スクール・サービス

スタディサプリから学ぶTOEICパート2対策とは?

こんにちは、パエリアです。

リスニングパートでどのパートが1番得意ですか?

私がそう聞かれたら、迷わずパート2と答えます。なぜなら、パート2は問題数がパート1よりも多いし、パート3.4よりも簡単だからです。

パート2はある程度問題数もあって、難易度は中くらい?問題によって全然違いますが。なので、パート2はリスニングの点の稼ぎどころだと勝手に思っています。(パート2さんごめんなさい)

つまり、パート2を落としてたらまずいということでもあります。

今日は、私の経験とスタディサプリから学んだ、パート2の概要と勉強法を詳しく説明していきます。パート2を強化したい、パート2の勉強法がわからないという人は、是非参考にしてください。

パート2の概要

パート2は、リスニングパートです。

100問中の25問が、パート2なので、点数を稼いでおきたいパートでもあります。問題の内容はシンプルで、流れてきた質問に対して、正しい選択肢を選ぶ問題です。

写真があるわけでもなく、英文が書かれているわけでもない、純粋なリスニングパートと言えるでしょう。

例えば「あなたはどこに行きますか?」という問題があったとしたら

A.今は4時30分です。
B.今から公園にいきます。
C.今は暇です。

Bが答えになるわけです。

シンプルで簡単そうに見えますが、しっかり対策しないとイージーミスをして、点数が伸びないこともあるので気をつけてください。

ちなみに選択肢はAからCの3択です。

パート2の勉強法

パート2の勉強は、ディクテーションが基本です。

ディクテーションのやり方がわからない人は、パート1の勉強法で詳しく解説しているので、その記事を参考にしてください。

▶ディクテーションのやり方

簡単にいうと、ディクテーションは「聞いた英文を書き取る」という勉強法で、英文を聞き取る力が身につきます。

基本的にリスニングのスコアが伸びない理由として、聞き取れない、スピードについていけない、理解できないの3つの原因です。

とくにパート2では、英文を聞き取る力が重要なので、ディクテーションで強化する必要があるのです。

なぜパート2の勉強法はディクテーションなのか

ここからは、なぜパート2の勉強法がディクテーションなのかを説明していきます。

パート1はディクテーション。パート2もディクテーション。どうせパート3と4もディクテーションでしょ?

そう思われてしまうかもしれません。

ですが、パート3・4ではディクテーションは進めていません。ディクテーションは効果的な勉強法ですが、パート3・4のように長い英文では時間がかかり過ぎます。

一方、パート1・2は英文自体が短いので、集中して聞き取ることに専念することができるのです。

パート2は一瞬で勝負が決まる

私がディクテーションをオススメして理由は「パート2は勝負が一瞬で決まるから」です。

もう少し詳しく説明すると、パート2は最初の2単語聞き取れれば正解にぐっと近づくのです。なので、最初の2語を聞き取る力と集中力が必要になるのです。

例えば、〇〇サッカーしていますか?

A.私の友人です。
B.毎朝しています。
C.学校でしています。

これだけみたら、英語じゃなくて日本語でもどれが正解なのかわかりませんよね?

◯◯に入る言葉によって、どれも正解になるのですから。

A.私の友人です。→誰が?
B.毎朝しています。→いつ?
C.学校でしています。→どこで?

