どちらも3,000円ほどの料金がかかりますが、問題数を比べるとスタディサプリの方が5倍近く多いです。

1問あたりで計算してみると、5円ほどの差があります。

これだけでもスタディサプリが決して高い金額ではないと、理解できると思いますが、これに加えて関先生の髪授業も受講することができてしまいます。

1週間無料体験、返金保証キャンペーン

ちなみに、今まで紹介したスタディサプリの全ての機能が「1週間無料」で利用することができます。

1週間では、スタディサプリの全て体験することはできませんが、例えばリスニングが苦手ならその部分の神授業などを受けてみてはいかがでしょうか。

1週間まじめに勉強するだけで、スコアも変わってくると思います。

1週間無料体験、返金保証キャンペーンスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースが特別キャンペーン中です。今なら以下の特典がつきます。

・無料お試し期間:1週間
・返金保証あり
・月額2,980円⇛2,480円(12ヶ月プランの場合)

無料お試し期間中は全ての機能が使いたい放題です。(期限が決まっていないのでいつ終了するかわかりません。)

関先生の「神授業」を1週間体験してみれば、TOEICの正しい勉強法やノウハウが得られるので無料期間だけでも価値があります。

もちろん、1週間以内に解約すれば料金は発生しないので、まずはお気軽に試して見てください。

▶1週間無料体験、返金保証キャンペーンはコチラ

通常
スタディサプリ「パーソナルコーチプラン」が今だけ1週間無料体験キャンペーン!


スタディサプリTOEIC対策コース「パーソナルコーチプラン」が今だけ1週間無料で体験できます。もちろん無料期間内であれば一切料金はかからないので安心してください。

もう独学で悩むのはやめませんか?参考書ばかりを買いあさり、効果がでないのは参考書のせいだと思い、また新しい参考書を購入する。もしこんな経験があるのなら、あなたは一生スコアを上げることはできません。なぜなら、あなたに必要なのは「素晴らしい教材」ではなく「正しい方法」なのです。

これを学ぶことができなければ、いつまでも目標スコアを達成することはできません。自信があれば良いですが、短期間で絶対にスコアアップしたいなら「パーソナルコーチプラン」を体験してみてください。

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】前回のキャンペーンはすぐに終了しています。

>>パーソナルコーチプランの口コミと効果を知りたい人はこちら!