このように最初の単語を聞き逃してしまうと、挽回できないのがパート2の厳しいところでもあります。

考え方を変えれば、最初の単語を完璧に聞き取ることができれば、必ずパート2では点が取れるようになるはずです。

ディクテーションは難しし、めんどくさい勉強法ですが、確実に効果は出るのでやってみてください。

ディクテーションをするのにオススメの教材

TOEICパート2の勉強法として、ディクテーションをオススメしていますが、どの教材で勉強するかも非常に重要です。私がオススメしているのは、スタディサプリです。

スタディサプリとは

スタディサプリは、リクルートが運営している「オンライン動画サービス」でスマホ1つでTOEICの対策をすることができます。

コンテンツの充実性、問題の質が高いことから、多くのTOEICユーザーが利用しています。もちろん、私も利用していて非常に重宝しています。

今までは「公式問題集」でディクテーションをしていましたが、スタディサプリの機能が凄すぎて・・。

ちょっとスタディサプリでどんなことができるのか、簡単に紹介しますね。

まずは問題を解く

スタディサプリは、スマホ1つあればどこでも勉強することができます。電車でも外出さきでも、いつでもパート2の対策ができてしまいます。

これって凄いことで、電車でリスニングの勉強できても、ディクテーションはできないです。それをスマホでできてしまいます。

関先生の神解説

問題を解いたら、関先生の神解説が待っています。

正直、問題が合ってようと、間違ってようと、どちらでも構いません。しかし、大切なのは「なぜ正解なのか、なぜ間違っているか」を正確に知ることです。

公式問題集でディクテーションをすることも可能ですが、TOEIC700点以下の方だと少し解説が足りないんじゃないかと思います。

そんな時にスタディサプリなら、知らないことがあっても、わからないことがなくなります。なので、あとは自分次第でいくらでも点数は伸びます。

ディクテーション

※これはパート1のディクテーションの画像です。

私がスタディサプリを使う理由は、関先生の神授業が目的ですが、1番便利だと思う機能は「ディクテーション」です。

スタディサプリのディクテーションは、スマホで完結します。ノートもペンも、テキストも必用ありません。スマホがあればディクテーションができてしまいます。

更に、ボタン1つで音声が繰り返し、直接スマホにキーボードに打ち込むことができます。単語の文字数がヒントになるので、聞き取れなくても「補完」するというTOEICに必用な力も鍛えられます。

この機能は私も凄く重宝しています。

シャドーイング

※これはパート1のシャドーイングの画像です。

ディクテーションと並んで、リスニングの勉強法として有名なシャドーイングです。ディクテーションで正しく聞き取った後に、シャドーイングで英語のスピードになれましょう。

スタディサプリの料金

スタディサプリは、月々2.980円のサービスです。※6ヶ月パック、12ヶ月パックだともう少し安くなります。

2,980円だけ聞くと「スタディサプリ高い」と感じるかもしれませんが、コンテンツの充実性と問題の質を考えると、個人的には安いと感じます。

例えば、公式問題集とスタディサプリと比較すると、どちらも3,000円くらいと値段は同じです。しかし、問題数を比べると、スタディサプリの方が5倍近く多く問題を解くことができます。

さらに、1問あたりの値段も6円近くスタディサプリの方が安いですし、スタディサプリは次々に新しい問題が追加されるので、問題集のように解いて終わりということはありません。

この値段でTOEICのスコアが上がることを考えれば、安いと思います。

1週間無料体験、返金保証キャンペーン

ちなみに、今まで紹介したスタディサプリの全ての機能が「1週間無料」で利用することができます。

1週間では、スタディサプリの全て体験することはできませんが、例えばリスニングが苦手ならその部分の神授業などを受けてみてはいかがでしょうか。

1週間まじめに勉強するだけで、スコアも変わってくると思います。

1週間無料体験、返金保証キャンペーンスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースが特別キャンペーン中です。今なら以下の特典がつきます。

・無料お試し期間:1週間
・返金保証あり
・月額2,980円⇛2,480円(12ヶ月プランの場合)

無料お試し期間中は全ての機能が使いたい放題です。(期限が決まっていないのでいつ終了するかわかりません。)

関先生の「神授業」を1週間体験してみれば、TOEICの正しい勉強法やノウハウが得られるので無料期間だけでも価値があります。

もちろん、1週間以内に解約すれば料金は発生しないので、まずはお気軽に試して見てください。

▶1週間無料体験、返金保証キャンペーンはコチラ

通常
スタディサプリTOEICが今だけ1週間無料体験キャンペーン!

スタディサプリTOEIC対策コースが今だけ1週間無料で体験できます。

いつまで参考書で勉強してるの?

・新しい参考書をすぐに購入する
・購入しても使わない
・効果が出ないのは参考書のせい
・もっと効率よく学習したい
・本気でスコアアップしたい

このまま勉強しても、あなたは目標スコアを一生達成できません。

なぜなら自分が使っている参考書を信じらず、学習に迷いが生じ、学習効率が著しく下がっているからです。

もしあなたが本気でスコアアップを目指すのであれば、スタディサプリTOEIC対策コースを使ってください。

パエリア
パエリア
今だけ無料で使えるよ!

>>まずは7日間無料で体験してみる!

【注意】キャンペーンには先着順です。